温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年05月31日

酔いどれて吉祥寺


 車でラジオを聴いていたら、お笑い芸人かタレントが、「吉祥寺の井の頭公園でストリートパフォーマンスをやってまーす!」なんてトークをしていました。

 吉祥寺か……。
 我が青春の街だなぁ~、Aちゃんは今、何しているんだろーなぁ……。
 なーんてことを考えていたのですよ。

 Aちゃんは美大の学生で、よく吉祥寺の路上で絵を売っていた女の子です。
 彼女との初めてのデートも吉祥寺。それもパルコ屋上の簡易シアターで映画を見たっけ。
 確か、鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』だった。
 もう、30年も前の話です。


 「井の頭公園のどのへんでやってるの?」
 「伊勢屋っていう焼き鳥屋の方から入って……」

 伊勢屋だー?
 そりゃ、支店の公園口店のことだよ。
 確か本店は、新しくなったと聞いている。
 何度か本店も世話になったし、公園口店も前回世話になった。
 あそこのシュウマイが、うまいのなんのって、ハンパねーんだから。
 ああ、食いたくなってきた。

 と、いうことで、僕の頭の中は、吉祥寺でいっぱいになってしまったのでした。

 吉祥寺は、1~2年に一遍だけど、今でも行く街です。
 仲間と夕方までにたどり着いて、伊勢屋で飲みながら時間つぶして、酒の力を借りて、勢いつけて、いざ出陣!
 目指すは、ライブハウスの「マンダラ2」であります。

 『なぎら健壱 マンスリーライブ』

 我が人生の師であり、笑いの師、遊びの師であるなぎらさんに、パワーをいただきに行くのであります。

 マンダラは、今でも昭和なんです。
 館内はタバコの煙がもうもうだし、みんな酒を浴びるようにあおっているし、ヤジは飛ぶし、なぎらさんも返してくれるし……ね。

 ライブ終了時には、みんなグデングデンで電車に乗り込んで、そのまま群馬まで飲み続けるのが恒例であります。

 で、そんな僕の “酒の師匠” でもある、なぎら健壱氏の著書 『酒(しゅ)にまじわれば』 (文春文庫) が、ここ数日、晩酌の肴になってます。
 酒場を漂流するなぎらさんの、おかしくも、ほろ苦い、エピソードの数々。
 これぞ呑兵衛! という酒エッセイの傑作であります。

 では今夜も、チビチビとページをめくりながら、我が家の酒場で酔いどれるとしますか!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
酔いどれて吉祥寺
    コメント(0)