温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月22日

4つの顔と4つの祝い事


 たまには、超プライベートなネタを披露します。
 ま、仕事にはまったく関係ないことなんですが、お付き合いください。


 今月は、小暮家の祝い事が、いくつも重なりました。
 まず、僕の母が84歳の誕生日を迎えます。
 と、僕の長男が19歳の誕生日を迎えました。
 で、僕と妻の結婚生活が、満25年(銀婚式)となりました。
 それでもって、長女の息子(僕の孫です)が、初節句を迎えたのです。

 合理的な一族ですから、一遍に済ましてしまおう!ということになり、今日、全員が集まることになりました。
 場所は市内の料理屋。
 昼をはさんで、会食をする運びに。

 時おり激しく降る雨の中、僕と息子が両親を迎えに実家へ。
 少々ボケ老人の父(86歳)も、今日は絶好調の様子。
 孫の顔と名前が、ちゃんと一致していましたよ。

 会場にて、妻と長女と孫と次女と合流。
 仕事の都合とかで、長女の夫は欠席(一緒に飲みたかったのに残念!)
 総勢8名の大食事会が始まりました。

 思えば、こうやって全員が一堂に顔を合わせるのは、お正月以来です。

 まずは、母に乾杯!
 僕が小さい頃から病弱な人で、いつも入退院をくり返していましたから、まさかこんなに長生きしてくれるとは思いませんでした。
 「自分でもビックリだよ」と、いままでの人生で今が一番健康だと、喜んでいます。
 ボケもなく、足腰も丈夫で、何不自由なく、父の介護をしています。

 次に、息子に乾杯!
 今年から大学生になりました。
 身長も、とっくに抜かれています。今では、こっちが見上げながら話しています。
 なのに、いつまでたっても、海や山で泣きながら僕の後を追いかけてきた姿が離れないんですね。
 いよいよ、来年は成人です。やっと一緒に酒が飲めます。

 息子と娘婿と3人で飲めるなんて、なんだか夢のようです。
 今から来年が楽しみでなりません。

 恥ずかしながら、僕と妻にも乾杯です。
 25年って、長いような短いような……。
 ただ、互いの顔を見れば、うなづいてしまうような変わりようです。
 あの頃、キミは若かった。はい、僕も夢と希望とロマンに満ちあれている若者でしたね。
 お疲れさまでした!これからも、よろしくお願いいたします。

 で、ドン尻にひかえしは、孫の奏(かなで)君9ヵ月であります。
 彼もミルクで乾杯しました。

 これで小暮家4代が揃い踏みです。
 父母、息子夫婦、孫たち、そして曾孫(ひまご)……。
 子孫繁栄の図の完成!


 母が買い物をしたいというので、全員が2台の車に分乗して「けやきウォーク」へ。
 一族の大移動です。
 乳母車から腰の曲がった老婆まで、なんとも圧巻であります。

 ふと、全員の後姿を見ていて思ったんですよ。
 「ありがとう」ってね。
 だって、こんないい加減な僕が、こんないい加減な人生の中で、1人で4役も演じさせてもらっているんですから。

 父母の前では「息子」を演じ、妻の前では「夫」を演じ、子どもたちの前では「父」を演じ、孫の前では「ジジ」を……
 感謝、であります。

 なんとも照れくさい1日でした。
 明日からは、またいつものフリーライター小暮淳にもどって、仕事をバリバリこなしたいと思います。

 あ~、疲れた!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
絆と いいましょうか
希薄な この時代に 温かい話しで
(pω・。)


こちらは 飛騨高山から帰還し 疲れて爆睡
春慶塗の弁当箱を購入し 早速使用したら
(-.-;) 漆の匂いがぁ…

本物はキツイなぁ

そう言えば 小暮様に日本酒を贈るの忘れた。
それ以前に
住所を 聞かなかった。
( ̄▽ ̄〃) ドジ
Posted by momotaka at 2011年05月23日 12:37
momotakaさんへ

ありがとうございます。
そのお言葉とお気持ちだけで充分ですよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年05月23日 17:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
4つの顔と4つの祝い事
    コメント(2)