温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年03月28日

『湯守の女房』連載再開!


 朝日新聞社から連絡があり、連載が止まっていた 『湯守の女房』 が再開することになりました。

 いや~、正直、ホッとしています。
 自粛、自粛のムードの中、何から何までキャンセル状態でしたから、何か自分にできることはないかと、ウズウズしていたんですよ。
 と、いうことで、1ヶ月ぶりに連載が始まることになりました。

 次回の掲載日は4月6日(水)。
 この日より隔週の掲載となります。

 連載の再開にあたり、通常掲載の本文に加え、僕から温泉地へ向けてメッセージ記事が追加掲載されることになり、さっそく新聞記者から取材を受けました。
 現在、県内の温泉地は、軒並みキャンセル被害に遭っています。
 このままでは、支援はもとより、共倒れになりかねません。
 そこで、僕から温泉地の皆さんへ、励ましメッセージを送るという企画です。
 「必ずや、温泉の癒やしを求めて、お客さんはやって来ます。湯の力を信じましょう」とコメントをしました。


 さてさて、連載が再開するとなると、取材へ出かけなくてはなりません。
 震災以降、取材を自粛していたため、まったく記事のストックがありません。
 あわてて、取材延期を申し入れていた温泉地へ電話をして、取材要請をしました。

 「もう、このままでは廃業に追い込まれてしまいますよ」
 そんな声が返って来るなか、
 「こんなときだからこそ、温泉の必要性を世の中に訴えて行きましょう。ぜひ、取材にご協力ください」
 と申し入れました。

 旅館を開けるも地獄、閉めるも地獄のようです。

 原発事故の避難住民の受け入れに追われている温泉地や旅館もあります。

 当然、まずは被災地の復興からです。
 でも同時に、支援する側の元気も取り戻さなくてはなりません。

 今、自分に何ができるか?

 日本中の人たちが、考えて、動いています。

 僕にできることは、やはりペンを振るうことです。
 群馬の温泉地を元気にするために…… 
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)
 冠を正す (2017-12-09 12:29)
 新連載 『ぐんま湯けむり浪漫』 (2017-05-14 13:03)
 おかげさまで2,000話達成! (2017-04-29 20:42)
 終わりのない旅が終わるとき (2017-04-05 11:16)
 おかげさまで70万アクセス (2017-03-10 12:20)

この記事へのコメント
いや これから更に依頼は増えると予測してます

エネルギー問題がもとで 更なる効率化と 原点回帰が始まりますからd(^-^)

群馬に 温泉に行く ではなく 群馬に湯治に行く となるハズです

こちらも ボチボチと宿探して 行ってきます
Posted by momotaka at 2011年03月28日 22:56
momotakaさんへ

またまた嬉しいことを…、ありがとうございます。
群馬の “湯力” を信じてやみません。
Posted by 小暮 at 2011年03月29日 01:59
昨日夕方のTBSのニュースで、
「群馬の温泉を被災地に!」という特集をやってましたね。

温泉に浸かった被災地の方々の満面の笑顔を見て、
群馬県民であることに改めて誇りを感じてしまいました。
またしても涙です。
Posted by ゆう at 2011年03月29日 06:18
宝物は、持ち腐れにならなかったです!(安堵)

放射能も温泉(内湯)には、入りこめまい!(天狗)

師匠のご健闘を応援いたします。(エール)

動物の感でまた危険を感じたら、報告いたします。(真剣)
Posted by ぴー at 2011年03月29日 18:51
ゆうさんへ

そのニュース、見ましたよ。
四万温泉協会の柏原会長が、現地まで行ってましたね。
感動しました。さすが四万温泉です。
湯量と温度がなければ、できないことです。
湯の国群馬の底力を、全国の人に見せつけてやりましたね。



ぴーさんへ

動物のカン、当てにしてますので、よろしくお願いします。
群馬の宝物、もっともっと見せびらかしちゃいましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年03月29日 21:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『湯守の女房』連載再開!
    コメント(5)