温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年01月11日

探しモノは何ですか?


 やっと見つけました。
 昨日の探し物です。

 結局、我が家の納戸には、無かったのですよ。
 で、今日、「もしや…」と思い、取材の帰りに、実家へ寄ってみました。

 そしたら、あったんです!
 実家の、兄の、レコードコレクションの棚の中に……。
 ビニールカバーもボロボロ、ジャケットも汚れています。
 でも、写真の中の僕は、19歳のままです。

 キャンディーミュージックというレーベルから発売された、僕のデュー曲が収録されたレコード。

 33年前のことです。
 当時、僕は東京で働きながら、夜学の音楽学校に通っていました。

 ある日、そこで知り合った仲間の1人が、「俺たちのレコードを出してくれるってー!」と飛びついて来ました。
 「本当か?」「ああ、チャンス到来だ!」「夢って、叶うんだなぁ~!」

 プロを目指して、ライブ活動をしていた6人のオムニバスアルバムです。
 当時風に言えば、LPレコードですね。

 1人2曲ずつ、12曲が収録されています。
 僕の収録曲は 『忘れかけてた街』 『中野通りを北に』 という、なんとも昭和フォーク、ドストライクのタイトルであります。

 『忘れかけてた街』は、ふるさと前橋を歌っています。
 歌詞を見ると、「北風舞う」とか「駅前通り」「ケヤキ並木」なんていう、前橋っぽいフレーズがちりばめてあります。

 『中野通りを北に』は、当時、住んでいた街、中野を歌っています。
 しっかり、歌詞に “中野サンプラザ” という言葉が入っていますね。


 笑っちゃいます。

 でも、泣けてくるんです。

 僕が、なぜ、30年以上前のレコードを探していたか?

 それは、「俺たちのレコードを出してくれるってー!」と僕に飛びついて来た男と、もう、このレコードジャケットでしか会えないからです。

 訃報を聞いてから、探していたんです。

 江川比呂志、あだ名は「エガパン」。
 東京へ出て、最初にできた友だち。
 好きな女の子を取り合った恋敵。
 一緒に夢を追った、良き理解者、そしてライバル。
 
 ……でした。


 探しモノは見つかったけど、彼の声を聴くことができません。
 考えたら、もう我が家には、レコードプレーヤーがないんですね。

 今夜は、ジャケットを見ながら、酒を飲むことにします。
 そして、彼が作った歌をうたいましょう。


 また今日も、“夢のカケラ” を拾ってしまいました。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
師匠の探し物は何ですか? と、思っていたら… 
大切な亡き友との 夢の欠片 でしたね。
彼と思い出話できましたか?

私が16,7歳の頃に、父と中野に親戚を訪ねたことがありましたけど、師匠もその頃に東京生活だったんですね。
中野で、「東京ってこんなかー」と、ぼーっとしていた、若ーい私とすれ違っていたんですかね。
Posted by ぴー at 2011年01月12日 10:07
ぴーさんへ

中野ブロードウェイあたりで、すれ違っていたかもですね。
実は、亡き友とは、「俺たちの旅」を気取って、ブロードウェイやサンモールで肩車をし合ったりして、ふざけたものです。

「クラシック」という(五木寛之の「風に吹かれて」にも登場する)有名な喫茶店がありましてね、よく音楽仲間とたむろしていました。残念ながら、今はやってないようですが……。
30年も昔の話ですものね。
Posted by 小暮 at 2011年01月12日 22:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
探しモノは何ですか?
    コメント(2)