温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月28日

2010 メモリアル温泉(上)

 今年の “温泉納め” は済みましたか?
 なかには、年末年始を温泉地で過ごすのが恒例という人もいるでしょうね。
 とりあえず僕は、先日の四万温泉「柏屋旅館」にて、本年の温泉行脚は終了しました。

 と、いうことで今年の総決算、「2010 メモリアル温泉」を発表いたします。
 今年、心に残った温泉を、回想してしてみたいと思います。

 僕は年間、80~100ヵ所の温泉をめぐっています。
 さて、今年は? と手帳を1月からめくって、数えてみました。
 結果、ちょうど80温泉でした。
 例年よりは、やや少なかったようですね。でも、歳も歳ですから、今後は数で勝負より、質の良い温泉を訪ねるように、心がけたいと思っています。


 さてさて、2010年の1月は、なんと言ってもキョーレツだったのが、極寒の万座温泉です。
 NHK文化センターの平成21年度講座「ぐんまの温泉遺産を訪ねる」の最終講座で訪ねました。
 「ふだんは行けない、豪雪地の露天風呂に入ってみたーい!」という受講生らのリクエストに応えて、追加講座として急きょ組み込んだプログラムです。

 いやいや、標高1800メートルの“雲上の露天風呂”は、半端じゃありませんよ!
 一番の老舗旅館「日進館」に、お邪魔したのですが、外は吹雪吹雪、氷の世界~♪(by井上陽水)
 露天風呂での視界はゼロ!
 あれよあれようちに、湯舟からでている顔と頭は、横殴りの猛吹雪に襲われ雪ダルマになってしまいました。

 それでも受講生たちは、今でも 「あの、万座温泉は最高でした」と言います。強く思い出に刻まれたようですね。


 2月、3月、4月と3回連続で、前橋カルチャーセンターの温泉講座「ぐんま温泉探訪」で、薬師温泉「旅籠」・四万温泉「積善館」・倉渕川浦温泉「はまゆう山荘」を訪ねました。
 新しい講座ということで、講師の僕もやや緊張気味のスタートでしたが、開けてみたら気さくな受講生ばかりで、和気あいあいの講座になりました。教室なのに、湯上りにビールを飲む習慣がついてしまったのも、この講座からでした。

 4月は出版本の取材が多く、ひと月で13温泉を訪ねました。

 やぶ塚温泉では、初めて「開祖 今井館」を取材。
 天保2年(1831)創業というから、江戸時代にはすでに鉱泉宿を営んでいたという、まさに“開祖”であります。
 うっすらと生成り色した湯が、まるでローションのように肌をすべる独特な浴感に驚かされました。

 湯で驚いたといえば、もう1つ。
 鎌田温泉の「畔瀬(はんぜ)」の硫黄泉でしょうか。
 片品地区というのは、ほとんどがアルカリ性の単純温泉なのですが、なぜかここの湯だけはプラス硫黄の含有量が多いのです。硫黄臭に加え、湯の花も多く浮遊しています。
 毎分190リットルという恵まれた湧出量を、加水も加温もせずに、たった1軒の宿だけで使い切ってしまう贅沢。
 一般にはあまり知られていない温泉ですが、掘り出し物の上質な湯であります。


 中編へつづく。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
(;一_一) 凄いですね。
吹雪の万座で 露天風呂なんて 血圧の高い人には
危険な予感がしましすが・・・・・

受講生の人たちが 野湯マニアにならなければ良いのですが。
木暮様は 風呂上がりの 一杯が お好きなようで

脱水にはお気をつけてください。
何気に 入浴中の事故は 冬が異常に多いですからね^^;


さて 地中の中はホントに不思議ですよね。
川古温泉と千葉村温泉の関係とか
硫化水素型の硫黄泉ですからね。

あのお湯で共同浴場が欲しいですよね
万座か日光湯元に 行くよりはるかに近いですから
Posted by momotaka at 2010年12月28日 19:04
momotakeさんへ

詳しいですね。
さすがに僕も、高原千葉村温泉には、まだ入ったことがないのですよ。

硫化水素型というと、やはり万座温泉の内風呂の妙を思い出す。
換気扇が湯舟ギリギリの下方に付いているんですよね。
硫化水素は空気より重いかららしいのですが、いつも不思議に思いながら眺めています。
Posted by 小暮 at 2010年12月29日 02:03
先人達の 情報が有りますので後から 歩く者は大変 楽ですよ
^^b
後は 実際に入浴して自分に身体が どんな反応するか
確認すればいいだけですから


内風呂派の自分にとって 注意しないといけないのは
硫化水素型の硫黄泉と二酸化炭素泉ですからね。
群馬ですと ^_^;やはり 火山性ガスの硫化水素

硫化水素のお湯は即効性があるから 好む人が多いですが危険性について 知識ないからチョット
窓全開 換気扇全開が基本 ガスの感知器も付いている施設も ありますね。

劣化が早いですが 露天がいいのかな? これに関しては?
と考えますね
Posted by momotaka at 2010年12月29日 09:37
momotakeさんへ

僕も基本的には、“内湯主義”です。
講演会などでは、いかに露天風呂が非合理的であるかを、語っています。
ま、どこのお宿のご主人も、高度成長期からバブル期の露天風呂ブームに泣いていらっしゃいますね。

代々、湯守のいる宿には、露天風呂は存在しません。
露天風呂があるか、ないかで、“湯守の心意気”が分かるというものです。
Posted by 小暮 at 2010年12月30日 02:26
温泉が無いと 予約が入らない。
露天風呂がないと キャンセルになる。

その結果 訳の分からない温泉が増殖したのですが。
(;一_一)
消費者のニーズに応えた結果なので 宿を責める気はないのですが

知らずに 利用し 健康を害するのは 御免です

温泉法といい 県の条例といい
(@_@;) ナンデスカそれ?
て 感じですからね。

以前 温泉協会の人が 某入浴剤を取り出し
有効な 成分が温泉より少ない入浴剤が 効能を書けて
温泉が適応症なんだ !

と 怒りの発言をしてました。
何れにしろ 消費者の教育から始めないと^^;
温泉文化は 消えますね。



(^o^)/ ご活躍に期待してます。
Posted by momotaka at 2010年12月30日 11:23
momotakeさんへ

ありがとうございます。
ホンモノ温泉を守るためにも、温泉法の改正を唱えていきたいと思います。
Posted by 小暮 at 2010年12月30日 20:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2010 メモリアル温泉(上)
    コメント(6)