温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年02月28日

恐怖の旅館料理

 一般の人たちは、いったい年に何回くらい温泉へ行くのでしょうか?
 (もちろん、日帰り温泉施設は除く。宿泊目的のことです)

 たぶん1~2回なんでしょうね。
 ちょっと温泉好きで、5~6回。かなりの温泉好きな人は、毎月(年12回)行きますかね。
 ま、僕もこの仕事をする前は、家族サービスで年1回の温泉旅行を楽しむくらいでした。

 で、編集や執筆の仕事をするようになってからは、年に5~6回、取材や忘・新年会で行くようになりました。
 が、10年ほど前から、事態は一変しました。
 「温泉」が「仕事場」に、なってしまったのです。

 現在、年に80~100日は温泉地にいます。
 宿泊で換算すると、40~50泊していることになります。
 こうして数字にしてみると、改めて「キツイ仕事だなぁ~」と思うのです。
 でも、周りの人からは、「いいですねぇ。温泉入って、美味しい料理が食べられて」と羨望されるのですが、これも、度を過ぎると良し悪しです。

 温泉ライター駆け出しの頃は、当然、取材経費は持ち出し、または雑誌社および出版社の経費で行ってました。
 もちろん、「取材ですので、1番安い部屋でお願いします。布団部屋でも結構ですよ。料理も、あるものでいいです。取材ですから」と、“取材” を強調して、できるだけ安く経費を上げようと努力していました。
 ですから、夕食の料理だって、それなりの質素なものでした。取材なんですから。

 その頃は、まだ名前も売れていませんでしたから、さすがにタダで泊めてくれる宿はありませんでしたが、なかには理解のある宿もあり、宿泊代は取ってもビール代をサービスしてくれたり、カメラマンと2人で1人分の宿泊料にしてくれる宿もあり、ずいぶんと協力をしていただきました。

 ところが最近は、ちょっぴり事情が変わってきました。
 本を1冊、2冊と出版するうちに、だんだんと名前が知られてしまったようで、サービスが多くなってしまったのです。
 (なに自慢しているんだって、そーじゃないんです。まあ、話の続きを聞いてください)

 宿泊を無料にしてくださることは、大変助かります。
 少ない経費の中で、取材を続けているのですから。
 でも、過剰なサービスは、いけません。
 等身大の取材ができなくなってしまうのです。
 (TVの旅番組で、タレントが1番いい部屋に泊まり、最高級の料理を食べるような)

 「いゃ~、お待ちしておりました。さあさあ、どうぞどうぞ、こちらへ」
 取材なのに、最近はお客様並みに待遇がいいのです。
 でも接客待遇がいいのは、喜ばしいことです。
 昔は、取材申し込みの電話を入れても 「うちはいいよ!(ガチャン)」 なーんてザラでしたからね。

 でも、それ以外の特別待遇は、苦痛を伴います。
 露天風呂付きの高級な部屋に通されたり、社長や女将が食事の時も付きっ切りだったり、板長や料理長が出てきて料理の説明を始めたり、以前のように自由に取材ができない場合が多々あるのです。
 何より、1番の苦痛は、料理の量です。

 いい記事を書いて欲しくて、最上の料理を出すのでしょうが、僕はほとんど料理には触れないのですよ。
 時に、おばあちゃん手打ちの「おっきりこみ」や手作りの「こんにゃく」、ご主人が釣って来たヤマメやイワナなどの食材については書くことがあっても、豪華な旅館料理について触れることはありません。

 おかげで、取材から帰ると、決まって2kg以上体重が増えてしまいます。
 同行のカメラマン氏も同様です。
 「イカンですなぁ」「イカンですよ~」と言いながらも、ペロリと平らげてしまうのですから……


 と、いうことで、取材前は必ず、2kgのダイエットをしてから出かけます。
 昨晩、体重計に乗ったら2.3kgの減!

 これで明日からの取材旅行へ、心置きなく出かけられるというものです。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
宿の料理ですね。
難しい問題ですが 毒ですね・・・・

温泉ソムリエとは言え ソムリエですから食の安全には うるさく(嘘です)

難点は酸化した油 保存料を添加した惣菜 養殖した川魚と刺身類
塩分は多いし^^;

まぁ 業者の影が見え隠れしますね

もう なんていいましょうか
何処も 同じですw

と言うことで 料理に力を入れている宿は 漬物を見れば分かりますね^^b

食品のなかで あれほど添加物で汚染された 食べ物は無いですから

やはり 湯治の宿のように シンプルで
野菜中心の家庭料理が一番です。
Posted by momotaka at 2011年03月01日 00:39
momotakaさんへ

おっしゃる通り! なのですが、その中でも、湯治客の健康を考えて、地のものを手作りで提供している宿が、まだまだ多くあります。
ま、そういう宿を紹介するのが、僕の仕事なのですが……

では、今日もこれから温泉取材へ出かけてきます。
Posted by 小暮 at 2011年03月01日 08:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
恐怖の旅館料理
    コメント(2)