温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月09日

『湯守の女房』 連載開始!


 本日発行の朝日新聞朝刊より、いよいよ新連載 『湯守の女房』 がスタートしました。

 群馬県内には約90カ所の温泉地(宿泊施設のある温泉)があります。大きな温泉地では各宿へ源泉から分湯されていることが多いのですが、小さな一軒宿の温泉地では、ほとんどが自家源泉を所有しているため、宿のご主人が直接、湯の管理をしています。いわゆる「湯守(ゆもり)」のいる宿です。

 このシリーズでは、そんな湯を守り続ける湯守の宿に嫁いだ女房たち(女将さん)をルポして、僕が紹介します。
 その記念すべきシリーズの第1回は、猪ノ田(いのだ)温泉「久惠屋(ひさえや)旅館」です。

 内容については、ぜひ記事をお読みください。

 次回の掲載は2月23日(水)。次々回は3月9日(水)、その次は3月23日(水) ……
 はい、もうお分かりですね。
 隔週水曜日の連載なのです。
 2週間に1回の連載ということは、2週間に1回は取材に出かけなければならないということです。
 最初は、そのスパンの短さに、連載を受けるか否か、迷ったのですが、天下の朝日新聞さんからの依頼ですし、取材の切り口が新しい。

 「何か、女性を紹介する、小暮さんらしい連載はできませんかね?」
 ということでした。

 大きな温泉地の有名旅館の女将を紹介する記事なら、新聞社の記者でも書けます。
 この “らしい” という言葉に、ググッと惹かれてしまったのですよ。

 「だったら、小さな温泉地の小さな旅館。それでいて源泉を持っている湯守の宿の女将さん奮闘記は、どうだい?」と僕。
 すると「いいですねー、それで行きましょう!」と担当記者さん。
 「だったらタイトルもそのままズバリ、『湯守の女房』 でどうだい?」と僕。
 「もう、それで決定ですよ。お願いします。では、カンパーイ!」
 と、小料理屋のカウンター席で密談は交わされ、ものの5分で、ただの飲み会になってしまいました。

 今回、タイトルの題字を、絵本作家で木彫家であり、木版画家であります野村たかあき先生にお願いいたしました。
 いかがですか? いいでしょう。
 僕は大変、気に入っています。

 「湯守」が大きくて、「女房」の文字がひかえめで可愛いじゃありませんか。
 そして、ナントナント、今回は題字だけではなくて、「湯守の女房」のイラストまで描いてくださいました。

 和服姿の女将さんが、湯舟に手を入れて、湯加減をみていますよ。

 僕の抱く「湯守の女房」のイメージに、どストライクであります。
 野村先生、ありがとうございました。
 このお礼は、いつもの飲み屋で、改めて申し上げます。


 ぜひ、みなさん、新連載 『湯守の女房』 を応援してくださいね。
 僕も群馬県内所狭しと、東奔西走いたします。

 よろしくお願いします。


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)

この記事へのコメント
小暮様へ

朝 雪の降る出勤中に
コンビニで 新聞買いました。

会社では新聞を読んでいる時間ないので
( ^ー゜)b
家に帰って じっくり読みます。
Posted by momotaka at 2011年02月09日 12:39
momotakaさんへ

ありがとうございます。
朝日新聞の売り上げもアップ!(?)
これから毎隔週水曜日は、出勤途中にコンビニですね。
よろしくお願いしまーす!
Posted by 小暮 at 2011年02月09日 22:34
小暮さん、はじめまして。

早速、スクラップしました(笑)
もう長いこと群馬県人ではありますが、あまり県内のことを
知らないので参考にさせていただきます。
紹介される温泉めぐりをしたいものです♪
Posted by tammy at 2011年02月10日 18:42
tammyさんへ

はじめまして。
いつもありがとうございます。
スクラップしてくれたとのこと。嬉しいですね。

ぜひぜひ、群馬の温泉めぐりをしてください。
群馬の人が群馬の温泉の素晴らしさを知れば、
やがて県外に広まり、いずれ日本一の温泉県に
なることでしょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年02月11日 14:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『湯守の女房』 連載開始!
    コメント(4)