温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月12日

赤城温泉 「赤城温泉ホテル」②


 赤城温泉「赤城温泉ホテル」の10代目主人、東宮秀樹さんから、お便りをいただきました。

 「先日、ご出版の宴のお誘いを頂き、ご出席させていただく予定を立てておりましたにもかかわらず、ご出席できず大変申し訳ございませんでした」という、大変丁寧なお手紙でした。

 秀樹さん、ありがとうございます。
 丁寧かつ達筆のお便りに、胸の奥のほうがジーンと熱くなるのを感じました。
 逆に、恐縮してしまいます。
 秀樹さんの人柄が、そのまま文字と行間から伝わってくる、実に心温まる一文でした。


 先日の出版パーティーでは、2冊の著書『ぐんまの源泉一軒宿』と『群馬の小さな温泉』で取材・掲載した計86軒の宿へ案内状を送らせていただきました。
 季節は紅葉の真っ盛り、宿としては一年でも最も忙しいハイシーズンです。
 出席してくださったご主人や女将さんもいらっしゃいましたが、この書き入れ時に宿を空けるのは、所詮無理というもの。
 まして僕が取材をした宿は、一軒宿や小さな温泉のお宿ばかりです。従業員もいない、家族だけでやっている宿がほとんどなのですから。
 その無理を承知で、取材協力してくれたお礼を込めて、案内状を出させていただいたのです。


 取材で「赤城温泉ホテル」を訪れたのは、今年の4月でした。
 泊めていただき、秀樹さんとは東宮家と小暮家の話で盛り上がりました。
 以前もブログに書きましたが、僕と秀樹さんは、はとこ同士です。
 秀樹さんの祖父、8代目主人の東宮欣一さんが、僕の祖母と姉弟なのです。
 だから、僕のルーツをたどれば東宮家、それもここ「あづまや」(赤城温泉ホテルの旧名)にたどり着くのであります。

 開湯500年の歴史を持つ茶褐色の湯は、僕のばあちゃんが産湯をつかったルーツの湯。
 僕のオフクロも子供の頃に、湯治に通った一族の湯なのであります。
 その湯を、平成の今も守り継いでいる湯守(ゆもり)が、10代目の秀樹さんです。

 秀樹さん、大変でしょうが、我が一族の湯を守り継いでくださり、誠にありがとうございます。
 死んだばあちゃんに代わって、お礼を申し上げます。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤城温泉 「赤城温泉ホテル」②
    コメント(0)