温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月10日

空のつくりびと


 昨年の4月に創刊した群馬県の観光情報誌 『ググっと ぐんま』 。
 創刊号から毎号、編集にかかわっています。

 この雑誌は、現在開催中の「群馬DC(デスティネーションキャンペーン)」 に合わせて発行されたのですが、開催が終わってからも発行されることになったようで、現在、秋号の制作に取り組んでいます。

 昨年の秋号から僕が担当しているページに、「つくりびと」シリーズがあります。
 1回目が 「山のつくりびと」、2回目が 「里のつくりびと」、3回目が 「川のつくりびと」 と題して、それぞれの群馬の風土に根付いた土地で、モノづくりをしている人たちを追いかけて取材をしています。

 僕は、この 「つくりびと」 という言葉が、大好きなんですね。
 子どもの頃から、モノづくりにあこがれていましたから、今でも “職人” という響きと、職業にあこがれてしまいます。
 こう見えて、一時は僕も、木工職人を 「目指そうかなぁ~」 と思ったことがあるんですよ。
 でも 「目指そうかな」 くらいの甘い考えですから、すぐに挫折しましたけどね。

 生まれ変わったら、今度は真面目に “ザ・職人” の道を必ず目指します!(キッパリ宣言)


 で、次回の 「つくりびと」 は、「空のつくりびと」です。
 山は、きのこ栽培人。里は、ブランド米生産人。川は、ブランド魚養殖人でしたが、では空ってナニ?って思われますよね。
 でも、群馬にはいるんですよ、すごい 「空のつくりびと」 が!

 と、いうことで今日、僕はその「空のつくりびと」 に会ってきました。

 「赤城凧(たこ)の会」代表の狩野友義さんです。

 狩野さんは、旧赤城村(現・渋川市)で、25年前から大凧の制作と飛揚を行っている人です。
 毎年、2月に前橋市の利根川河川敷で開催されている 『上州空っ風凧揚げ大会 in 前橋』 の目玉で上がる大凧と言えば、知っている人も多いと思います。
 あの凧が、25.5畳です。
 50人がかりで上げるそうです。

 実は、もっと大きい幻の巨大凧というのがあるんです。
 102畳という、とてつもない大きさゆえ、作ったものの、一度も大空を飛んだことのない凧です。
 まず揚げられる広さの場所が群馬にはないこと、また揚げるには莫大な保険料が必要で、個人の団体では不可能とのことでした。

 でも、この巨大凧、一度だけお披露目されたそうです。
 2001年に開催された 『第16回 国民文化祭』 の、旧赤城村上三原田歌舞伎舞台で行われた「農村歌舞伎 in あかぎ」本公演にて、展示されたそうです。
 その時の写真を見せていただきましたが、いやぁ~! ただただデカイの一語です。
 でも、もし飛んだら圧巻でしょうなぁ~。

 狩野さんとお話をしていたら、こっちまで気分が舞い上がってきましたよ。


 「どうして、凧を作って、揚げようと思ったんですか?」 と僕。

 すると狩野さんは、瞳をキラキラさせながら、
 「だって、ずーっと子どもの頃から、空はあこがれでしたから」
 とは、んーーーん、カッチョいい!

 やっぱ、カッコイイおやじは、飛んでるぜぃ!
 それも大凧に乗って、悠々と大空を飛び回っているのだ!

 だんだん、狩野さんが 「仮面の忍者 赤影」 の白影さまに見えてきたのであります(ちょっと古過ぎましたかね)。


同じカテゴリー(取材百景)の記事
 酒蔵てくてく歩き (2018-09-07 11:13)
 コオ先生が教えてくれたこと (2018-07-01 17:32)
 TENGU伝説 (2018-06-12 11:55)
 そして、榛名湖へ (2018-06-04 11:12)
 ぶらり、尾瀬の里へ (2018-05-11 12:40)
 地酒を訪ねて (2018-02-28 11:37)

この記事へのコメント
職人という人に魅力があるのは、『好きなことをする』そこらへんのエネルギーですね。
Posted by ぴー at 2011年08月11日 08:50
ぴーさんへ

職人に限らず、好きなことを仕事にしている人と、そーでない人との違いは、お酒を飲むと分かります。
「夢を語る」 か 「グチをこぼす」 か。
Posted by 小暮 at 2011年08月11日 14:29
凧揚げをしたのはいつが最後だったかな?と昨夜は読んだだけで寝てしまいました。小暮さんのブログ読者になり前向きになっています。大の大人が凧揚げに夢中になれるなんて実に馬鹿馬鹿しいようでいて素晴らしいと思います。好奇心旺盛は若さを維持できますものね。凧揚げしてみようかなぁ。たまたま昨日の昼間ベランダでシャボン玉遊びをしてみた後での小暮さんのブログ。懐かしい遊びをおばちゃん一人やってみようかしら?
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月12日 00:05
草津っ娘?さんへ

草津温泉で、なつかしい遊びをやったらどうですか?
寄席もやっていることだし、縁日開いて、昔なつかし昭和の遊びを再現したら、それだけで客は集まると思うけどなぁ…。
ぜひ、その時は、僕のバンドも呼んでくださいね。
あの、懐かしのフォーク&GSを歌っちゃいますよ!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年08月12日 02:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
空のつくりびと
    コメント(4)