温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月21日

H.R.B で夜更けまで


 二日酔いにて、失礼します。

 それでも、以前ほど飲みに出かけなくなったものです。
 馴染みの店というのも、めっきり少なくなりました。
 最近は、安くって、品数があって、店主に気をつかわない、そんな居酒屋にときどき出没しています。

 たとえば、JR前橋駅の北、旧東急イン(今でも僕らは、ついそう表現してしまいます)の坂を下りたところにある小料理屋 『H』。
 おもに朝日新聞の担当者および関係者との懇親に利用します。
 カウンター席しかない、小さな飲み屋です。
 だから何度か通っているうちに、常連さんはみーんな顔なじみになってしまいます。

 ここの店は何がいいか?って、とにかく安い!
 いつ行っても、何を飲んでも、全部食べても、いまどき3,000円ポッキリなんです。
 最初は、信じられませんでした。
 生ビールを好きなだけ飲んで、冷酒は一升瓶のまま出てきて好きなだけ浴びていいんです。
 料理だって、ママの手作りが、おまかせで、次から次へと出てきます。
 一軒目に立ち寄ったら、お腹いっぱいに食べさせてくれるし、ハシゴの途中なら「お腹空いてないから」と言えば、おつまみ程度にそこそこ出してくれます。
 でも、一律3,000円!
 明瞭会計が、いいんですよ。


 僕が所属するフリーのクリエイティブ集団「プロジェクトK」が、毎月の月例会議で利用している居酒屋が、JR前橋駅東南のショッピングモール「けやきウォーク」そばにある 『R』 です。
 ま、以前から僕が他の会合でたびたび利用していた店なんですけど、その会の活動が終息してしまったため、「プロジェクトK」の代表に紹介してさしあげたのです。
 だから僕は、だいぶ前から通っています。
 女将さんも、僕の本を店で売ってくれてたりします。

 まー、ここの魅力は 料理が「うまい!安い!盛りがいい!」の三拍子揃っているとこ。
 それもそのはずで、昼間は定食屋さんなのです。
 ラーメン、焼きそば、餃子にコロッケ …… なんでもござれ~、なんですね。

 コシのある焼きそばは、つまみにバッチリだし、小腹が空けば、半ラーメンでってOK。
 とにかく融通が利くところが、いいんですよ。


 で、昨晩は、JR新前橋駅前の居酒屋 『B』 へ出没して来ました。
 『B』 は上毛新聞の本社に近いこともあり、当然、出版部との打ち合わせ場所に良く使います。

 だいたい僕は、待ち合わせの時間より、早く行ってしまうんですね(ヒマですから)。
 店が準備中でも入れてもらいます。
 まだ客のいない店内、マスターがお品書きを書いている横で生ビールを先に1人で飲む優越感ったらありません。

 「料理は、まだ出ませんけど」とマスター。
 「いいのいいの、連れが来るまではビール飲んでるから。気をつかわないで、仕事してて」と僕。
 そう言って、読みかけの文庫本を取り出すのです。

 昨晩は、県の観光雑誌の完成打ち上げと、今秋出版予定の温泉本の中打ち(制作の途中報告と打ち上げ)でした。

 この店のマスターは、僕が以前、編集人を務めていた雑誌のスタッフのお兄さんなのです。
 まだお若いのに、腕がいい!
 それも創作和食なんです。
 納豆や豆腐、山菜などを使ったシブ~イ肴は、冷酒に良く合います。

 と、いうことで、まーどのくらい飲んだか分かりません。

 気が付いたら担当者のT氏は、すでに帰宅。
 プロデューサーのK氏は、酔いつぶれ。
 仕方なく僕がK氏を代行車屋に引き渡して……

 はい、そこまでは覚えているのですが、その先は・・・
 どこをどう、這いずり回って帰ってきたのか・・・

 ただ、なんとなく、途中、コンビニでアイスを買って食べた記憶が残っています。
 それも、大好物の「アイスまんじゅう」を・・・

 でも、目が覚めたら、ちゃんと自宅の自分の部屋のベッドにいましたよ。
 めでたし、めでたし。
  

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
H.R.B で夜更けまで
    コメント(0)