温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年06月07日

四万温泉 「四萬館」


 昨年の秋、四万温泉から、僕の執筆による本を出版したいとの提案があり、出版元とのお見合い(協議)の結果、1年かけて制作し、今年の9月に発売されることになりました。
 暮れより、本格的に取材活動を開始。
 どうせ作るんなら、ガイドブックではない、きちんと温泉を取材したエッセーを書きたい。
 ついては、「四万温泉の全旅館 (37軒) すべての宿の湯に入って、その体験記を書かせて欲しい」との要望を出しました。

 よって、四万温泉協会の全面協力および全旅館の協力を受けて、自由に温泉地へ入り込み、好きなときに宿泊して、見たまま感じたままを、ありのままに書かせてもらっています。

 昨日より、11回目の宿泊取材に行ってきました。
 ついに、念願の「四萬館(しまかん)」に、泊まってきましたよ。

 といっても、四萬館に宿泊するのは2度目であります。
 8年前、「壺天(こてん)」という別館が完成したときに、友人の画家、須賀りす女史のギャラリーが開設されるということで、仲間と駆けつけて、祝賀パーティーをしたことがありました。
 現在でも、彼女の作品は、同館に展示されています。
 また、「別館 壺天」のパンフレットに使用されている絵は、すべて女史の書いたものであります。

 では、何が念願の「四萬館」取材なのかといえば、“太宰治の泊まった部屋” の閲覧であります。


 昭和15年4月、太宰治は敬愛する井伏鱒二と数名の仲間とともに、四万温泉に来遊しています。
 その時に泊まった部屋が、今でも残されています。

 当時、太宰は31歳。
 同行した放送作家の伊馬春部が映した四万温泉の写真が、いくつも残されています。

 有名な写真に、太宰治が井伏鱒二と2人で、温泉に入っている写真があります。
 これが四萬館の「亀の湯」です(現在は女性専用風呂)。

 また、浴衣に丹前姿で屋外に立ち、タバコを吸っている太宰お得意のポーズを撮った写真があります。
 背景には、当時の四萬館の別荘が写っています。
 実は、これが太宰ら一行が泊まった建物です。

 安土桃山時代の古い建造物で、当時のオーナーが気に入って、わざわざ京都より移築した別荘とのこと。
 のちに昭和30年代になり、太宰らが泊まった2階部分だけを本館の裏山に移築しました。
 現在は四萬館が経営する「木ばらし工房」という木工芸のアトリエギャラリーになっています。


 本館からバス通りを渡り、裏山の工房へと続く散策路を上がります。
 山の斜面には、竹笹の子が一面に、ニョキリニョキリと顔を出していました。

 ああ、これが71年前に、太宰治と井伏鱒二が摘んだ熊笹の竹の子なのだ!

 〔太宰君は人に恥をかかせないように気をくばる人であった。いつか伊馬君の案内で太宰治と一緒に四万温泉に行き、宿の裏で私は熊笹の竹の子がたくさん生えているのを見て、それを採り集めた。そのころ私は根曲竹と熊笹の竹の子の区別を知らなかったので、太宰君に「この竹の子は、津軽で食べる竹の子だね」と云って収集を手伝ってもらった。〕
 (井伏鱒二全集 第十巻 筑摩書房 「太宰治のこと」 より)

 このとき太宰治は、すぐに食用ではないことに気づいたのだが、それでも師のために嫌な顔することなく手伝ったといいます。


 僕は1本、太宰を気取って、熊笹の竹の子をポッキンと手折ると、匂いをかぎました。
 鼻腔をくすぐる青臭い、にほい……


 昨晩は、太宰治と井伏鱒二が四万温泉で遊ぶ姿を想像しながら、カメラマン氏とともに、美酒に酔ったのでありました。

 ちなみに、このときの四万温泉を舞台に、井伏鱒二との師弟関係を書いたと思われる短編小説が 『風の便り』 です。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「四萬館」
    コメント(0)