温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月09日

負けるな! 群馬の温泉地


 「観光の風評被害20億」
 「原発事故で9大温泉地 3月売上額6割減」

 今日の上毛新聞の1面トップ記事です。

 これによると群馬県内の9大温泉地で3月の被害が最も大きかったのは、草津温泉の7億円。次いで伊香保温泉の3億円、磯部温泉の2億5千万円、万座温泉の2億円、四万温泉の1億8千万円などだったようで、合計損害額は19億9千万円。キャンセルは16万5千人に上ったそうです。

 事が事でしたから、3月の自粛によるキャンセルは仕方ないとしても、問題は、その後も続いている原発事故による風評被害です。何でも記事によれば、今年の6~9月に都内から県北の観光施設を訪れている中学、高校12校の高原学校が、放射能物質による汚染の危険性を懸念してすべてキャンセルになっているのだとか!
 尾瀬の入山者数も大幅減少しているようです。

 当然ですが、温泉地もゴールデンウィークに少し持ち返したものの、依然、自粛および風評被害に苦しんでいます。


 僕の場合、温泉ライターという職業柄、温泉地や旅館から多くの生の声が届いてきます。
 それも、広く浅く全国を飛び回っているライターではなく、群馬の温泉地に執着して、狭く深く通い続けています。
 こんなコアな付き合いを何年もしていると、温泉地や旅館とは仕事だけの付き合いではなく、個人的な交流も多々あります。

 昨夜も遅く、某温泉旅館の女将さんから、突然、電話がありました。
 「ごめんなさいね、こんな時間に。ねぇ、小暮さんに少しグチをこぼしても、いいかしら?」

 この女将さんが、用もなく電話をかけてくることは珍しいことです。
 話を要約すると、こうです。

 震災直後の自粛ムードによるキャンセルは我慢ができたけど、今でも宿泊客が減少し続けているそうです。
 「小暮さん、また記事を書いてくれない? 小暮さんの本や記事が出ると、たくさんお客さんが来るのよ~」

 おっと、最後は色気で取材要求までされてしまいましたが、そこんところはヤンワリと「そーですね、また機会があったらぜひ、書かせてください」 と突き放しましたが、深刻な現状は、ヒシヒシと伝わってきました。

 最後は、「今回の震災で、温泉が止まってしまったところもあるんですよ。それに比べたら、お女将さんところは、いい温泉が変わらず出ているんですから、頑張ってくださいよ。僕も応援していますから」 と、なだめて電話を切りました。


 先月下旬に、上毛新聞社から温泉特集へ寄稿の依頼がありました。
 7月26日の新聞に大きく載ったので、たぶん読んだ人もいるかもしれませんね。
 僕はこのコラムに 「群馬の湯力(ぢから)」 とタイトルを付けて、群馬の温泉地へエールを贈りました。

 どうして群馬の温泉には、昔から文人墨客がやって来たのか?
 その問いに対して僕は、群馬の温泉には力があるからなのだと書きました。

 これは、群馬の温泉ライターとしての僕の誇りであり、今後もすべての観点から検証し、発表して行かねばならない使命だと感じています。

 群馬の温泉には、底知れぬ “湯力” があります。
 そして、このパワーがこの国を救うと信じています。

 だから

 負けるな! 群馬の温泉地


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
今日も小暮さんのブログ更新楽しみにしておりました。私の生業の足つぼ屋さん稼業も大震災から厳しい状態にあります。何しろお宿にお客さまが来なかったのです。でも悩んでいても仕方ない。金は天下のまわりもの。そう暗示をかけ近場の四万温泉や猿ヶ京温泉やみなかみSLなどに出かけツイッターで呟いております。元気な群馬県に復活して欲しいです。温泉王国群馬県!GO!GO!温泉パラダイスが紅白歌合戦に出場決まったら群馬県の温泉地は元気になるかも!?
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月09日 23:24
草津っ娘?さんへ

