温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年03月09日

ふたりの女将

 今日は朝から、よく電話が鳴ります。

 朝日新聞に隔週連載している『湯守の女房』の掲載日ということもあり、記事関係の電話がほとんどですが…


 「もう、起きていらしてましたか?」
 と、こちらの気をつかってかけて来られたのは、本日掲載記事の主人公、松の湯温泉「松渓館」の女将、小池すみ子さんでした。
 「ええ、もう10時ですから、とっくに起きてましたよ」
 (ウソウソ、起きたばっかです。それでも今日は早いほうで。ふだんは平気で昼近くまで寝ていますから)
 「朝日新聞の方にお聞きしたら、『もう起きているでしょう』と言われたものですから、ご迷惑と思いながらお電話をさしあげました」と女将。
 どーも業界では、僕は朝寝をしているイメージが強いようです(群馬の小原庄助さんですから!)

 女将いわく「新聞にあんなに大きく写真が出るなんて、一般の人は悪いことでもしない限り、載らないですものねぇ」
 と言いつつ、大変喜んでくださいました。
 なんでも、今日は朝から電話がたくさん来たとか。町長さんからもあったそうです。
 良かったですね、女将さん。

 で、こんなことも言ってましたよ。
 「小暮さんのブログを読んだという常連のお客さんから数日前に、『近々、新聞に載りますね』 という電話も来ました」とさ。
 へぇー、温泉好きは、このブログをチェックしているんですかねぇ~。

 ブログを読んでいる、といえば、先週取材した大胡温泉「三山の湯 旅館 三山センター」の女将、中上ハツ枝さんからも電話がありました。
 「小暮さんが取材に来てくれた日から、なんだか初めてのお客さんが増えたのよ。なんでもブログとかに、うちのこと書いてくれたの? 『小暮先生のファンです』 っていう若い女性もいたわよ。まだ新聞記事にはなってないわよね?」
 ほほー、殊勝なお方がいたもので。誠に恐縮であります。
 はい、原稿は今日書いて送ったばかりです。大胡温泉の記事は、3月23日の朝日新聞に掲載されます。

 と、いうことで、このブログを読んでいる温泉ファンが、僕の取材先へ出没しているようであります。
 嬉しいですなぁ~!
 みなさーん、いつかバッタリお会いしたら、「ブログ読んでます」って声をかけてくださいねぇ。


 ちなみに明日は、昼前から四万温泉を徘徊しております。
  

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)
 冠を正す (2017-12-09 12:29)
 新連載 『ぐんま湯けむり浪漫』 (2017-05-14 13:03)
 おかげさまで2,000話達成! (2017-04-29 20:42)
 終わりのない旅が終わるとき (2017-04-05 11:16)
 おかげさまで70万アクセス (2017-03-10 12:20)

この記事へのコメント
目標は今週中に大胡温泉へGO! 桜の時期もいいかな…とも

DBのサイヤ人のように、物凄ーい潜在能力を秘めている自分をさらに妄想中です(笑)疲れているのかなー?ここらで一休みしたく候。
Posted by ぴー at 2011年03月10日 05:55
d(^-^) いいですね

温泉街が無いと 集客力出来ない時代に

温泉品質のみで 小さな宿に 人が集まる
Posted by momotaka at 2011年03月10日 13:25
ぴーさま

あらまぁー、実は僕も今週は用があって、また大胡温泉へ行きますよ。
バッタリ会っちゃったりして!



momotakaさんへ

はい、いい湯があれば、人は来る。
これぞ本来の正しい温泉の姿であります。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年03月10日 21:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ふたりの女将
    コメント(3)