温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月29日

アオキマリコ現象 ふたたび


 ここ数年、発症していなかったので、先日は不意をつかれました。

 かの有名な「本屋便意症状」のことです。
 またの名を “アオキマリコ現象” とも言います。


 今から20年以上も前のことです。
 正確には1985年、某雑誌に東京都在住の青木まりこ(ペンネーム)と名のる29歳女性からの投書が載りました。
 「なぜ、本屋へ行くとトイレに行きたくなるのでしょうか? それも大です。私だけでしょうか?」
 という内容でした。
 すると、「僕も」「私も」「俺も」と全国から同じ現象が起きるという投書が殺到!

 ついには、この現象を最初の投書者である女性の名をとって「アオキマリコ現象」と名づけられました。

 で、僕もまさに同じ現象に悩んでいた1人でしたから、当時、編集していた雑誌で、この現象を取り上げたりもしたのです。
 が、「紙やインクの匂いが便意を誘発するのでは?」という諸説はありましたが、いまだに原因は不明。


 この本屋好き、図書館好きには大敵の「アオキマリコ現象」ですが、なぜか花粉症のように長年発症しつづけると、徐々に症状は軽くなって、やがて免疫ができるのか発症しにくくなるのです(医学的な根拠はありません)。
 僕も歳を取ってからは、花粉症も治まり、「アオキマリコ現象」も鳴りをひそめていました。
 だから、勝手に完治したと思い込んでいたのです。

 うかつ、でした!

 先日、図書館で調べ物を始めた途端です。
 図書館に入って、ものの5分と経っていないのに、急に下っ腹に異変が起き、続いて猛烈な便意が襲って来たのです。

 ままま、まさか?
 これはアオキマリコか?
 そんな……

 もう一刻も猶予はありません。
 手にした本を書棚に返して、脱兎のごとくトイレへ飛び込みました。

 完全なる再発です。
 それも以前より増して、発症スピードと便意力がアップしています。

 ライターという職業柄、図書館や本屋は頻繁に利用する場所なので、大変困っています。

 どなたか、治療方法もしくは特効薬を知っていたら、ぜひ教えてくださいな。 


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アオキマリコ現象 ふたたび
    コメント(0)