温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月18日

温泉ソムリエ・田山花袋 に会う


 仕事は、遊び。
 遊びが、仕事。

 もう、長いこと公私混同の人生を続けています。
 本人は、スイッチの切り換えがいらないので、とっても楽な人生なのですが、いい迷惑は家族のようです。
 旅先でも、「これ仕事なの?」
 酒飲んでいても、「仕事だったんだ?」
 と、毎回、僕のペースに巻き込まれながら暮らしてきました。

 家族と山登りをしても、仕事です。
 離島の取材へ、息子を連れて行ったこともあります。
 毎年、夏の家族旅行は、僕の取材先だったり、興味のある温泉地だったりします。

 で、昨日も、ドライブに家族を誘い出しました。
 「館林に、うまいラーメン屋があるんだけど、食べに行かない?」と僕。
 「館林ーーっ? 遠いし、暑そう!」と家人。

 「ま、それだけ、美味しいってことよ。昼飯おごってやるからさ」と僕。
 「とかなんとか言っちゃって、また仕事と関係あるんでしょ!」と家人。
 ピンポ~ン! さすが長年連れ添っているだけあります。
 読みが、深い!

 と、いうことで、だましだまし、家人と末娘を連れ出すのに成功したのであります。

 要は、来月の講演会場の下見であります。
 僕は必ず、会場までの所要時間を、あらかじめ自分で確認します。
 当日、遅刻するわけにはいきませんからね。

 県外や電車で行く場合は、最寄の駅まで主催者に迎えに来てもらう場合もありますが、県内で自分の車で行く場合は、やはり心配なので、下見をしておきます。

 で、無事、場所確認をした後、約束どおり「G」という店で塩ラーメンを食べさせました。

 ついでなので、現在、田山花袋記念文学館で開催中の特別展 「温泉ソムリエ・田山花袋 ~群馬の温泉編」 へ寄ってきました(もちろん家族は、向かいの「向井千秋記念子ども科学館」へ放り込んで)。

 常設展示室では、故郷・館林でのこと(当時、ここは栃木県でした)、生い立ち、文学へのこころざし、出版社勤務の様子、戦争中は取材記者だったこと、そして国木田独歩や柳田国男など文人仲間との出会いが、詳しく展示説明されていました。

 いよいよ、企画展示室へ。

 あれれれー、暖簾が掛かっていますよ。
 青と赤で、「男」「女」と……。
 学芸員さんのアイデアのようです。雰囲気を盛り上げています。

 いきなり、大正7年発行の 『温泉めぐり』 の初版本の展示です。
 これを見れただけでも、来た甲斐があったというものです。
 ググググーーーっと、感動が込み上げてきました。

 花袋がこの世を去ったのは、昭和5年(1930)5月13日。
 没後、80年経った現在でも、著書は残り続けているという事実。
 モノを書き記し、後世へ残すという仕事へのあこがれが、ますます湧いてきました。

 “こういう仕事がしたいのだ”

 『温泉めぐり』 の初版本を前に、固く固く自分に言い聞かせたのであります。


 通りの向かいの「館林市第二資料館」に田山花袋旧居が復元されているというので、外へ。
 ところが、出たとたん……
 むせ返るような暑さに、クラクラ、クラ~リ と軽いめまいが……

 さすが、全国で1、2を競う“暑い街”であります。
 館林市の昨日の気温は、36.8度だったとか!

 木陰で涼をとりなが、今しがた買った花袋の文庫本を開いて、家人らが遊び終えてやって来るのを待つことにしました。



   「温泉ソムリエ・田山花袋 ~群馬の温泉編 」
 ●開催期間  開催中(10月10日まで)
 ●休 館 日  月曜日(休日を除く)、休日の翌日(土・日・祝日を除く)
 ●入 館 料  一般 210円 中学生以下無料
 田山花袋記念文学館 群馬県館林市城町1-3 tel.0276-74-5100


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
にわか小暮ファンを抜け出そうと考え始めました。小暮さんのブログで田山花袋温泉大師匠に時を越えて逢いたい!と思い草津町図書館に行き中澤司書に相談しようと意気込みましたら、草津夏期国際音楽アカデミーで多忙らしく姿見えず・・・・・・・何をやっても浅く広く知識を得るだけなワタクシ。しかも館林、桐生が群馬県だとは最近まで知りませんでした。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月19日 00:02
(*´ω`*)ノこんち
館林の グルメスポットは まだ調べてないなぁ〜

作品を世に 送り出す人は 大変で 自分で模索し 迷ったら 先人の作品を 参考にするしか無い訳でして

一般人は 同じ工程を 繰り返してるだけですから 産みの 苦しみは
┐(´д`)┌ 想像出来ません。
Posted by momotaka at 2011年08月19日 00:52
お子さまは小学1年生ですか?6年生ですか?何人お子さまいらっしゃるのですか?失礼なこと聞いてすみません。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月19日 01:06
momotakaさんへ

館林の塩ラーメンの店は 「舌笑家」 といいます。
何と読むかは、お調べください。
昼時は、行列必至!
講演会のあとでも、挑戦してみてくださいな。


草津っ娘?さんへ

嫁いだ長女を筆頭に、大学生の長男、そして小学6年生の末娘の3人です。
愛人の数は、よろしいですか?
Posted by 小暮 at 2011年08月19日 02:03
↑愛人の数は、温泉地の数だけいるんでしょうね(笑)

先週、佐野アウトレットまで行ったのに、館林には寄れませんでした(家族と一緒なので小生の希望は無理)

涼しくなったら、一人で出かけようと思います(涙)
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月19日 11:27
群馬県内は『塩ラーメン』の旨い店が探すとあるんですよね~
私のお勧めは、
東部伊勢崎駅近くのPラーメンです。老舗です。酔(寄)ってみてください。味噌味の旨い店なんですけどね!

田山花袋は10月まで会期なんですね、行けるかも…
Posted by ぴー at 2011年08月19日 11:29
ヒロ坊さんへ

ぜひ、愛人と2人でお出かけください(笑)


ぴーさんへ

Pラーメンですね、探してみます。
ちなみに僕は、前橋松並木通り沿いのGラーメンが好きです。
県内でも数少ない 「油そば」 が食べられるんですよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年08月19日 17:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉ソムリエ・田山花袋 に会う
    コメント(7)