温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年12月31日

年末読書考


 先日、さるライター女史と会食したときのこと。
 「趣味が、読書ってヘンですよね。本って、食事をしたり歯を磨いたりと同じで、ふつうに日常に組み込まれているものですよね」と、おっしゃっていました。

 ……確かに、そう言われてみれば、そんな気もします。

 特に僕や彼女は文筆業ですから、“本を読む”という行為は日常の中で、当たり前のこととして行っています。
 僕らにとって、読書は半分は仕事なのですから。
 1つの文章を書くために、何冊もの本を読むことがあります。「楽しいか?」と問われれば、そんな楽しい作業ではありませんね。
 その観点からすれば、「趣味=娯楽」ですから、読書は趣味ではなくなってしまいます。


 悲しいかな、昔は僕にとって、読書は趣味だったのですよ。
 10代、20代は間違いなく、読書が“趣味”でした。
 温泉めぐりだって、山歩きだって、“趣味”だったんです。

 ところが「好きなことは仕事にする」という、おかしな信念があるため、みーんな仕事にしてしまうのです。
 イヤな癖であります。

 結果、現在、「無趣味」となってしまいました。

 いえいえ、興味がある事は、いつもあるんですよ。
 でも、やがて、それも仕事にしてしまうんではないかと、声にして「趣味は○○です」って言えないのです。

 例えば、「酒」です。

 僕にとって、親友のような存在です。
 趣味にしても良いのですが、イヤ~な予感がするんですね。
 そう、頭の片隅のどこかで、『群馬の地酒を10倍うまく飲むコツ』 なんて本を書きたいなぁ~、なーんてね。

 これはもう、職業病かもしれませんな。


 ところで、読書です。

 僕らフリーランスには、休日がありません。
 土日も祝日も、盆休暇もなく、仕事があれば仕事、なければ毎日が日曜日です。
 よって、読書は仕事のバロメーターとなります。

 「最近、本を読んでないな」と思えば、仕事が忙しいのです。
 逆に、仕事がなければ、朝から晩まで、何かしらの書物を読んでいることになります。

 で、現在、僕のデスクの上には5冊の本が積まれています。
 今か今かと、読まれる時を待ち望んでいるのです。

 5冊のうち、温泉関係が3冊、小説が2冊。
 温泉関係は、趣味でもありますが、半分以上は仕事と勉強のためです。
 残りの2冊が、いわば僕の“趣味”です。

 まったく仕事に関係ないジャンルを読んでいるときが、至福の時間です。
 よって、ミステリーやサスペンスになりますかな。
 大好きな冷酒をチビリチビリやりながら、ページをめくるときの快感ったらありまん。

 さ、今日は、さすがの僕も、仕事の店じまいを済ませました。
 これより、“趣味”の時間です。

 大好きなミステリーのページをめくりながら、除夜の鐘を聴こうかと思います。


 みなさん、今年1年、大変お世話になりました。
 良いお年をお迎えください。

          平成22年 大晦日   小暮 淳
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
年末読書考
    コメント(0)