温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年03月16日

癒やしの力

 “温泉”とは、贅沢品なのでしょうか?

 昔は、湯治場であり、民間の療養場所であったはず。
 いつしか西洋医学の発達と、日本人の生活レベル向上とともに、温泉は湯治場から観光地へと変貌していきました。
 そうなると、温泉=観光地=贅沢という公式がなりたってしまいます。

 現在、日本がこのような事態に窮しているとき、当然、温泉は不要品扱いとなります。
 また、その温泉を生業としている僕のような職業も、とりあえずは不要ということになります。

 日に日に、この業界にもキャンセルの波が押し寄せています。
 今日現在、新聞2紙から“連載の延期”と“寄稿原稿の掲載中止”の報告を受けました。
 また、1紙からは“現在、延期の方向で検討中”という連絡をもらっています。


 そんな中、1社から次のようなメールが来ました。

 「未曾有の災害を受け、貴殿におかれましても様々な障害が生じていらっしゃるかと思われます」
 とした上で、
 「発刊につきまして社内で協議しましたが、経済活性化で微力ながら貢献致したく、予定通り発刊することと致しました」
 との内容でした。
 「ついては……」と、僕が寄稿した原稿が組まれたページの校正を依頼してきました。

 確かに、かつて経験したことのない未曾有の災害を我々日本人は受けました。
 復興への思いや被災者への思いは、国民全員が同じです。
 でも、その解釈や貢献の仕方は、人様々なのだと思われます。


 昨晩、深山にある某温泉地の一軒宿に電話を入れました。
 「地震での被害はありませんでしたか?」
 と聞くと、女将さんは
 「おかげさまで土砂崩れなどもなく、建物の損壊もなく、私どもも元気にやっております」
 と言った後、
 「でもキャンセル電話が鳴り止みません」
 と言葉を続けました。

 キャンセル理由を聞くと、
 「ガソリンがないから行けませんという方がほとんどです」
 とのこと。

 おまけに鉄道各線も運休しています。
 「小暮さん、どうしらいいでしょうねぇ?」
 そう問われて、僕はこう言うしかありませんでした。

 「これから、ますます日本は癒やしの時代に入りますよ。日本人にとっての最大の癒やしの場所は温泉です。待っていてください。これからの時代、必ず本来の温泉の利用に日本人が気づきますから」と……。

 昔から、日本人は温泉で気分転換を図ってきました。
 これは日本人のDNAに組み込まれた危機回避法の1つなのです。

 温泉の持つ、癒やしの力を信じてやみません。 
  

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 金は出すが口は出さぬ (2018-12-02 13:37)
 美肌と温泉と空っ風 (2018-11-21 14:10)
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)

この記事へのコメント
賛同します。

大勢は救えないけれど、
救助してる側、自衛隊員、トラックの運転士、医療従事、ボランティアの人々に癒し( ふろ、ビール )は必要!。
Posted by ぎっちゃん at 2011年03月16日 17:41
ぎっちゃんへ

そうですね。
実際に被災地では、避難民たちを入浴施設までバス送迎しているようです。
東北には、たくさん素晴らしい温泉があります。
ぜひ、救助や復旧活動で疲れた人たちに温泉を役立てて欲しいものです。
癒やしの力は、僕が保証します!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年03月16日 17:54
被災者した人にこそ 心のケアとして 温泉を利用する システムが有ればなぁ…と 思います。

この寒気(ノд<。)゜。 さぞや 辛い事でしょう…
節電と募金しか出来ない


先日 温泉ソムリエ家元 遠間氏よりメールがあり

無事の知らせと 連絡を絶つ仲間の存在 それに

各 温泉地の利用を呼び掛けてました


資源の枯渇より
本来 存在出来なかった 温泉はコスト増加し 厳しい事態が続くでしょう

生き残るには 環境変化に対応した 組織が必要かも?
Posted by momotaka at 2011年03月17日 16:59
私がもしG県の知事ならば…

福島の原発避難区域の方々に、グリーンDや、スポーツセンターを解放し、近隣の温泉(風)施設を利用してもらう構想を練ります。
そのぐらいできなければ、G県は宝の持ち腐れですよね??!
Posted by ぴー at 2011年03月17日 20:55
momotakaさんへ

ガソリン、灯油の供給不足により、加温できない温泉施設が急増しています。
閉館にするか? そのままの湯を提供するか?
今日、源泉の温度そのままの湯を提供することにした温泉旅館から、その旨の報告がありました。「少しぬるめです」と。



ぴーさんへ

まさに、今こそ群馬の“湯力”の見せどころです。
被災地の避難所へ、群馬の温泉を運んで、仮設の入浴施設を造ってあげてもいいですよね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年03月17日 22:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
癒やしの力
    コメント(5)