温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年11月27日

四万温泉 「すみよしや 花の坊」

 昨晩は、四万温泉にて、「メディア懇親会」の忘年会がありました。
 会場は、ゆずりは地区にある「すみよしや 花の坊」。

 ひと口に “四万温泉” といっても、四万川沿いに連なる、とても細長い温泉地なのです。
 手前から「温泉口」「山口」「新湯(あらゆ)」「ゆずりは」「日向見(ひなちみ)」と、5つの地区に分かれています。
 「ゆずりは」は四万川に架かる、ゆずりは大橋を渡った左岸に旅館が点在する温泉街です。

 「すみよしや 花の坊」に泊まるのは、2回目。
 2000年に開催された「探四万展(さがしまてん)」(四万温泉協会主催) に、作家およびパネリストとして招待された頃から、頻繁に四万温泉に通うようになりました。
 また当時は、毎年のように夏祭りに呼ばれ、バンド演奏をしていたものですから、四万温泉内の旅館は、かなり泊まり歩いていました。

 その後、取材では幾度となく訪れたことがありますが、宿泊は、本当に久しぶりでした。
 玄関前に立つと、あたかも京都の料亭のような石畳と庭園が、出迎えてくれます。
 さりげなく咲く野花、せせらぐ水の音、いつ訪ねても、落ち着いた和の空間に心がなごみます。

 女将の湯浅麻起子さんに、ご無沙汰のあいさつをして、部屋へ。
 新聞社の人と合流し、宴会前の前祝いと称して、早くもビールで乾杯が始まってしまいました。

 宴会は7時からだというのに、2時間前から続々と、僕らの部屋に人が集まってきました。
 気が付けば、テーブルの上は、ビールの空き缶がズラ~リ!
 完全に出来上がって、います。


 ま、いろいろ理由があって、ここで内容は公表できませんが、昨晩は通常の「メディア懇親会」ではありませんでした。
 前橋・高崎から集まったメンバーは、14人。
 これに対して、地元・四万温泉関係者が12人で、お出迎えです。

 中之条町長、四万温泉協会長・前会長・副会長、吾妻県民局長、観光国際協会理事長……

 そうそうたる顔ぶれです。


 前半は、来年、群馬県で開催される群馬DC(デスティネーションキャンペーン) 関連の話で盛り上がっていましたが、後半は、ギターやマンドリンを持ち出して、音楽好きたちのオンステージとなりました。
 当然、僕は 『GO!GO! 温泉パラダイス』 を熱唱させていただきました。

 二次会はスナックへ、三次会は各部屋で行われて、親睦を深めてまいりました。


 ちなみに 「すみよしや 花の坊」 の浴槽に引かれている温泉は、四万温泉では少数派の “湯の泉源泉” です。
 共同湯の「こしきの湯」が使用している源泉で、泉源は奥四万湖畔にあります。

 昔、この奥四万湖のダム建設中に、僕は泉源を訪ねたことがありました。
 赤沢林道から稲包山へ至る登山道の入口付近にありました。
 無人の野湯でしたが、現在は使用できません(と、聞いています)。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

この記事へのコメント
こんばんは、数年前に、こしきの湯から見たダム湖の紅葉は絶品ものでした!今年は忙しくて何処にも行けてません(号泣)。慢性胃炎なので、四万温泉なんて最高ですよね~~行けたら………。今日も妄想で夜は更けてゆきます。PS.水上の温泉情報ありがとうございました。
Posted by ぴー at 2010年11月27日 20:17
ぴーさんへ

胃炎には、やっぱり四万の湯が効きますね。
日本全国には、約3,000の温泉地がありますが、飲泉のできる温泉は数パーセントしかありません。
でも群馬には、たくさんありますよね。
やっぱり、群馬の温泉はスゴイのです!
Posted by 小暮 at 2010年11月28日 17:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「すみよしや 花の坊」
    コメント(2)