温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月24日

沢渡温泉 「まるほん旅館」③


 今日はNHK文化センターの温泉講座、「探訪! ぐんまの小さな温泉」の第2回講座日でした。
 今回の温泉は、沢渡温泉。
 江戸時代より、「草津のなおし湯」と呼ばれてきた名湯であります。

 取材では何度も訪ねている温泉ですが、これがまた講座で行くとなると、ひと味もふた味も違うんですね。
 これも仕事には変わりないのですが、なんとなく遊びに来ている感覚なのです。
 湯上りに、受講生らと飲むビールの味も格別です。

 沢渡温泉で一番古い老舗旅館 「まるほん旅館」 を訪ねるのは、昨年出版した 『群馬の小さな温泉』 のグラビア撮影以来ですから、かれこれ1年ぶりになります。
 でも16代目主人の福田智さんとは、昨年11月に行われた僕の出版記念パーティーに来てくださったので、約半年ぶりの再会ということになります。

 「ここの湯はね、僕が知るかぎり、県内で5本の指に入る絶品の湯ですから、しっかり肌で覚えて帰ってくださいね」
 と真面目に講義をしました。
 「湯の中に浮遊する析出物を “湯の花” と言いますが、ここの湯は違います。“湯の葉” です。まさに湯葉のように幅広の湯花が浮いてますから、これもチェックしてくださいね」
 などなど、説明の後、各自浴室へ。

 そもそも 「まるほん旅館」 の名物、総ひのき湯小屋風呂は、完全混浴です。
 今日は講座ということもあり、福田さんにお願いして、午前は女性専用、午後は男性専用としていただきました。
 その間、午前は男性が、午後は女性が、隣の共同浴場を借りることになりました。

 僕は合間を見て、主人の福田さんと話をしていました。
 とても気になっていたことがあったからです。
 それは、今回の震災後、温泉が止まってしまったと言う話です。

 福田さんによれば、地震の直後、まるで魔法にかかったように、ピタッと湯が出なくなってしまったそうです。
 ところが、あわてて隠居中の先代に相談しに行くと、「あわてるでない、じきに湯はもどる」 とひと言。
 3日後、先代の言うとおり、温泉が湧き出したそうです。

 なんとも不思議な話です。

 でも福田さんは、こんなことも言いました。
 「東北地方の温泉では、完全に湯が止まってしまったところ、または温度が下がってしまったところもあるんです。うちは、本当に運が良かった。しかも、湯量は震災前より、今のほうが増えたんですから」
 と。

 またまた不思議な話です。

 震災は自然のなす業です。
 温泉もしかり、なんですね。

 温泉のありがたみを知る時代が、来たようですよ。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

この記事へのコメント
まるほん(  ̄ー ̄) ニャリ

いい温泉ですよね
関東周辺に住む 温泉好きなら 知らない人は モグリでしょうね

しかし 湯の花が あそこまで大きくなるのは?

純度が高い?
温度の関係?
それなりに 不思議

昔の 温泉街を復元できたら いいのになぁ…

建築許可下りそうもないですが(;^_^A
Posted by momotaka at 2011年05月25日 15:21
momotakaさんへ

ちなみに隣の共同湯の湯の花は、大きくありません。
福田さんによれば、給湯管に張り付いた析出物がはがれるので、きしめんのように広太の湯の花ができるのだそうです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年05月26日 21:36
お そうでしたかΣ(;°Д°)


勉強になりました
Posted by momotaka at 2011年05月27日 11:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
沢渡温泉 「まるほん旅館」③
    コメント(3)