温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月25日

4月からラジオ番組担当


 縁とは、異なもの不思議なものです。

 NHK-FM放送局から連絡があり、「ラジオ番組を担当してくれませんか?」との依頼がありました。
 先月4日に出演した『たすきでつなげ群馬の力』の「温泉の力」の評判が良かったようです。

 思えば、NHK放送局からラジオ出演の話をいただいたのは、昨年の暮れでした。
 出演依頼のきっかけは、僕が温泉の本を出版していることと、関連企業であるNHK文化センターで温泉講師をしているからでした。

 でも3年前に、その温泉講師の話が舞い込んだのは、高崎市のフリーペーパー「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄) に記事を連載していたから。文化センターの現在の僕の担当者が、偶然にも僕の読者だったのです。
 ところが「ちいきしんぶん」に連載していたのは、温泉記事ではありませんでした。
 『里山をゆく』 と題したハイキング記事です(後に上毛新聞社から『ぐんまの里山 てくてく歩き』 と改題して出版されました)。

 だから最初に文化センターから連絡をいただいたときは、「ハイキング講座の講師をしていただけませんか?」とのことでした。
 まー、山登りは僕の完全なる趣味ですし、本格的にやってことがありませんので、お断りしたのです。
 そしたら 「小暮さんは、温泉にもお詳しいですよね? 一度、お会いできませんか?」 という運びになり、温泉講座の講師を務めることになったのです。

 よって、僕が「ちいきしんぶん」で 『里山をゆく』 を連載していなければ、今回のようにラジオ番組を担当する話も来なかったわけです。
 実に、縁とは不思議なものです。

 さらに、なぜ、「ちいきしんぶん」に 『里山をゆく』 を連載することになったか……
 このいきさつについては、『ぐんまの里山 てくてく歩き』(上毛新聞社刊) に書きましたので、そちらをお読みください。


 いくつもの出会いと、いくつもの偶然。
 それらの積み重ねによって今が存在するのだと、たくさんの人たちの支えにより自分が存在しているのだと、つくづく痛感しています。

 しかし、すべてが偶然の上に成り立っているとは、思いません。
 こんな言葉も、思い浮かぶのであります。


 『幸運は、準備していた者に訪れる』


 やはり、日々、精進なのですな。


 ラジオ番組のタイトル等は、まだ決まっておりません。
 4月から月1回、20分番組を1年間オンエアするとのことです。
 詳細が分かりましたら、このブログでも公開いたします。

 もちろん、話のテーマは「群馬の温泉」です!


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
楽しみです。

僕も 『夢』を追い続けていきます。
Posted by 翔 at 2011年02月25日 21:00
翔さんへ

いつもありがとうございます。

『夢』 は見ているだけじゃ、つまらない。
追いかけて、追いかけて、追いかけて……
『夢』 が、「マイッタ!」と音を上げたとき、
それがチャンス到来でっせ。

夢のストーカーになりましょう!
Posted by 小暮 at 2011年02月26日 01:35
お Σ( ω・`ノ ) ラジオ番組


凄いですね

次ぎは群馬テレでしょうか?

自分は 偶然は必然だと思いますよ
Posted by momotaka at 2011年02月26日 13:05
momotakaさんへ

偶然は、万人に訪れます。
その偶然を必然に変換できるか否か、それが人生で試されるのですよ。
Posted by 小暮 at 2011年02月26日 16:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
4月からラジオ番組担当
    コメント(4)