温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月20日

四万温泉 「叶屋旅館」

 四万温泉協会の事務所へ行くと、ロビーに大きな吊るし雛が下がっています。
 協会事務所だけじゃありません。
 立ち寄り湯の「清流の湯」にもあります。

 四万温泉へ行くたびに、吊るし雛を見る機会が増えました。
 最近は、各旅館の女将さんたちも作って、玄関やロビーに飾り始めています。
 四万の温泉街が、日に日に華やかになっています。

 これは3月3日の「ひな祭り」に向けて、協会の呼びかけにより、温泉街を吊るし雛で飾ろう!というイベントなのです。
 で、その立役者とも言うべき人物が、「叶屋(かのうや)旅館」の初代女将、山口秀子さんです。
 現在、山口さんの指導のもと、四万温泉の女将さんたちが、吊るし雛の作り方を教わっています。


 「叶屋旅館」は、四万温泉の中でも奥の方「ゆずりは」地区にあります。
 宿の創業は昭和48年ですが、それ以前は「新湯(あらゆ)」地区で洗濯屋を営んでいました。
 洗濯屋も旅館業も、すべて女将が始めた仕事です。
 現在の場所へ移転したのは50年代だといいます。

 さすが、吊るし雛作りの師匠のいる旅館です。
 ロビーには、息をのむほどの色鮮やかな吊るし雛が天井から下がって、客人を出迎えます。
 その数、800個!

 2年前の隠居と同時に、「何か人が喜ぶ趣味を持ちたい…」と独学で始めたのがきっかけだそうです。
 現在は、老人ホームなどに寄贈したり、もちろん旅館でも販売しています。

 御歳81歳とは思えぬ、いきいきとした話し方をされます。
 「これはね、女の子の魔除けになるのよ。お守りにって、買って帰る人が多いわ。どうぞ、差し上げますよ」
 と、可愛い吊るし雛を1つと、今年の干支にちなんだウサギのお内裏様とお雛様をいただきました。

 今、我が家のリビングのTVの前で、こちらを向いて、ちょこなんと座っています。

 ただ湯を訪ねるだけではなく、温泉地に生きる人たちの素顔を丁寧に取材したいと思います。  
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「叶屋旅館」
    コメント(0)