温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月25日

謎学の旅⑮ 「夜遊びが過ぎた地蔵さん」


 おかしな地蔵さんが、いたものです。

 館林市木戸町に、光明山常薬寺というお寺があります。
 境内には2階建ての鐘楼堂、かやぶきの阿弥陀堂、宝暦4年(1754)建立の銅板ぶき本堂があり、幽玄壮大な雰囲気に包まれています。

 が、その光景の中で、ひと際異彩を放っている地蔵さんがいます。

 山門をくぐり抜けると、まるで通せんぼをするように立ちはだかる地蔵さんの名は、「やきもち地蔵尊」。
 台座の上で、片ひざを立てた粋なお姿で、柔和なお顔をしているが、なんと彼は捕らわれの身なのだ。
 頑丈な木の柵に囲まれて、身動きができずにいるのです。

 なぜ?

 こんな伝説が残っています。


 実は、この男地蔵さん、ここより500メートル北にいる女地蔵に恋をしてしまい、夜な夜な矢場川の土手を伝って、会いに行くようになってしまったのです。
 この夜遊びに手を焼いた住職や寺の世話人たちが、二度と会い行けないようにと、地蔵さんの周囲に頑丈な柵を作り、外出を阻止してしまいました。

 それ以来、夜遊びをしなくなったので、団子や焼き餅をあげて供養したとのことです。


 なかなか、切ない話であります。
 同じ男として気持ちは分かりますが、この地蔵さんは独身のご様子。
 不倫をしていたわけではないのですから、好きにさせてやれば良いと思うのですがね。
 それとも、地蔵界では、地蔵同士の恋愛は、ご法度なのでしょうか?

 いずれにせよ、気になるのは、お相手の女地蔵であります。
 彼が、それほどまでに夢中になるのですから、よっぽどイイ女なのでしょうな。

 と、いうことで、この目で確かめに行きました。


 栃木県境を流れる矢場川沿いにある深諦寺にいる女地蔵さんの名は、「日限り地蔵尊」。
 別名、「エロ地蔵」とも呼ばれている地蔵界のプレイガールであります。

 でも、この地蔵さんは、どんな恋の病でも、日を限ってお願いすると、必ず願い事が叶うといわれているのです。
 まさに、現代で言う “パワースポット” であります。

 どれどれ……
 お顔を拝見……

 と、覗き込むと。
 あれれれー?

 社の中には、2体の石仏が鎮座していらっしゃるではありませんか!
 どちらの方も上品なお顔立ちの美人ではあるが……

 もしかしたら、三角関係のもつれ?

 やきもちを焼いたのは、女地蔵のほうだったのか?

 確かに男地蔵さん、なかなかのイケメンであります。
 かなりのドンファンだったのでしょうな。
 捕らわれの身も、仕方ないか!


 謎学の旅はつづく。
 

同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 不思議、大好き! (2018-04-12 11:35)
 犬にまつわるエトセトラ (2018-03-13 10:53)
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 編集長は、どこへ行った? (2016-06-27 22:36)
 怪談めっけ (2016-06-02 20:27)

この記事へのコメント
人間に近い位置に居る 地蔵菩薩は
とても人間臭く 

その割りに 毘沙門天とか大黒天は縛られませんね?
弥勒菩薩と交代するまで 地蔵菩薩の拘束は終わらず。

湯治宿で 神仏の信仰があると 安堵しますよね。
越えられない 壁が昔も 今も存在していて 今も同じなんだなぁ~と

遺伝子工学は果たして 湯治場から神棚を取り去ることができるか?
そして 川原湯温泉の歓喜天は いつ災いを起こすのか?

来るべき未来の火星移住
火星に鉱泉は有るのか??
なんとなく 赤城温泉のお湯が出てきました。
Posted by momotaka at 2010年12月26日 11:54
momotakaさんへ

おっしゃるとおりですね。
歴史ある湯には、必ずや神社や薬師が祀られています。
霊験あらたかなものを感じます。

赤城温泉の開湯は500年以上前、室町時代と伝わります。
旧温泉名は「湯之沢温泉」。
僕の祖母が産湯を浸かった、小暮家ルーツの温泉であります。
ぜひ、濃厚な茶褐色の湯を浴んでくださいな。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2010年12月26日 18:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
謎学の旅⑮ 「夜遊びが過ぎた地蔵さん」
    コメント(2)