温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年11月25日

川原湯温泉 「高田屋」


 昨日をもって、川原湯温泉の「高田屋」が、“先行きが見えない” として無期限休業に入りました。
 創業は江戸時代、215年の歴史をもつ老舗旅館です。

 なんとも辛く、悲しく、新聞記事を読んで、体中に悪寒のような震えをおぼえました。
 今年7月の発表時、「ウソであってほしい」「昨日の日を迎える前に、撤回してほしい」と、せつに願っていましたが、残念なことに、昨日という日が訪れてしまいました。

 昨年9月、民主党への政権交代以降、今春に宿泊営業を休止した「柏屋」に続いて、2軒目の休業です。
 これで川原湯温泉は、最盛期には22軒もあった旅館が、たった5軒になってしまいました。


 「高田屋」7代目社長の豊田明美さんは、僕の中学の後輩であります。
  (県内温泉地の子供は、前橋市の学校へ越境入学することが少なくありません)
 「先輩と言えば、親も同然です!」と、某会合の席で笑いあったのが、最初の出会いでした。
 そのときは、まだ彼の肩書きは、専務でした。

 その後、僕は雑誌の取材で訪れたり、プライベートで泊まりに行ったり、幾度となく7代目主人として宿を守り継いで頑張っている彼の姿を見てきました。


 そして昨年の、まさかの “政権交代”。
 まさかの “ダム工事の中止”。

 それからは、彼の顔をテレビのニュースの中で見るようになりました。 



 実は、迷ったのです。

 結果、先に出版した拙著 『群馬の小さな温泉』 に、川原湯温泉は掲載されませんでした。

 取材のスタートは、今年の1月です。
 すでに川原湯温泉の雲行きは怪しくなっていました。
 当時はまだ、「柏屋」も「高田屋」も営業を行っていましたから、7軒の宿があったことになります。

 でも……

 皮肉ですね。
 もし、掲載が決まっていたら、僕は「高田屋」を取材していたもの。


 豊田君!
 いつになってもかまわないから、必ず再開してくださいね。待っていますよ。


 前橋一中~! ファイト!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

この記事へのコメント
こんにちは、この件は気持ちが痛ーいです。わが県の問題であり、温泉地域の発展に関わる重大すぎる問題!こんな時に敏腕政治家がいないのも大問題です。もう温泉の神様も湯あたりしてしまいます(?)。
Posted by ぴー at 2010年11月25日 14:10
ぴーさんへ

群馬には、湖底に消えた温泉が、いくつかあります。
奥利根湖の下には湯の花温泉が、赤谷湖の下には湯島温泉と笹の湯温泉が沈んでいます。
川原湯温泉は、代替地への移転を想定して、新源泉を掘り当てましたが、それによって旧源泉の湧出量が減少してしまいました。
皮肉なものです。
どーして、こうなる前に、なんとか出来なかったのでしょうかねぇ……
Posted by 小暮 at 2010年11月25日 21:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川原湯温泉 「高田屋」
    コメント(2)