温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年06月08日

四万温泉 「三国園」


 「四万温泉には、必ず自分好み宿がある」 と言われています。

 家族だけで商っている客室わずか4部屋の小さなお宿から、100部屋を超える大型ホテルまで。
 浴室も大露天風呂から小さな内風呂まで旅館によって千差万別、十湯十色であります。

 でも凄いのは、その源泉の数です。
 37軒の宿に対して、43本の源泉が湧いています。
 しかも、うち40本が自然湧出という、実に恵まれた温泉地なのです。
 たぶん、温泉地の自然湧出率というものがあるなら、保有率とともに全国トップクラスでしょうね。
 (自然湧出率=93%、源泉保有率=116%)

 ということで、取材を続ければ続けるほど、驚きの四万体験をしています。

 で、今日は、先日訪ねた「三国園」を紹介します。


 三国園は、四万温泉の一番奥、日向見(ひなたみ)地区にある旅館です。
 ゆずりは大橋を渡り、ゆずりは地区へ入り、左の奥四万湖方面へ。
 小泉の滝を望む「滝見台」のある楓仙峡を抜け、ひなたみ橋を渡ると、そこからが日向見地区です。
 三国園は、一番最初に看板が出てくる宿です。
 でも、すぐには着きません!

 傾斜角度45度はありそうな急坂を、エンジンをブンブン吹かしながら登り上げます。
 (軽自動車だとキツイかも)
 威勢をつけて、グィーーーーンと引っ張るようにアクセルを踏み続けると、ポンッと駐車場へ出ました。
 こじんまりとした、雰囲気のある旅館です。

 実は長年、四万温泉へ通い続けているのに、初めてお邪魔する宿だったのですよ。
 もちろん、そこに三国園という旅館があることは、知っていました。
 でも、この日訪ねるまで、どんな旅館なのか、まったくもって知識がなかったのです。

 取材とは、未知な部分が多ければ多いほど、楽しいものです。
 期待に胸を膨らませて、意気揚々と玄関を開けたのですが……

 うわぁ~~!
 いきなりペットたちのお出迎えであります。
 シーズー、チワワ、プードルたち……と思いきや、犬だけじゃありません。
 カメ、コイ、熱帯魚の水生動物も、たくさんいます。

 ここは、ペット専門の温泉旅館だったです。

 それも昭和42年から “ペット同伴可” の宿だそうですから、昔からペット好きが訪れている全国でも有名な旅館だったのです。
 (すみません、僕が少し勉強不足でした)

 2代目主人の小林久雄さんによれば、現在では、ほぼ100%がペット連れの宿泊客とのこと。
 「最近では、ペットも泊まれるペンションが増えましたが、うちのようにペット料金を取らない温泉旅館は、まだ全国でも珍しいと思いますよ」

 そう、ペットの宿泊料金は無料なんです。
 人間の宿泊料金のみで、ペットの食事は持参します。

 「ワンちゃんもネコちゃんも、いつも食べなれたものを食べさせたほうがイイですからね」
 ですって。

 寝るのも一緒、食事も個室で家族だけ、という徹底したシステムになっています。
 とーぜん、温泉の入浴も一緒であります。

 と、いうことで今回、初のワンちゃん入浴シーンの撮影となりました。

 撮影に協力してくれたのは、プードルの「つくし」ちゃん(1才半) とチワワの「あさり」ちゃん(6才) であります。
 さすが、旅館のアイドル犬であります。
 2匹並んで仲良く、入浴ポーズをとってくれました。
 カメラマン氏がOKを出すまで、ジーッとしているところなんぞ、完全にプロのモデル犬であります。

 僕のほうが、撮影には手間取るオヤジモデルのようです。

 「小暮さん、動かないで!」
 「だって、熱いんだもの……」
 「すぐ終わりますから、少し我慢していてくださいよ」
 「早く撮ってよ! はやく~!」

 なーんて、いつもカメラマン氏を困らせていますからね。

 いやいや、ワンちゃんたちには、大変お見それしました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

この記事へのコメント
ペットと温泉ですか?
微笑ましい宿ですね

温泉宿で犬が お出迎えしてくれると 違った思い出が残ります

大峰館のワンちゃん カワイイかったなぁ〜

山木館の番犬も

最近は 小型犬を館内で飼う 宿が出できましたが
気が付かないで 踏みそうで怖い


動物と言えば
宝川温泉の熊 (・(ェ)・) が最強ですが

夕飯にでる汁の肉は 何処から やってくるのか?
Posted by momotaka at 2011年06月09日 11:14
momotakaさんへ

宝川温泉の夕食に出る熊汁の肉は、北海道産とのことです。
Posted by 小暮 at 2011年06月09日 19:37
(・(ェ)・) ヒグマの肉なのですね


取り合えず 家畜達に(>人<) 合掌
Posted by momotaka at 2011年06月10日 12:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
四万温泉 「三国園」
    コメント(3)