温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年06月26日

ライター筆を選ばず


 ご無沙汰してました。

 ま、仕事が忙しかったのもありますが、実はパソコンの調子が良くないのです。
 今も、やっとこさっとこ、だましだまし打っております。

 「そりぁー、商売道具だから大変ですね」って?

 これが僕の根性が曲がっているおかげで、文明の利器に依存することへの反発があるので、少しも動じませんでした。
 「なーに、数年前までは、ブログもメールもやってなかったんだから」と、通常通りに仕事をしていました。

 原稿は、15年前に買ったワープロが現役なので、それで対応。
 入稿も、フロッピーで手渡しました。

 なかには、事情を話すと「ファックスでいいですよ」という担当もいたりして、何も不自由はありません。

 思えば20数年前、この業界に入った頃は、原稿用紙でしたからね。
 また、もとへもどればいいだけの話です。

 ただ、このブログだけは、気にしていたんですよ。
 だから、こうして、今日は一念発起して打っています。

 昔書いた、自分の著書の中に、こんな一文を見つけました。

 『“不便”はとても面倒くさいものだ。不便は人が手を一生懸命かけてあげないと、なかなか伝わらないものだ。だからコミュニケーションが必要になる。その逆で、便利に慣れてしまうと、人は手を抜くことをいつも考えるようになるだろう』 (「上毛カルテ」より)

 まさに、パソコンが調子悪くなっただけで、たくさんの出会いが返ってきました。

 と、いうことで、もしかすると、今後もしばらくブログを書けない日があると思います。
 ご了承ください。


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)

この記事へのコメント
まぁ パソコンやら ネットて 便利ですが

完全に依存すると 退化する部分が 出てくる訳で

たまには アナログも良いかと

(’_’) 温泉も原点に 戻ってくれないかな?



あ! イヨタンが orz してるかも?


でゎ|°∀°)ノ))))
Posted by momotaka at 2011年06月27日 16:56
momotakaさんへ

アナログは誤魔化しが効かないのが、いいですね。

温泉も、しかり!
Posted by 小暮 at 2011年06月27日 18:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ライター筆を選ばず
    コメント(2)