温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月16日

この夏の課題図書


 僕には、今月1才になる孫もいるのですが、まだ小学生の娘もいるんですね。
 「同じ奥さんの?」 とよく聞かれますが、ハイ、そーです。
 同じ妻の子孫であります。

 その末娘が、「感想文を書く本がない」 と、今年も僕に泣きついてきました。
 もう、恒例行事のようなもので、毎年、僕が本屋へ娘を連れて行って、感想文用の本を選んで買ってやっています。

 で、実は、今年の夏は、父にも “課題図書” があるのです。
 ズバリ! 田山花袋であります。

 先月、このブログでも公表しましたが、館林市の「田山花袋記念文学館」の特別展の開催に合わせて、僕が来月、講演をすることになったのです。
 テーマは、「花袋の愛した群馬の温泉」。

 ま、僕も温泉の仕事に携わっているはしくれですから、田山花袋がただの小説家ではなく、ジャーナリストであり無類の温泉好きの文豪であったことくらいは知っていました。
 ベストセラーの 『温泉めぐり』(岩波文庫) も、しっかり愛読書として、くり返し読んではいます。

 でも、田山花袋のことは、あと 『蒲団』 と 『田舎教師』 くらいしか知らないのですよ。
 だから、この話をいただいた時から、その他の紀行文を探し歩いておりました。
 特に、「花袋が愛した群馬の温泉」 とタイトルが付いている限り、せめて群馬のどの温泉を花袋は訪ねているのか?
 それは、いつ頃なのか?
 そして、その評価は?

 興味と読書欲はつきないのですが、いかんせん、田山花袋が筆をふるった時代が、明治・大正と昭和の始めですから、なかなか資料となる本が手に入りません。

 仮に、図書館で見つけても、大正以前の書物は、“持ち出し厳禁” だったりします。
 それでも苦労の甲斐があって、少しずつですが、文献が揃い出しました。

 まず、今はなき幻の温泉「西長岡温泉」(太田市) を舞台にした小説 『野の道』 は、「花袋全集」の中から見つけ出すことができました。
 また、伊香保温泉について「女の温泉」と題して書いたエッセーが収録されている 『海をこえて』(昭和2年、博文館) も難なく、ゲット!

 ところが、大正11年に発行された『温泉周遊』(金星堂) が、どの図書館でも“持ち出し厳禁”図書なのです。
 閲覧は可能ですが、光を当てると紙がいたむという理由から “コピー不可” 。
 仕方なく、今日は午後、紙とボールペンを持ち込んで、閲覧室にて、せっせせっせと書写に励んでまいりました。


 しかし、読めば読むほど、田山花袋という文人は、美辞麗句のない、歯に衣着せぬ辛口のエッセーを書く人であります。
 たとえば……

 「磯部、藪塚、西長岡、八塩あたりは、殊に食うものが乏しい。山のものもなければ海のものもない。野菜は沢山あるけれども、大抵平凡で、都会の人の口をよろこばせるようなものはない。」(『温泉めぐり』より)

 「藪塚の方は汚くて、とても駄目ですけど、西長岡の方は、まだ我慢ができる。」 また八塩温泉についても 「汚い温泉に入った。好かったら一夜泊まりたいなどと思ってたが、とてもそんなところではなかった。すぐに出かけた。」 さらに草津温泉のことは 「あそこは何だが不愉快だね。遊覧のためには、ちと感じが強すぎる。遊びには不適当だ。湯が少しはげしすぎる。体がぴりぴりするような気がする。」(以上『温泉周遊』より)
 と、言いたい放題に、バッタバッタと群馬の温泉を切り刻んでいるのです。

 いやいや、とてもじゃありませんが、平成の温泉ライターには書けません!
 時代が違いすぎます。
 今そんなことを書いたら、完全に営業妨害で訴えられてしまいますよね。

 ま、その辺も加味しながら、講演会では 「花袋が愛した群馬の温泉」 について、語ろうと思います。



講演会 「花袋の愛した群馬の温泉」
 ●日 時  2011年9月11日(日) 午前9時~11時30分
 ●会 場  館林市文化会館 2階 小ホール
 ●対 象  一般 (定員200名)
 ●受講料  無料
 ●主 催  館林市教育委員会
 ●講 師  小暮 淳 (前橋市在住・温泉ライター)
 ●申 込  文化会館窓口に来館、または電話にて申し込み
 ●申込・問合  館林市教育委員会文化振興課 tel.0276-74-4111


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)

この記事へのコメント
田山花袋の「温泉めぐり」読みました。

本当に辛口なので、今の時代の甘口な温泉本を読んでいる小生には衝撃的です(笑)

もう一冊最近読んだ本で嵐山光三郎さんの「文士温泉放蕩録」講談社文庫に田山花袋の行があります。

“第12話屋形船湯の女” の最後の方に「固い、歌体、火体、過胎、う~ん、どの字をあてはめればいいか。おまえは田舎者だが花が好きだからな、そうだ花袋としろ」と。

この話を講演ですると受けるかもしれませんが、品格を疑われるかも(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月17日 10:57
毒舌なのですかぁ。

個性的と言えば 個性的なのでしょうが 温泉の近代化を重視していたのか?

講演会に 行くので本は 買ってないので 楽しみにしてます。


あとは 温泉ソムリエのオフ会を どうするか??思案中
「秘湯ロマン」監修者の飯出敏夫さん、出演者の春馬ゆかりさんを
お招きして、湯めぐりをしたり、“秘湯ロマン秘話”をお聞きします。

温泉ソムリエのオフ会ですので、温泉ソムリエ認定者が対象となります。


美女 降臨!!


どんどん 違う方向に行くような 気がしますww
Posted by momotaka at 2011年08月17日 19:40
ヒロ坊さんへ

「ざぶん」 ですね。
やっぱ、花袋の名のいわれは、マズイでしょうな。

光三郎さんは、「温泉旅行記」(ちくま文庫)、「日本一周ローカル線温泉旅」(講談社現代新書) など温泉本を多く書いています。まだでしたら、ぜひ。
「日本百名町」(光文社) のあとがきには、沢渡温泉「まるほん旅館」の現主人のことが詳しく書かれていますよ。


momotakaさんへ

飯出敏夫さんとは面識はないのですが、僕の本を持っていると聞いたことがあります。
よろしくお伝えください。
Posted by 小暮 at 2011年08月17日 20:30
教えて頂きありがとうございます。

「温泉旅行記」以外は読んだ事が無いので、さっそく煥乎堂で探してみます。
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月18日 09:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
この夏の課題図書
    コメント(4)