温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月29日

2010 メモリアル温泉(中)

 出版本の取材が大詰めを迎えたため、5月、6月、7月は超多忙の日々を送りました。
 特に6月は、1ヵ月間で17温泉をめぐるというハイペースでの取材活動でした。
 2日に1日は温泉地にいたことになりまね。ほとんど家にはいませんでした。

 5月の一湯目は、尻焼温泉でした。
 現在、3軒の旅館がありますが、すべて源泉は異なります。
 手前から「関晴館」(旧・関晴館別館)、長笹沢川を渡り「ホテル光山荘」、少し離れて根広集落に「白根の見える丘」(旧・白根ハイツ)があります。当然、一日では回れませんので、2度に分け、4日間かけて取材に入りました。

 ここで特筆すべきは、「ホテル光山荘」の湯でしょうか。
 唯一、自家源泉を所有しています。
 その湯は、ひと言で言えば “熱涼しい” 摩訶不思議な湯。

 入るときはガツーンと強烈な熱さを持って迎えるのに、沈んでいるとクールな清涼感がある。さらに湯上りが爽快で、なぜか汗をかかないのです。真夏に熱い湯に入りたい向きには、おすすめの湯であります。


 素朴さが忘れられないのが、桜川温泉の「ふじやまの湯」。
 宿の前を流れる桜川の流れは、まさに清流で、湯上りに浴衣のまま何度も眺めに出かけたくらいです。

 その晩は、中村さん一家が、すべて手作りの味でもてなしてくれました。
 僕は、あの豪勢な旅館料理というのが、ニガテなんですね。量も多くて、食べ切れません。
 でも、ここの料理は、そのまま田舎のばあちゃんちのごちそうなんです。
 奇をてらわず、山の食材だけを使い、煮物や酢の物など、ふつうの家の食卓のようで、取材を忘れてなごむことができました。

 夕げの席で聞いた、2代目女将の中村せんさんの話も良かった!
 「何もないところだから、せめて花を見せてあげたい」と、宿のまわりをお花畑にしています。
 それも、タイツリソウやシラネアオイといった珍しい山野草が、ふつうに咲いているのです。
 浴室から眺める、山野草の群生は一見の価値ありですぞ!


 6月に入り、上牧温泉、谷川温泉、うのせ温泉、湯檜曽温泉、湯の小屋温泉と、水上温泉郷をじっくりと時間をかけて回りました。
 どこも湯良し、宿良し、人良しで、なかなか充実した取材旅行だったのですが、実は個人的に、今年一年で絶対に忘れられない宿があります。「ああ、この仕事をしていたから、出会えた喜びなのだ!」と実感した出会いでした。

 それは、うのせ温泉の「旅館みやま」です。

 詳しくは著書に書きましたので、そちらをお読みください。
 大正11年に、若山牧水が「みなかみ紀行」で泊まった沼田の旅館「鳴滝」が、移築されていたという事実。
 それだけで、牧水ファンの僕は、その晩、興奮して、なかなか寝付かれませんでした。

 また、今回の取材では、湯宿温泉「金田屋」のご主人が、特別に若山牧水が泊まった部屋で酒宴を開いてくださいました。本当にありがとうございした。
 これも役得というものでしょうね。最高の宴でありました。

 ちなみに、拙著 『群馬の小さな温泉』 の表紙は、湯宿温泉の共同湯「窪の湯」越しに眺めた、「金田屋」の2階客室であります。


 下編へつづく。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2010 メモリアル温泉(中)
    コメント(0)