温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月26日

四万温泉 「鍾寿館」③

 昨日の昼から今日の午後まで、またまた四万温泉に入り込んで、取材活動を行ってきました。

 いつもはカメラマンと2人だけなのですが、今回はデザイナーのK君も一緒です。
 いや、K君は、もう匿名でなくてもいいんでしたね。
 先日、発表された「小暮淳 イメージキャラクターコンテスト」で、見事グランプリに輝いた栗原俊文くんです。
 僕らは、「クリちゃん」もしくは「クリ」と親しみをこめて呼んでいます。

 新進気鋭、群馬のデザイン界の若きホープであります。

 午前中に前橋市内でクリちゃんと合流し、彼の車に乗り換えて、一路、四万温泉へ。
 四万温泉協会の駐車場で、カメラマンのK氏と待ち合わせです。
 いや、K氏も匿名でなくていいんでした。
 毎回、僕の温泉本のプロデュース兼アートディレクター兼カメラマンをしていただいている、プロジェクトK代表の桑原一さんであります。
 今回、桑原氏の発案で、次回の僕の本のデザインは、クリちゃんにお願いすることになったのです。

 で、デザインする者、一度は現場を見たほうが、良い本を作れます。
 ということで、3人揃って、四万温泉街をブラブラすることになりました。
 なので、昼間の旅館取材は、なし!
 気楽な、四万散歩となりました。

 まずは、そば打ち名人の主人がいる「旅館 若山」で、そばをごちそうになりました。
 言っておきますが、タダそばを食ったわけではありませんよ。
 これも取材です。
 しっかり、撮影もしました。

 その後は、飲泉所と足湯場と共同湯めぐり。

 「平日の昼真っから、いいなぁ~」 という声も聞こえてきそうですが、これもれっきとした仕事なのです。

 その後、奥四万湖や四万川ダムを撮影して、夕方までに、この日、お世話になる旅館「鍾寿館(しょうじゅかん)」へ入りました。

 「鍾寿館」は、四万温泉の中でも、僕が10回以上泊まっている常宿の1つです。
 4代目主人の田村徹さんは、温泉協会の前会長であり、今でも何かにつけて「淳さん」「徹さん」と呼び合い、公私共にお付き合いをさせていただいている方であります。

 それと「鍾寿館」は、世界でたった1つだけの「小暮淳ギャラリー」のある旅館であります。

 クリちゃんは、この日、初めて僕の “絵” を見ました。
 感想は? 「……」でしたね。

 ま、ギャラリーと言ったのは大袈裟でした(スミマセン)。

 ロビーから2階へ向かう、階段途中の踊り場に3点の作品が飾ってあるだけです。
 水彩画と文字絵と直筆原稿です。

 水彩画は、「上毛かるた」のパロディー画。
 文字絵とは、僕の造語ですが、絵の具で書いた文字です。
 と、四万温泉と上毛かるたの思い出を書いたエッセーの原稿用紙であります。

 まことに、世間をおちょくったような話ですが、水彩画も文字絵も、このとき初めて描いたものです。
 (徹さん、あなたはエライ! よく買い取ってくださいました)


 いつもはカメラマンと2人で、ちびちびとやる酒も、昨晩は若いクリちゃんがいましたから、ハイペースでがんがん飛ばしました。
 旅館に着くなり缶ビールを5本空け、夕食時には生ビールと冷酒を2本、さらに食後に徹さんから地酒の冷やが3本も差し入れがあり、それはそれは上機嫌な3人だったのであります。
 本のデザインや出版、さらには販売について……
 夜も更けるまで、熱く熱く語り合ったのでありました。


 ※特筆すべきは、「鍾寿館」には、湯量豊富で高温の自家源泉が2本もあること。
   内風呂、露天風呂、貸切風呂など、全部で9浴室!
   しかも加水なし、加温なし、完全放流式(かけ流し)。
   うち、いくつかの浴槽は、泉源より低い位置にあるたるめ、“自然流下” にて給湯しています。
   確かな湯守(ゆもり)のいる宿だからこそ、できる技であります。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「鍾寿館」③
    コメント(0)