温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月04日

いで湯伝説④ 「鳩」


 「鳩(はと)に三枝(さんし)の礼あり
        烏(からす)に反哺(はんぽ)の孝(こう)あり」

 ハトは親鳥より3本下の枝に止まり、カラスは親鳥が歳をとるとエサを口に含ませるという。


 東吾妻町にある浅間隠(あさまかくし)温泉郷の一軒宿、鳩ノ湯温泉「三鳩楼(さんきゅうろう)」の宿名は、この礼儀と孝行を重んじる教え「三枝の礼」に由来します。

 その昔、傷ついたハトが、自然に湧き出る湯に浸かって傷を癒やしていたのを村人が見て、温泉の効能を知り、この地を「鳩ノ湯」と名づけたと伝わります。

 浅間隠温泉郷には、温川(ぬるがわ)に沿って、一軒宿ばかり「鳩ノ湯」「薬師」「温川」の3つの温泉地があります。
 開湯は、どれも古く、江戸時代は温川の右岸にある「薬師」と「鳩ノ湯」は一体で、「上の湯」「下の湯」と呼ばれていたといいます。

 僕は、鳩ノ湯温泉の湯を「万華鏡の湯」と名付けました。
 俗に言う、“変わり湯” です。

 最初に泊まった晩、浴槽の湯の色は茶褐色をしていましたが、翌朝、行ってみると鮮やかなカーキ色に変わっていました。
 ご主人によれば、白くなったり、黄色くなったら、青くなったり、季節や天候によって毎日色が変わるとのこと。
 まれに無色透明になることもあるそうです。


 ハトが見つけた温泉は、群馬県内には、まだあります。

 群馬県最南端の温泉、上野村の野栗沢(のぐりざわ)温泉です。
 ただ、こちらは伝説ではありません。

 昔からこの地は、東南アジアの極限られた地域に分布するアオバトという海水を飲むことで知られる渡り鳥が、飛来することで知られていました。
 なぜ、こんな山奥の秘境の地へ南国の鳥が?

 アオバトの目当ては、塩分を含む泉だったのです。

 野栗沢の人たちは昔から、この鳥を捕まえて食べていました。
 病人や産後の肥立ちの悪い婦人に食べさせると、快復が早いのだそうです。
 また泉の水を飲みながら農作業をすると、不思議と疲れないことから “魔法の水” として珍重されていました。

 昭和58年、「すりばち荘」のご主人が、自ら泉の水をパイプで引いてきて、旅館を開業しました。

 緑色の鮮やかな羽を持つアオバトも珍しいのですが、この温泉水も皮膚病に効果があることで一時、マスコミで話題になったことがありました。現在、同荘では、温泉水で作った石けんを販売しています。

 また、「アオバト観察パック」があり、飛来期(5月~10月)には、ご主人が早朝、宿泊客をアオバトが集まる泉源地まで車で送迎してくれます。
 これは、一見の価値が大あり!ですぞ。
 目の前の泉を、何百羽という南国の青い鳥が覆いつくす光景には、鳥肌が立つほどの感動を覚えますよ。


同じカテゴリー(いで湯伝説)の記事
 いで湯伝説⑤ 「弘法大師」 (2011-08-15 22:23)
 いで湯伝説③ 「源頼朝」 (2011-04-20 21:28)
 いで湯伝説② 「日本武尊」 (2011-02-27 15:38)
 いで湯伝説① 「慈悲心鳥」 (2011-01-31 14:23)

この記事へのコメント
鳩は水浴びをするのですね? 雀は砂浴びなのですが

燕も飛来し 季節を感じますが 伝染病が心配な時期となりました
(^_^;)

そう言えば
海外では 同じような伝説は 有るのでしょうか?
特に d(^-^) アフリカなんて

キリンが発見した 温泉があれば かなり深い筈
Posted by momotaka at 2011年05月06日 11:00
momotakaさんへ

いいですね、アフリカの温泉伝説!
テレビで見ましたけど、アフリカにもたくさん温泉があるようですから……
たぶん、ゾウやサイが発見した温泉があるはずですよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年05月06日 18:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
いで湯伝説④ 「鳩」
    コメント(2)