温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月27日

いで湯伝説② 「日本武尊」

 温泉発見伝説は、大きく分けて2つあります。
 「人物」と「動物」です。
 ま、動物の発見伝説も結局は、それを見つけたマタギや村人たちが伝えたものですから、すべて人間ではありますけど……

 温泉発見者の「御三家」と呼ばれる人たちがいます。
 全国では多少メンバーが異なりますが、群馬県では、特にこの3人が有名です。
 「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」「弘法大師(空海)」「源頼朝」。

 弘法大師=法師温泉や川場温泉、源頼朝=沢渡温泉や草津温泉などが有名ですが、今日は最も伝説の古い、日本武尊に触れたいと思います。


 日本武尊は古代伝説上の英雄ですが、群馬には馴染みの深い名前です。
 この人の名前を聞いて(見て)、群馬県民が真っ先に思い浮かべるのが「武尊山(ほたかさん)」です。
 こんな伝説があります。

 日本武尊が東国征伐の折に、武尊山に登り、奥利根の山々の美しさを愛でたといいます。
 ところが、この山を登ったことにより、極度の疲労を覚え、余病を発してしまいます。
 お供の者たちは手当てをしようとしましたが、深い山の中では手のほどこしようがありません。
 途方に暮れていると、はるか下界の谷間より、1羽の白い鷹(たか)が空高く舞い上がり、天空で輪を描きました。
 不思議に思って谷間を覗き込むと、湯けむりが立ちのぼっています。
 「これも神明のご加護か!」
 と、お供たちは喜び、日本武尊を霊泉まで案内しました。
 そして、湯につかると病はただちに全快して、また旅をつづけることができたと伝えられています。

 この湯が、宝川温泉(みなかみ町)です。
 古くは、「白鷹の湯」と呼ばれていました。
 現在でも、宝川温泉へ行くと、温泉発見の始祖として、日本武尊像が祀られています。
 かたわらにいる白鷹が、なんとも可愛らしいのです。


 草津温泉にも、日本武尊伝説が残っています。

 やはり東国征伐での帰途のこと。
 大和へ帰る途中、信濃へ越えるとき、草津白根山へ登りました(山登りがお好きなようです)。
 山頂に立ち、足下の雲海を見て、相模の荒海に消えた妃、弟橘姫(おとたちばなひめ)のことを思い出し、
 「吾嬬者耶(あづまはや)」<ああ、愛しい妻よ~>
 と嘆き悲しみ、流した涙がこぼれ落ちたところに湯が湧いたと伝わります。

 「吾妻」や「嬬恋」の地名も、たぶん、日本武尊伝説から来ているんでしょうね。


 湯の湧くところに、伝説あり。

 掘削技術の進歩により、ボーリングをして湧いた温泉には、ないものです。
 

同じカテゴリー(いで湯伝説)の記事
 いで湯伝説⑤ 「弘法大師」 (2011-08-15 22:23)
 いで湯伝説④ 「鳩」 (2011-05-04 21:29)
 いで湯伝説③ 「源頼朝」 (2011-04-20 21:28)
 いで湯伝説① 「慈悲心鳥」 (2011-01-31 14:23)

この記事へのコメント
より存在価値を 高める為に いろいろな話しを作ったようで

近代になるまで 温泉は神秘的な存在なハズ


実は仏教では 温泉探索チームがあり 布教活動強化の為に各地を 調査 開発してd(^-^)
いたのでは?


事実なら 空海なんて日々移動し 忙しい毎日だった事か


(^0^)/今日は 天地の湯に入ってきましたよ
Posted by momotaka at 2011年02月27日 22:04
momotakaさんへ

オーナーの永澤さんには、お会いしましたか?
10年以上の付き合いで、ぶどう園オープン時は、よく草むしり等を手伝いに行きました。
小暮の名前を出すと、何かサービスがあるかもよ。
Posted by 小暮 at 2011年02月28日 12:11
(@_@;) あぁ・・・

流石 何処に行っても 小暮様の知人やら ご友人で

先を行く小暮様は 着実に道を 切り開いてますね・・

お陰様で 塩素風呂に入る事無く 助かってます。

オーナーが永澤様で?? 

当然 面識もなく 私は 一般客ですから 挨拶もせずに 温泉へ


(;一_一) 夏は 入れそうもない泉質と温度で
自宅から 近くていいのですが・・・・
Posted by momotaka at 2011年03月01日 00:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
いで湯伝説② 「日本武尊」
    コメント(3)