温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月28日

茶釜の蓋はどこへ行った?


 今日は小雨のぱらつく中、館林市の茂林寺まで行ってきました。

 何をしにかって?
 もちろん「分福茶釜」を見にです。

 何で「分福茶釜」を見に行ったのかって?
 それは、蓋(ふた) を確認しにであります。


 みなさんは、昔話の「分福茶釜」の話は、知っていますよね?
 子供の頃、絵本で読んだと思います。
 茶釜から顔と手足を出したタヌキが綱渡りをする、あの「分福茶釜」であります。

 当然、お伽話でありますから、茶釜は踊りませんが、このお伽話には元になった別の話があるのです。

 今から約580年も昔、室町時代のことです。
 榛名山のふもと(たぶん伊香保温泉) で茂林寺の正通和尚は、茶釜を持った四角い顔の坊さんと出会い、寺へ連れて帰りました。のちに、この坊さんは、顔が四角いことから「守鶴」和尚と呼ばれるようになるのですが、持参した茶釜が実に不思議な茶釜だったのです。

 ある夏のこと。
 寺で千人法会があり、千人分のお茶を用意することになりましたが、守鶴和尚の茶釜だけは、湯が無尽蔵に沸いてなくなることがなかったといいます。

 寺に来て161年が経ったある日、守鶴和尚はこつ然と姿を消します(161年目にですぞ!)。
 後世、この守鶴和尚はタヌキの化身だと伝わり、この話を元に「分福茶釜」のお伽話が創られたといわれています。


 で、
 ならば、守鶴和尚は、どこから来たのか?
 はたまた、茶釜はどこから持ってきたのか?

 知りたいですよねぇ~?

 だから調べました!
 すると、あらららららら~、っとオッタマゲテしまうような守鶴和尚と茶釜の前世物語があったんですよ!

 それも、茶釜を持ち出すとき、茶釜の蓋を落としてしまった事実まで突き止めました。
 だから、もし、その前世物語が本当なら、現在、茂林寺に現存する茶釜の蓋は “ニセモノ” ということになりますよね。

 と、いうことで今日は、『民話と伝説の舞台』 を連載している「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄) のY編集長とともに、茶釜の蓋を確かめに行って来たのであります。

 その結果、現存する茶釜には蓋があることにはあるのですが、これは誰が、どう見ても、合わせ物でした。
 では、ホンモノの蓋はどこに?

 それを探すのが、僕の仕事なのであります。

 この結末は、「ちいきしんぶん」に掲載されます。
 また、後々には、シリーズの出版化も予定されています。

 ご期待くだされ!
 

同じカテゴリー(取材百景)の記事
 TENGU伝説 (2018-06-12 11:55)
 そして、榛名湖へ (2018-06-04 11:12)
 ぶらり、尾瀬の里へ (2018-05-11 12:40)
 地酒を訪ねて (2018-02-28 11:37)
 降臨 (2017-12-03 17:29)
 編集の考え方。 (2017-11-04 16:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
茶釜の蓋はどこへ行った?
    コメント(0)