温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月24日

尻焼温泉 「関晴館」②


 昨日は、NHK文化センターの温泉講座日。
 朝からバスを走らせ、受講生らと中之条町(旧・六合村)の尻焼(しりやき)温泉へ行ってきました。

 尻焼温泉を語るには、まず、手前の花敷(はなしき)温泉の歴史に触れなくてはなりません。

 花敷温泉の開湯は古く、建久3年(1192) と伝わります。
 源頼朝が猪狩りの途中で温泉を発見し、入浴した際に

 「山桜 夕陽に映える 花敷きて
  谷間にけむる 湯にぞ入る山」

 と詠んだので、温泉を「花敷」、土地の名前を「入山」と名づけたといわれています。

 大正11年には、歌人の若山牧水が草津温泉から沢渡温泉へ向かう途中、暮坂峠越えを前に急きょ引き返し、花敷温泉へ立ち寄っています。
 その時に泊まった宿が、明治34年創業の関晴館本館であります。

 2007年の秋に、僕は雑誌の取材で訪ねています。
 <増改築は幾度となくされているとのことだが、牧水が訪ねた頃と建物の間取りは今も変わっていない。
   3代目女将の関いち子さんと、4代目にあたる息子の真人さんが出迎えてくれた。牧水に関する資料を見せてくれるとのことだが、それは湯上がりの楽しみにして、何はともあれ浴室へ向かった。>
    ~中略~
 <無色透明の湯からは、かすかに硫黄の臭いがする。湯切れのいいシャープな肌触りは、群馬の温泉には珍しく硬質な浴感がある。>
 と、僕は当時の雑誌に書いています。

 その歴史と文化を持つ老舗旅館の「関晴館本館」が、突然、3年前に廃業してしまいました。
 さまざまな事情があったようですが、とても残念なことです。
 この数年、宿の前を通るたびに、“牧水が泊まった宿” として、どうにか保存できないものかと、建物を眺めていたのです。

 が、、、、

 昨日、花敷温泉を訪ねてみると、宿の姿は跡形もなく消えていました。
 かろうじて、土台が残っているだけ。
 僕が4年前に入った露天風呂の跡も、それと分かるような輪郭だけが見て取れます。
 温泉の取材をしていて、一番見たくない光景であり、一番辛い現実であります。
 (現在、花敷温泉の宿は「花敷の湯」たった1軒になってしまいました)

 昭和元年、今は無き関晴館本館の別館として、尻焼温泉に建てられたのが現在の 「関晴館」 です。
 ※詳しいことは、2010年5月13日の当ブログ、尻焼温泉「関晴館」(旧別館) を参照ください。


 と、いうことで、今回一行は、尻焼温泉で一番古い老舗旅館の「関晴館」にお世話になりました。

 尻焼温泉といえば、名物は川全体が風呂になっている「河原野天風呂」です。
 ただこの風呂、天然のため、なかなか適温に恵まれることがありません。
 僕も過去に何十回と訪れていますが、運良く入れたのは2回です。
 昨日も、雨の後だったため、大きな流木が流れ着いていました。
 川の水もかなりぬるいようです。

 なのに! 水着持参の受講生ら数名が、チャレンジしました。
 「せんせーは、入らないのー?」
 と川の中から手を振る婦人に、
 「水着を忘れましたからー!」
 と、手を振り返しました。

 でも、これはウソです。
 あえて持って来ませんでした。
 僕は以前、(川底の石は藻がいっぱいで) すってん転んだイ~ヤな過去があるもので、トラウマになっているのですよ。
 「滑るから、気をつけてくださいねーーーーっ!」

 ところが、ここでサプライズが!
 テレビカメラを担いだ一行が、どかどかとやって来ました。
 見れば、俳優の勝野洋さんであります。

 一行の中には、知り合いの中之条町役場の職員もいます。
 聞けば、テレビ朝日の「旅サラダ」という番組の取材だといいます。
 しっかりと、うちの受講生らが、勝野洋さんとカメラに納まりましたよ。

 帰りのバスの中は、この話で持ちきりだったことは、言うまでもありません。


 <お知らせ> 
 NHK文化センターの温泉講座「探訪!ぐんまの小さな温泉」の追加講座「秋編」は、すでに満席となりました。
 たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

この記事へのコメント
講座は絶好調な雰囲気ですね!

師匠さま
今、内心入りたいなーと思っている♨はどこですか?
私は、うちの風呂以外なら何処でも状態ですけど…
震災以来パッタリと♨通いをしていません。
Posted by ぴー at 2011年08月24日 14:51
ぴーさんへ

んーー、難しい質問ですね。
昨日行った尻焼温泉「関晴館」の湯は、受講生らに大変評判が良かったですよ。
また前回の霧積温泉「金湯館」は、受講生らが「また行きたい」と大絶賛の湯でした。
僕個人としては、今パッと思い浮かんだ “湯” は、上牧温泉「O」、湯檜曽温泉「H」、鎌田温泉「H」 の浴感でした。
季節や体調により、入りたいと思う温泉は異なります。あくまでも“今”ですので、ご参考まで。
Posted by 小暮 at 2011年08月24日 20:17
温泉品質高くても 宿は衰退して行く時代

なんと 言いましょう(;^_^A

エネルギー革命で 温泉ビジネスが増加し 都市部の顧客で 利益を出し
経済破綻後 損益が合わずに 今度は 近郊の消費者を 取り込みにかかる。

地元の人間には 要らないサービスが一杯で
一般的な 温泉ホテルて 手本が 伊豆 箱根になってるし

当然 設備投資の反動が料金に反映される訳でして
┐(´д`)┌

尻焼温泉とか 温泉街が無いような 小さい宿は失いたく ないですよね

群馬本来の風景が有りますから
更には
放射能汚染の 実態が明らかに成りはじめ 政府も 徐々に 情報公開するハズ?
その時に 宿は食の安全を確保出来るのか?

難しい…
Posted by momotaka at 2011年08月24日 21:55
尻焼温泉(川の中)に去年の夏の夜に入りました。温度ちょうどよかったです。そういえば群馬生まれ方々は「くさつ」を「くさづ」と言われるのですね。ラジオ聴いていてそう感じました。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月24日 23:08
momotakaさんへ

「入って残そう 群馬の温泉」
ご協力、よろしくお願いします。


草津っ娘?さんへ

ハイ、前橋は 「まいばし」 ですから!
Posted by 小暮 at 2011年08月25日 01:05
勿論 明日 仕事は半日で 終わりにして

まるほんへ ⊂二二(^ω^)二⊃

マッタリと宿泊してきます
Posted by momotaka at 2011年08月25日 10:23
草津っ娘さんへ

くさつ♨ くさづ♨ 両方使いますね、気分で!



師匠さま

晩夏のさらりとしっとり美人がお好みで…
Posted by ぴー at 2011年08月25日 10:35
momotakaさんへ

ご主人の福田さんに、よろしく言ってください。


ぴーさんへ

元気になりたいときは、ガツーンと刺激のあるマッチョ系の湯。
少々疲れ気味のときは、やさしく絹衣のように我が身を包んでくれる美人さんが、いいですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年08月25日 14:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尻焼温泉 「関晴館」②
    コメント(8)