温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月10日

月夜野温泉 みねの湯 「つきよの館」③

 「小暮さんも、ぜひ、ご一緒に、どーぞ」
 なーんて、女将の甘い言葉に誘惑されて、月夜野温泉「つきよの館」へ行ってきました。

 本当に、僕は関係ないんです。
 アートディレクターのK氏とウェブデザイナーK君の仕事なんですから、完全に僕は、温泉と料理をたかりに行ったハイエナのようなヤツなんです。

 宿に着くなり、K氏とK君は、ノートパソコンを開いて、取材の打ち合わせ始めました。
 2人は、同館のホームページの制作を依頼されているのです。

 僕は……、はい、用ナシですから、することがありません。
 温泉入って、湯上りの生ビール飲んで、あとは何しようか?
 一応、暇つぶしに文庫本を持参してきたのですが……。

 では、2人の邪魔にならないように、風呂でも行ってくるか…と、腰を上げようとしたときです。

 「そーだ! 小暮さんの入浴シーンを入れましょう!」とK氏。
 「そーですね」とK君。
 「温泉ライター、小暮淳氏も絶賛! 秘湯の一軒宿、でどう? あ、何かひと言コメント入れてください」
 「別に、いつも本では裸ですから、ホームページくらい、なんてことないけど」と僕。
 「そのほうが、小暮さんも気がラクでしょう?」

 ははは、これはK氏の気づかいなんですね。
 これで、今夜のお泊りは、タダ酒じゃなくなるというストーリーです。
 “モデル” というお仕事をしに、わざわざやって来たのですから。

 そこへ女将、登場。
 「小暮さんに、モデルになってもらおうと思って」とK氏。
 「まぁ、うれしい! 小暮さんのブログを見て来た、というお客さんもいるんですよ。“原稿執筆の常宿” とかなんとか書いておいてくださいよ」と女将。

 結局、その晩は、着物姿の女将と浴衣姿の僕が、♪熱燗徳利の首つまんで、もう一杯いかがなんて、みょうに色っぽいね~♪の図を演じ、バシバシと写真に撮られ、ホームページに載せることになってしまいました。


 「つきよの館」は、夏にホタルを観に来て以来、半年ぶりのお泊りです。
 女将の都筑理恵子さんとは、長い付き合いになってきました。

 今でも食堂には、何年も前に僕が書いた雑誌の記事が飾ってあります。
 うれしいですね。

 女将さん、ごちそうさまでした。
 このご恩は、ホームページの友情出演という形でお返しします。

 月夜野温泉「つきよの館」のホームページは、新年1月中に開設される予定です。
 ぜひ、みなさん、クリックを!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
こんにちは、小暮さんは  裸  でないと。

小暮さん≒裸+♨+鮭じゃなく酒   くコ:彡~~
Posted by ぴー at 2010年12月10日 13:37
ぴーさんへ

温泉に入るから酒を飲みたくなるのか、酒を飲みに温泉へ行くのか、本人も分からんのですよ。
でも、たぶん後者だと思います。
次回出版本は、酒を飲むために山を歩いてますからね。
すべては、おいしく酒を飲むための遊び、もとい!仕事であーる。
Posted by 小暮 at 2010年12月11日 01:23
♨と掛けて、旨い酒と説きます。


その心は  どちらも小暮さんを虜にします。 



ぴーっちでした くコ:彡~
Posted by ぴー at 2010年12月11日 10:53
ぴーっちさんへ


お見事です!
では、お返しを1つ。

“ぴーさん” と掛けまして、“梢を揺する一陣の風” と説きます。

その心は、「姿は見えませんが、ささやきが聴こえます」。

じゅんちです!
Posted by 小暮 at 2010年12月12日 21:01
来年はーオフ会!を目標に。
Posted by ぴー at 2010年12月13日 10:12
小暮様、こんにちは (^0^)  みねの湯です

小暮様のブログ、大変楽しく拝見させていただきました。

当館のホームページも小暮様、アートディレクターのK様、ウェブデザイナーK様、皆様のお陰でとても素敵なものに生まれ変わりました。

みねの湯らしさが出ていて、暖かなホームページになりました。有難うございました。

小暮様の入浴ショット(^0^)が一番 す・て・き です。。。。

また、いつでもあそびにお出かけ下さいませ。

みねの湯 つきよの館  桜井でした  ¥(^^)/
Posted by みねの湯 つきよの館 at 2011年02月17日 14:45
みねの湯 つきよの館さんへ

あららら、ブログに「つきよの館」のホームページのことを書こうと思ったら、当の「つきよの館」から早々にコメントをいただいてしまいました。

その節は、大変お世話になりました。
ホームページを見て、あのときの酒が、タダ酒ではなかったと知って、ホッとしております。

素敵なホームページが完成して、良かったですね。
おめでとうございます。
また、遊びに行きますので、よろしくお願いします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年02月17日 16:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
月夜野温泉 みねの湯 「つきよの館」③
    コメント(7)