温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月08日

水上温泉 「松乃井」


 昨日、水上駅に降り立つと、案の定、雪が舞っていました。
 「ホッ、電車で来て正解だった」と、ひとり胸のうち。

 改札口を出ると、講演会場の「松乃井」の車がお出迎え。
 雪の中、会場へ直行。
 旅館の玄関では、女将の佐伯まゆみさんが直々に迎えてくださり、そのまま控え室へ。

 開演までは、あと40分。
 用意してくれた料理で、遅い昼食をいただきました。
 外は、相変わらず大粒の雪が舞っています。風が出てきたようです。

 コンコン(ドアをノックする音)
 「そろそろ、ご準備は、よろしいでしょうか?」
 とスタッフの人が呼びに来て、いざ!出陣であーる。

 会場は、2階のコンベンションホール大宙。
 入って、ビックリ! で、で、でか~い!
 そして、人人人……
 スタッフによると、今年は最も出席者が多く、124名だそうです。

 壇上には、演台とホワイトボード。
 「一番後ろの席からだと、白板の文字が読めないかもしれんなぁ…」と、あまりのホールの大きさに息をのむ。
 ステージ脇には、大きな垂れ幕が……。なになに?

 講師 小暮 淳 先生
 演題 『湯の国群馬は温泉パラダイス』

 おーおー、大層なこと。
 (あんな大袈裟にして、コケてもワシャ、知らんよ)

 休憩時間のようで、僕の会場入りを見つけるやいなや、次から次へと名刺を持っていろんな方が、あいさつにやって来られました。まぁ、毎度のことなので、もう慣れっこです。どうせ、顔と名前なんて、後で一致しないんですよ。
 講演会の時は、僕もゴッソリと、名刺をケースで持っていってます。


 司会者が僕の名前とプロフィールを読み上げ、盛大なる拍手に迎えられ壇上へ。
 いやいや、この瞬間が、快感なのですよ。
 ステージからの眺めも、なかなかのものですぞ。

 僕は演台前に立つと、必ず一度、会場を見渡します。
 ざっとですが、聴講者の性別と年齢を確認します。これは、僕のクセで、後々、講演中に役立つのです。

 スピーチは、最初の5分が勝負です。
 声が小さいとアウト! 「こんにちは!」と一声かけて、聴講者にも返事をさせて、声を出させます。
 「これから1時間ちょっとの間、僕(講話者)とみなさん(聴講者)は、1つの空間で同じ時間を共有するんですよ」という合図のようなものです。

 これで、つかみはOK!
 途中では、時々、僕の話にうなずいている人を探して、その人に向かって集中的に話しかけます。
 (この講話方法は、かの心の師匠である野村たかあきさんより伝授しました)

 フィナーレは、お約束の 『GO!GO!温泉パラダイス』 を踊り付きで熱唱して、無事に講演は終わりました。

 終了後は、会場出口にて、これまたお約束の著書販売とサイン会です。
 今回は、すべて旅行・観光業の関係者です。県外からの参加者も多く、おかげさまで飛ぶように売れ、サインは順番待ちとなりました。


 この後は、夜の懇親会まで、たっぷりと時間があります。
 部屋で浴衣に着替え、大露天風呂と大浴場とを、のんびりとハシゴをしました。
 もちろん、湯上りは部屋でひとり、雪の温泉街を見下ろしながらビールを堪能。

 たっぷり喋って、歌って、温泉に入った後のビールほど旨いものはありません。
 「ああ、この仕事をしてて、良かった~~!」
 と至福に酔いしれながら、宴の時間を待ちました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水上温泉 「松乃井」
    コメント(0)