実は 「GO!GO!温泉パラダイス」 は、紅白を狙っています!(笑)
でも、本気です。
すでに、いくつかの温泉地の女将さん会では、踊りをマスターして、温泉祭りなどで、踊ってもらっています。
県内の自治会のイベントや老人ホームのリハビリにも使ってもらっているんですよ。
草津温泉でも必要とあらば、「踊り教本DVD」 をお送りいたしますよ。
Posted by 小暮 at 2011年08月10日 01:31
(@_@;)歴史的 愚行が起きて 世の中ルールが変わりました

大なり小なり 群馬も汚染されています
当然 キャンセルした人の 南関東の都市部の方が更に 酷いと 思いますから
中止しても 意味有りません。

むしろ草津方面なら 安全なのですが…

自粛ムード中 自分は辰巳館さんに 行きましたが
Σ(・∀・;) 団体客2組と 個人客でパンパンでした
勝ち組なのですね

それは 例外として
淘汰は 始まってる訳ですから 順応性がなければ 終わりです

小暮様の役割も 本業の壁を越えているような
そろそろ 人選し組織化した方がいいような

群馬の温泉は 県内のひとが 利用して 存続させるべきですから
Posted by momotaka at 2011年08月10日 01:37
GO!GO!温泉パラダイスの踊りのDVD欲しいです。どちらに問い合わせたら良いですか?絶対に紅白歌合戦出場期待しつつ願いが叶わなければ、のど自慢で誰かに唄って欲しいですね。すごく楽しみです。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月10日 01:44
momotakaさんへ

おっしゃるとおり、勝ち組と負け組みの明暗は、はっきりと分かれ出しています。
ただし、湯の良し悪しとは、別の選別です。
湯守のいる価値ある温泉は、何が何でも守りたいと思うのです。
momotakaさんの言うとおり、「群馬の温泉は、群馬の人が利用して存続すべき」に賛同いたします。それが我々県民の使命だからです。


草津っ娘?さんへ

はい、分かりました。
在庫を調べ次第、お送りします。
しっかり覚えて、草津温泉でも踊ってくださいね。
ちなみに、紅白出場の際には、僕はNHKホールにいますが、踊り子隊は草津温泉湯畑前から、生中継されますので、あしからず(笑)。
Posted by 小暮 at 2011年08月10日 02:09
今日は、家族でつきよの館にお世話になっています。

去年までは、軽井沢プリンスでしたが、やはり群馬の地元を元気にするために今年の夏休みは、群馬の宿にしました。

残念ながら夕立のため夕日や月夜の湯舟は楽しめませんでしたが、夕食は美味しくいただきました。

来年の夏休みも群馬の宿で楽しみたいと思います。

廊下に飾ってある写真の文字「源泉ひとりじめ」は、小暮さんが書いた文字ですか?
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月10日 22:44
主人も家で寝ています(笑)私と戦うのは不利と悟り、一晩の反乱でした。

師匠様 三山温泉の日帰りは夜何時までやってるんですかね??
Posted by ぴー at 2011年08月10日 23:07
ヒロ坊さんへ

あの文字は、書家の先生が書いたものです。
以前、「月刊 ぷらざ」 という情報誌に連載していたシリーズタイトルで(このブログと同タイトル)、掲載された本文は、食堂に掲示されていますよ。
おみやげに、ぜひ「コバスモークチーズ」を!


ぴーさんへ

三山センターの日帰り入浴は、始まりは午前10時からですが、終わりは決まってないようですよ。
電話で確認したほうが、良いと思います。
女将さんの気分で変わりますから。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年08月10日 23:36
会員カードにも時間の事が何もなくて…
気分なんですか… ありがとうございます。
Posted by ぴー at 2011年08月11日 10:45
スモークチーズ買って来ました

これ美味だってねぇと言っている言葉を聞いていた、隣のお客さんも買っていったので、今朝は二つ売れました
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月11日 19:30
ヒロ坊さんへ

それはそれは、女将に代わってお礼申し上げます。
と、「コバスモークチーズ」の生みの親、チーフの小林さんに代わってもお礼申し上げます。
ぜひ、今夜はスモークチーズで、美酒に酔ってくださいませ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年08月12日 02:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
負けるな! 群馬の温泉地
    コメント(11)