温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月30日

2010 メモリアル温泉(下)

 7月に入ると、出版本の取材もほとんど終わり、雑誌の連載と温泉講座で週に1~2回出かける程度になりました。
 まぁ、あの猛暑ですからね~。
 真夏の温泉めぐりは、けっこうキツイのですよ。どうしても、出動回数は少なくなります。

 夏の思い出と言えば、やっぱり、この人との取材です。
 はい、ご存知、海パンカメラマンこと、竹沢佳紀くんとの撮影旅行です。通称、「竹ちゃんマン」。

 今年9月に出版した拙著 『群馬の小さな温泉』 の表紙ならびにグラビアページは、彼の作品です。
 表紙の撮影場所は、昨日明かしましたよね。
 で、グラビアページはどこか?

 答えは、沢渡温泉「まるほん旅館」であります。
 温泉マニアには、ちょっと簡単過ぎましたかね。総ヒノキ張りの湯小屋、八角形の湯舟は、あまりにも特徴的ですから。

 巻頭1枚目の神棚の写真、いいでしょ~う!
 きっちり“霊験あらたか”な湯の存在を表現していますよね。
 いい仕事するじゃないか、竹ちゃん!
 (この日の撮影ロケ珍話は、当ブログ内「竹ちゃんマンの逆襲」をお読みください)


 NHK文化センターの温泉講座「探訪!ぐんまの源泉一軒宿」では、7月~11月にかけて、意欲的に県内の小さな温泉地を訪ねて回りました。

 丸沼温泉「環湖荘」(片品村)、塩ノ沢温泉「やまびこ荘」(上野村)、川古温泉「浜屋旅館」(みなかみ町)、奥嬬恋温泉「干川旅館 別邸花いち」(嬬恋村)、川場温泉「悠湯里庵」(川場村)

 そして来月、またしても受講生からの熱いリクエストに応えて、極寒・豪雪の宝川温泉「汪泉閣」(みなかみ町)で、本年度の最終講座を迎えます。
 今年1月の万座温泉の二の舞にならなければ良いのですが……。

 宝川温泉は、何度も行っているのですが、思えば僕も真冬は初めての経験であります。
 さてさて、あの巨大な露天風呂は、豪雪の中では、どうなっているのでしょうか?
 楽しみでもあり、恐ろしくもあり、ですな。


 そして、年末12月は、ほとんどが忘年会でした。
 来年、四万温泉協会とのコラボ仕事が決まっていることもあり、打ち合わせを兼ねて四万温泉を使わせていただきました。

 「鍾寿館」(山口)、「花の坊」(ゆずりは)、「柏屋旅館」(温泉口)のご主人、女将さん、スタッフのみなさん、大変お世話になりました。


 さてさて、迎える2011年(平成23年)は、どんな年になるのでしょうね。
 絶対に、いい年にしてみせますぞ!

 脱兎のごとく、全力で突っ走ろうではありませんか。
 湯と、宿と、人を訪ねて。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)

この記事へのコメント
おはようございます
忙殺な年末で、あと1日なのにやる事が山、山、…
表紙の場所がわかって、それだけはホントにスッキリしました。
竹ちゃんマンさんのカット好きです。
それをサラッと紹介する師匠も素敵です。
ぴーも歩けば、温泉にあたる的な、ぐんまが好きです。

来年も「温泉通ではなく、温泉好き」でいきたいと思います。
Posted by ぴー at 2010年12月31日 01:05
ぴーさんへ

深夜に、おはようございます。
“温泉通ではなく、温泉好きでいたい”
いいですね~!
「通」になんぞ、なる必要ははりません。
好きこそものの上手なれ。

温泉は、恋愛に似てますな。
Posted by 小暮 at 2010年12月31日 02:50
猛暑は 辛い日々でしたよね。
(@_@;) 塩化物泉は入りたくない夏 温暖化と山ヒルは

温泉業界には天敵

しかし 快適な温泉はあるもので
熊の湯と栃尾又に 行きました。

放射能泉だけは群馬にはなくて (?) これで全泉質制覇

来年は 五色温泉でマッタリしたい。

(^人^) 群馬温泉業界の救世主になってください 木暮様
Posted by momotaka at 2010年12月31日 11:50
momotakeさんへ

ありがとうございます。
確かに、放射能泉だけは群馬にありませんね。

群馬の五色温泉(伊勢崎市)が廃業してしまったのは、とても残念なことです。
Posted by 小暮 at 2010年12月31日 13:23
気になりましたので…
師匠(小暮さん)とmomotakaさん お二人ともネームが違ってましたね!最後まで!(笑)!(^^)!

よいお年を… ●~*
Posted by ぴー at 2010年12月31日 17:27
orz 忘れてました。

考えてみると 群馬で鉄泉て あそこだけ?

不幸だぁ

皆様良いお年を<m(__)m>
Posted by momotaka at 2010年12月31日 18:53
ぴーさんへ

本当だ!(笑)
これで、すっきり年越しができます。
ありがとうございました。
Posted by 小暮 at 2010年12月31日 20:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2010 メモリアル温泉(下)
    コメント(7)