温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月13日

今日が、来た!


 平成9年(1997) 11月に、処女エッセー 『上毛カルテ』 を出版してから、今年で丸14年。
 来月発売される新刊で、7冊めの著書になります。

 平均すれば2年に1冊の割合で上梓しているわけですが、ここ数年はペースアップしてまして、今年はナント2冊めになります。

 本を作る楽しみは、やはりなんと言っても、取材活動にあります。
 知らない土地や温泉を訪ね、さまざまな人たちと会い、話を聞いて回る作業は、これはもう天職ではないかと思えるほど、ワクワク、ドキドキして楽しいものです。

 では、喜びはどこにあるか?

 当然、本を買ってくれた読者からの反響が一番なのですが、最初の頃は、書店に並んでいる自分の本を見ると、ジワ~ッと脳内モルヒネが出てきたものです。
 でも、それも最初の頃だけで、何冊も本を出していると、最近は書店へ行っても 「あんまり売れてねーなぁ」 とか 「もと目立つところに陳列してくれればいいのに」 なーんて、現実的なことを考えてしまい、感動からは遠のいてしまっています(イカンですね)。

 で、現在、本を作る過程での一番の喜びは、「最終チェック」を終えて、全原稿のデータを印刷所へ送り出した瞬間なんです!

 はい、その瞬間が、今日やって来ました!


 表紙から目次、本文、あとがき、プロフィールまで。さらに帯にいたるまでの全ゲラ刷りが、校正を終えて上がってきました。

 本日、午後2時。
 前橋市内の某ファミレスにて、ディレクターとデザイナーと僕が顔を合わせ、全ページの最終チェック作業を行いました。
 (なぜファミレスかって? テーブルが広くて、ドリンクが飲み放題だからですよ)

 校正紙と読み比べ、訂正を入れた箇所がすべて直っているか? 目次のページと実際のページ数が合っているか? 住所と電話番号の読み合わせなどを、じっくり2時間かけてチェックしました。
 数ヶ所の直しは出たものの、とどこおりなく作業は終了しました。

 これにて制作の全工程が終了しました。
 週明けには、もう泣いても笑っても騒いでも、印刷所にデータが届けられ、印刷が始まります。


 やったーーーーっ!
 今日という日が、今年もやって来ました!

 次に、自分の文章と出合うのは、書店の店頭です。
 そして、みなさんとも、初めて会えるわけです。
 よろしくお願いいたします。

 9月15日に発売されます。
 本のタイトルは、新聞紙上にて発表されるまで、著者でも公表できません。
 あしからず。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

この記事へのコメント
小暮さんのいけずぅ~~~ぅ。楽しみにその日を待ちます。発売日前に上毛新聞さんの広告があるのでしょうか?ところで今日も奇跡が起きました。「首のないボーイ」にワタクシたくさんコメントしすぎたと反省していましたら、お世話になっておりますスカイランドホテルのフロント中島さんをご存知のモモタカさんだったかな?からのコメントがありました。小暮マジックでしょうか?本当に人生って何があるかわからないところが楽しいですね。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月13日 23:43
小暮さんのいけずぅ~~~ぅ。楽しみにその日を待ちます。発売日前に上毛新聞さんの広告があるのでしょうか?ところで今日も奇跡が起きました。「首のないボーイ」にワタクシたくさんコメントしすぎたと反省していましたら、お世話になっておりますスカイランドホテルのフロント中島さんをご存知のモモタカさんだったかな?からのコメントがありました。小暮マジックでしょうか?本当に人生って何があるかわからないところが楽しいですね。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月13日 23:44
削除できず2通のコメント申し訳ありません。温パラの件ですが、ゆもみちゃんに話しておきます。本当に煩わしくて申し訳ありません。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月14日 01:03
草津っ娘?さんへ

「いけずぅ~~~ぅ」っていう、まる子的言葉、好きです。
でも、小暮マジックというより、これ、すべて群馬の “湯ぢから” です!
Posted by 小暮 at 2011年08月14日 01:36
まる子的な言い方ではなく花街のお姉さん!と言って欲しかったです。小暮さんの前向きな心構えが周囲を動かしていると思われます。ゆもみちゃんとツイッター友達なので、温パラ!教えます。小暮マジックでさびれてきた群馬の温泉を活性化させましょう!錆びれてきたのは草津温泉だけ?(意見には個人差があります)
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月14日 01:53
草津っ娘?さんへ

群馬県内は、神様のいる温泉がたくさんあります。
その神を味方に付けた温泉地は、必ず活性化します。
草津温泉にも、立派な神が祀られているじゃありませんか!
「神々のいる湯源郷、ぐんま」 です。
Posted by 小暮 at 2011年08月14日 14:21
草津っ娘?さんへ

スカイランドホテルのフロント中島さんには、大変お世話になっています。

去年、前橋中心商店街で行っているポイントカードの抽選会で、特賞としてペアで3組ご招待をスカイランドホテルにお願いしました。

招待券を作ってもらったり、いろいろサービスしていただいたりとお世話になりっぱなしで、今度お会いしたらよろしく言っておいてください(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月14日 15:26
どんなタイトルになるか楽しみです。

後、一カ月は、「ぐんまの里山てくてく歩き」を読んで待つ事にします(笑)

と言うのも、やっと昨日煥乎堂で手に入れました。

山歩きは、趣味ではないので必要ないかなと思って、全然読む気が無かったのです。

ところが本を開いてみたら、小生がよく行く日帰り温泉も載っているし(意地悪で言っているのではありませんよ)、群馬の知らないところがいっぱい載っているので買って読む事にしました。

とりあえず、前書きと後書きを読んで、本文内の写真に目を通したところです(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月14日 15:51
ヒロ坊さんへ

お買い上げ、ありがとうございます。
行かないまでも、ぜひ行った気になって楽しんでくださいませ。
Posted by 小暮 at 2011年08月14日 16:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今日が、来た!
    コメント(9)