温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年01月27日

自然流下の宿


 「かけ流し」だとか「循環ろ過」だとか、浴槽の中の温泉の状態を気にする人は多いのですが、それ以前の湯の状態を知ろうとする人は、まだ少ないようです。

 いくら浴槽の中では「かけ流し」でも、浴槽へ届くまでが何キロも離れていたり、タンクに何日も貯湯していたのでは、湯は完全に劣化しています。あまり浴槽にばかり気を取られていると、本来のあるべき温泉の姿を見失ってしまうことになります。

 以前も話しましたが、「かけ流し」と「源泉かけ流し」は、異なります。
 “源泉”が付くからには、泉源(源泉の湧出地)から浴槽へ届くまで、一切、湯に手を加えていない状態を言います。
 ですから、加水や加温、消毒もされていない状態で、届くことです。

 さらに最上級の湯を求めるならば、動力さえ使用せずに、生まれたままの湯を、そのまま流し入れてあげることです。
 これを「自然流下」と言います。

 「自然流下」とは、読んで字のごとく。
 泉源から湧いた湯が、人の力(動力)を使わずに、万有引力の法則にのっとって、自力で浴槽までたどり着くことです。

 だから当然、泉源と宿の位置関係が重視されます。


 僕は温泉地へ行くと、まず宿の主人に、泉源の場所を聞きます。
 自然の法則にのっとれば、泉源は宿より高い位置にあるはずです。
 もし源泉が敷地内の庭に湧いているとすれば、浴室だけは低いところに造られてなくてはなりませんよね。

 湯は、高い所から低い所へ流れるからです。

 よく、展望大浴場なんてありますが、湯にとっては疲れる話です。
 ポンプアップされ、屋上のタンクに貯められ、落とされ、浴槽の中でグルグル循環されるわけてすから、満身創痍の状態であります。たぶん、源泉の原型なんて無くなっているんじゃないですかね。

 で、賢い湯守(ゆもり)のいる宿は、泉源の位置・湯温・湯量に合わせて、浴室の位置を決めます。
 40℃代の湯ならば、冷めにくいように泉源のすぐ近くに浴室を造ります。
 50℃以上の熱い湯ならば、10m、20mと距離をとって、土地の高低差を利用して、湯を冷ましながら流し入れます。

 それでも夏季と冬季では、湯の冷め方が異なりますから、季節により入り込む湯量を調節するのが、湯守の仕事です。


 ちょっと話が、難しかったですか?
 でも、みなさんが良く知っている草津温泉の湯畑だって、泉源ですよ。
 7本の木の樋が見えますよね。あれって、湯の花を採取するためじゃありませんよ。ただ単に、湯を冷ましているんです。湯の花は副産物です。
 その後、湯は湯滝となって、滝つぼへ落ちます。これは、湯をやわらかくするために揉んでいるんです。

 そして、各旅館へと木管を通って、分湯されて行きます。

 もー、お分かりですね。
 草津で老舗旅館といわれる古いお宿が、すべて湯畑より低い位置に建てられている意味が!
 これが、自然流下です。

 ぜひ、今度温泉地へ行ったら、泉源の位置と宿の位置、湯量と温度の関係を気にして見てください。
 きっと、先人たちの湯を守る知恵に、驚かされるはずです。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自然流下の宿
    コメント(0)