温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年01月10日

夢のカケラ


 納戸で探し物をしていたら、“夢のカケラ” を見つけました。
 1本のカセットテープです。

 小暮淳 「はじめての旅」 1,000円

 ジャケットには、1984・8・26/STEREO とありますから、27年前にレコーディングしたアルバムです。
 いっぺんに記憶が、あの熱い熱い夏の日に飛んで行きました。

 夢破れ、でも夢を捨てきれずに、東京から帰って来たのは、その前年のこと。
 まだ、未練タラタラで、東京のライブハウスなんかに通っていました。

 そんな僕に、バイト先で声をかけてくれたのが、H君でした。
 「知り合いの店で、歌わないか? 僕も手伝うからさ」
 と、初めて前橋市内のカフェバーでも、定期的にライブをすることになったのです。

 そして1年後の夏……

 僕らは、1ヶ月間をかけてレコーディングをしました。
 僕らとは、アレンジとギターをH君が担当、ミキサーは旧友のS君にお願いしました。
 ドラムやキーボード、コーラスなどは、その都度、友人のそのまた友人らを頼って、演奏してもらいました。
 そして、作詞と作曲とボーカルは僕の担当です。

 タイトル曲の「はじめての旅」を含め、全7曲の収録に、青春をかけた夏でした。


 今日、あらためて聴いてみました。

 もっと照れくさいものかと思ったのですが、不思議と聴き入ってしまいました。
 なんだか熱いものまで、込み上げて来ましたよ。
 20代の若き自分から、メッセージをもらった感じがしたのです。

 「未来のオレは、頑張っているかい?」ってね。

 実は僕は、若い頃の自分がキライだったのですよ。
 生意気で、何もできないくせに、口ばっかりで、いつも世の中を斜に構えて見ていた記憶があるものですから。

 でも、アルバムを聴いて、「生意気は生意気なりに、一生懸命、自己表現をしていたんだな」と、昔の自分と和解できたような気がしたのです。
 小さな小さな夢のカケラだけれど、あの日があったから、今の自分がここにいるのも確かなんですよね。


 あれから27年……

 そろそろ夢のつづきを完成させてあげないと、ですね。
    

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
おぉΣ(・∀・;)
熱い ハートの持ち主で


今も 叫び続けているようですが

自分の場合は
カビた カメラとご対面した時かな( ̄ー ̄)


貧乏だと 学ぶチャンスもないと 簡単に諦めました
m(__)m 駄文失礼しました
Posted by momotaka at 2011年01月11日 12:44
momotakaさんへ

いえいえ、情熱だけで生きてきてしまった男なんですよ。
周りからは、“無計画”“無鉄砲” の人生だと揶揄されています。
「人生をなめている」とも、よく言われます。
Posted by 小暮 at 2011年01月11日 22:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夢のカケラ
    コメント(2)