温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月08日

20才の頃も きっとそうだった


 ♪ 何回目かの記念日が 今年も明日またやってくる
   もう一つ年を重ねるわけだね
   祝ってなんて くれるなよ

   20才の頃ならそいつもいいだろう
   仲間を集めて飲んで踊って
   世の中を変えてやるんだと
   力一杯 右手をさし上げる ♪


 これは、僕の敬愛する吉田拓郎さんの 『誕生日』 という歌です。

 いつ頃からか、もう何十年も前から、誕生日が来ると口ずさんでしまう歌です。
 で、今日は朝から、ずーっと口ずさんでいるわけです。

 おかげさまで、53回目の記念日を迎えました。

 いつからでしょうかね、誕生日を意識しなくなってしまったのは?
 年をとることが、恐くなくなってしまったからでしょうか?
 それとも、誕生日が嬉しくないからでしょうか?

 ただ毎年、僕は、この日に自分に問い詰めていることがあるんです。
 「20才の自分が会いに来たら、彼は僕と握手をしてくれるだろうか?」って……

 えっ、オレ、こんなジジイになっちゃうのかよ!
 勘弁してくれよ~、夢はどうした? オレが追いかけていた夢だよ?
 ちゃんと、かなえてくれたのかよ!
 何もしてねーじゃんよ、ただ年をとっただけじゃん。
 オレいやだよ、こんな大人になるの。
 あっちへ行けよ! くそジジィーーーーーっ!
 バッシ~~ン!(僕が過去の自分に殴られる音です)

 なーんてことになりはしないかと、毎年、ハラハラしているのです。


 ♪ 人生は一本の道だったはず
   僕はその道にも迷ったらしい
   今、どのあたりを歩いているのか
   さっぱりわからなくなっている ♪

 そんな時代もありました。
 でも、今は

 ♪ ひけ目も感じているけれど
   違った奴が一人居てもいい
   あいつもこいつもどいつも同じなら
   人間やってる気がしない ♪

 と思えるようになったのです。


 今日の午前0時過ぎ、1本のメールが届きました。
 「一歩ずつ長い階段を踏みしめ、
  時には駆け上がり、
  ここまで来ましたね。
  すごく高い所ですが、階段はまだまだ続いているようです。
  何処まで行くのか楽しみです。」

 20才の頃を知る、古い友人からでした。

 ホッと救われた瞬間でした。
 そして、「ああ、また記念日がやって来たんだ」と、しみじみ今日を迎えたのです。


 ♪ あいつは変わった時代も変わったと
   話している奴 臆病なんだよ
   自分の心を確かにしておこう
   20才の頃も きっとそうだった ♪
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
お誕生日おめでとうございます。53歳には見えないですよね〜若さを保つ秘訣は何ですか?
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月08日 23:14
草津っ娘?さんへ

ありがとうございます。
秘訣ですか……?
20歳の自分がライバルだからですかね。
あいつは、手ごわい相手なんですよ。
Posted by 小暮 at 2011年08月09日 01:10
そんな事、思ったことも無かった、いや思いたくも無かった。
二十歳の俺が今の自分を見てどう思うかなんて。

あの時の夢は、どうしたんだよ。有名な建築家になってみんなが素晴らしいと言ってくれる建物を設計するんだと言っっていた夢だよ。

これが未来の俺かよ。
信じられねー。がっかりだよ。なにしてんだよー。全然違う仕事してるじゃん。
罵声とため息が聞こえて来る。
何も言い帰せない。
あれから、何を夢に生きてきたのだろう。
楽な方の道だけを選んで来た気がする。

それに比べて、いつも自分を振り返って自分を戒めている小暮さんは凄い。

ただあの時は、考えもしなかった事もある。
何事にも一生懸命な女房がいるし、夢に向かって人一倍努力している娘がいる。自分の夢は、実現しなかったが、娘の夢が叶うように支えてやるのが、今の夢かな。
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月09日 01:24
昨夜から主人が車の中で寝ています(別居だそうです)。

主人の誕生日が結婚記念日です(笑)。
Posted by ぴー at 2011年08月09日 08:35
なるほど 小暮様の思考が解ったような 気がします。
d(^-^) 今だ 脳年齢は若く 活発なのですね

身体より 老けた心を 持ってはイケない。

えーと 吉田拓郎の曲ですと
ローリング30かな?
Posted by momotaka at 2011年08月09日 13:08
ヒロ坊さんへ

充分に、素晴らしい人生ですよ。
そのことを、ぜひ20才の自分が会いに来たら、ちゃんと話してあげましょう。
でも、20才の若造は聞く耳を持たないかな?


ぴーさんへ

これまた勇気のあるご主人です。
僕はいつも、家内の手のひらの中で生きているので、うらやましい。
いつまで続けるのか、蚊に刺されないといいですけど…


momotakaさんへ

ピンポ~ン!
「ローリング30」 で正解です。
♪身体より老けた心など持つな 流れ行くときにさからって泳げ 自分のカラを突き破り 愚かな笑顔など見せるな 振り向いた昨日に恥じないように 仰ぎ見る明日に恥じないように
 Rolling 30 動けない花になるな Rolling 30 転がる石になれ♪
Posted by 小暮 at 2011年08月09日 18:57
もうじき50の誕生日を迎えますが、最近忘れていた歌を急に口ずさみだして、ネットで「20の頃もきっとそうだった」と検索したら、ここにたどり着きました。
今は二人の子持ちの会社員ですが、可能な年は一人で海外に脱出して、ただいまアフリカにいます、短い夏休みは明日で終わりです。
年をとるなりに生きる術は身につけ、それなりに生きてきましたが、あの頃と変わったかというと進歩していないなあ!と思う今日この頃です。

突然の書き込みで恐縮ですが、小暮様のご活躍をお祈りいたします。
Posted by 匿名で at 2017年09月17日 05:53
匿名でさんへ

ありがとうございます。
6年も前のブログへ、ようこそ!
それにしても、アフリカからですか!
しっかり、身体よりも若い心を持っていらっしゃいますね。
うらやましい!

これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年09月17日 22:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
20才の頃も きっとそうだった
    コメント(8)