温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年01月19日

猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」④

 今日は午後より、藤岡市の猪ノ田(いのだ)温泉「久惠屋旅館」へ行って来ました。
 新聞連載の取材です。

 藤岡市といっても、下日野猪ノ田は深い森の中。
 夏場に行くと良く分かるのですが、標高はさほど高くないのに、県道から離れた途端に、ひんやりと空気が変わります。
 小さな小さな渓流、猪ノ田川のほとりに、ポツンとたたずむ一軒宿。

 ご主人の深澤宣恵(のぶやす)さんとは、出会ってから、かれこれ6~7年の付き合いになります。
 初めての晩に、泊まって、飲んで、温泉復活までの熱い熱い孤軍奮闘話を聞きました。
 あれから、いったい、何回訪ねたことでしよう。

 新聞や雑誌、出版の取材で、たびたびお世話になっていますが、最後に伺ったのは昨年の春でした。
 NHK文化センターの温泉講座で、お邪魔して以来です。

 「あれから、うちを気に入ってくれて、何度も来てくださっている生徒さんがいるんですよ」
 と、女将の信子さん。
 その生徒さんは、Oさんです。

 「先生、先生! また猪ノ田温泉、行ってきちゃった~」
 と、講座のたびにOさんは、僕に報告しますから。

 彼女は、よっぽど猪ノ田の湯を気に入ったようです。
 嬉しいですね。
 講座を続けている甲斐があります。

 温泉は、何のために巡るのか?
 それは、自分に合ったお湯を見つけるため。
 僕は、そう講座で話しています。

 「そうそう、Oさんです。来るたびに源泉と石鹸を買って行かれるんですよ」
 久惠屋旅館では、女将の発案で、ペットボトル入りの源泉と、源泉で作った石鹸を販売しています。
 昔から、ここの湯は、皮膚病やアトピー性皮膚炎に効くと言われているため、源泉を求める人が多かったのです。

 「皮膚病はもちろんですが、何よりもヤケドに抜群に効くんですよ。この間も、ゴマを炒っていてね、ヤケドしちゃったんですけど、すぐ風呂場へ走って行って湯に手をつけたら、ほーら、何の痕も残らないんでよ。うちの湯ながら、凄い湯だなって、改めて感心してしまいました(笑)」

 いいですね、女将さんが明るいって。
 それだけで、癒やされますもの。

 かたわらで若女将の久美子さんが、微笑んでいます。
 僕は、今日、初めてお会いしました。
 昨年から、宿を手伝うようになったんだそうです。
 若くて、お綺麗な人です。

 「良かったですね、2代目女将ができて」と僕。
 「まだ、見よう見まねで、お義母さんに教えてもらいながらやっています」と若女将。


 温泉旅館には、湯を守る主人と、その湯守(ゆもり)の女房がいます。

 今度の連載では、そんな湯守の女房(女将)たちを追いかけてみようと思います。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

この記事へのコメント
私は、本を買うとまず、『まえがき』『あとがき』を読んで、中身を読み始める癖があります。
師匠の生い立ち、子育て、師匠が、なぜ軽ーく生きられるのか、この一冊に答えがあるような…  続きは読んでみます。

相方は、酒豪です。しかし里山、果ては山奥まで、歩く人です。
肝臓は、問題ないらしいです。(????)軽ーく生きてます。


歩き方の問題?
Posted by ぴー at 2011年01月20日 11:15
昼休みに コンビニへ
( ̄ー ̄) ニャリ


買ってきました

土曜日 まるほんに行くのでゴロゴロしながら 読みます。
Posted by momotaka at 2011年01月20日 12:54
ひぴーさん momotakaさんへ

さっそくのお買い上げ、ありがとうございます。
いつか、お会いしたときに、サインをお入れしますね。
Posted by 小暮 at 2011年01月21日 02:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」④
    コメント(3)