温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月26日

時 の しおり


 「せーんしぇっ、私ね、先生の大ファンなのよ」

 初めてお会いしたとき、彼女はキラキラした瞳で、僕にそう告げました。
 今年の4月26日、平成23年度の温泉講座の初日のことです。

 K・Eさんは、御年77歳になるご婦人です。
 2年間のキャンセル待ちの末、やっと今年から僕の講座の受講生になりました。

 「ヨーカドーの温泉教室も参加したのよ。先生と一緒に薬師温泉行ったんだから。私のこと、覚えてらっしゃいますぅー?」

 そー言われてみれば、明るくて元気なおばあちゃんが1人いたような、いないような……。
 でも、ごめんなさい、はっきりした記憶はありません。

 K・Eさんは、小さくって細っこくて、色白で、目が大きくてクリクリっとした、とっても可愛い女性です。
 でも、僕の講座では、一番元気で活発な受講生なんです。
 いつも大きな声で、「せーんしぇっ!」 と手を挙げて質問したり、僕のそばに張りっ付いて移動して、熱心に温泉の話を聞いています。

 そんな彼女から、先日、お手紙をいただきました。
 手渡された封筒には、短歌が、びっしりと詠(よ)まれていました。


 『待望の温泉カルチャー バスに乗り右に左に桜の花を』
 『上州の上牧(かみもく)温泉 辰巳館 美人のお湯と清の壁画』

 これは、第1回目の講座で、上牧温泉へ行ったときの歌です。

 『遠近(おちこち)に さつきつつじをバスに見て 沢渡(さわたり)温泉 まるほん館へ』
 『牧水も訪れたるを 谷深き宿場町なる湯宿(ゆじゅく)温泉』
 『緑濃き深き谷間に霧積(きりづみ)の 金湯館(きんとうかん)の赤き屋根顕(た)つ』

 と、講座で巡った温泉を詠んだ歌が、この他にもたくさん書かれていました。

 不思議なもんですね。
 僕自身が、言葉をつむぐ仕事をしているからなのでしょうか。
 ジーンと、胸の奥に歌のひとつ、ひとつが響いてくるのです。

 電話やメールで100遍言われても伝わらない、言葉の持つ機微の奥深さが心に届きます。

 「どうしてKさんは、歌を詠むようになったんですか?」と僕。
 するとKさんは、
 「だって、時の栞(しおり) になるでしょう。ねっ、せーんしぇっ!」

 そう言って、満面の笑みを僕に投げかけるのでした。


 あと30年遅く、彼女が生まれていたら……。
 いえいえ、そんなことは申しません。

 次回は、どんな歌を詠んできてくださるのでしょうか。
 楽しみであります。


同じカテゴリー(講座・教室)の記事
 民話と伝説の舞台 “裏” 講座 (2018-11-24 12:18)
 後期講座 開講のお知らせ (2018-09-23 12:02)
 野外温泉講座 冬期受講生募集 (2017-11-22 15:04)
 「大人の休日倶楽部」 群馬の名湯・秘湯ツアー (2017-07-28 18:40)
 公開講座のお知らせ (2016-11-14 13:25)
 群馬の温泉に行こう! (2016-08-05 18:06)

この記事へのコメント
先日、町内の夏祭りの打ち上げがあり、皆さんと楽しく飲みました。
その時、そばにいた踊りのお師匠さんと意気投合し、つい「30年前に出会っていればね~」なんて言ってしまいました。
後10年したら、「40年前に出会っていればね~」なんて言うんでしょうね。
男って本当に馬鹿ですね~。
Posted by ヒロ坊 at 2011年08月26日 17:31
小暮さま、ヒロ坊さまへ。

その気持ちは男性だけではなく女性にもあるかも!?
お客さま商売をしていると、この人と20年前に出逢っていたら人生変わっていたかも?とか一瞬お客さまに恋したり・・・・・・
若い頃は考えもしなかったことが今は普通に一瞬、恋してしまうのですね。
韓流スターや氷川きよしさんの追っかけをされるマダムの気持ちがわかるお年頃になってしまいました(笑)
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月26日 17:57
(;´皿`) お腹一杯です〜

脳年齢が 若いご婦人の様子
宜しいでは ありませんか……

出された物は 残さず食べる
d(^-^)
何事も チャレンジですよ
自分は 〜年後だったら 良かったのに…は 無いですね

物理的に考えて どちらかが 時間を戻る訳ですから 脳内の情報量も 戻る訳です
その時点で 魅力が有るか 無いか 疑問(゚ω゚?)


(゚_゚ お 雨だ
雨音でも 聞きながら
温泉に入ろう。

|ω`*)ノ゛
Posted by momotaka at 2011年08月26日 20:47
momotakaさまへ


この世の中には男と女しかいないのですよ。お客さまに恋したり猿ヶ京温泉で公演される大衆演劇の役者さんに恋したり・・・・・・・私にも何年後に出逢っていたら?という言葉はないかも?その瞬間、瞬間に恋しています。因みに今日はやんばダム関連工事されている方々、草津の湯畑で人力車の営業をされている車夫さんに恋した瞬間がありました。あっ変態や色情ではありませんので。
こんな私はおかしいでしょうか?
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月26日 23:27
(;°Д°)…!? えっ

え〜と 本人の都合で 良し悪しを 決めれば良いかと?

遺伝子中心で 考えると 種の保存を求めて 相手を変える そうですが

ですから 相手が異性でしたら 極自然と 思われます

思考中心でしたら
恋とか 愛なんて ただの言葉でして(;^_^A

どれくらい 重要なのかレベルが 解りません?

┐(´д`)┌
更には 日本人 恋とか 愛を 頻繁に使うと 価値が薄れて行く 傾向があります

なので 価値の無い 恋を頻繁に しているのでは(・・?)
と 仮説ができますが?
Posted by momotaka at 2011年08月26日 23:53
momotakaさまへ


価値のある瞬間の恋をしています!
常に世間体や何かを考えている方々には理解できないかもしれませんね。
Posted by 草津っ娘? at 2011年08月27日 00:46
草津っ娘?様へ

それが ご自身の価値観であり 答えだと思います。
その答えに 正解 不正解は有りませんよ
個々の 価値観ですから



|ω`*)ノ゛朝風呂行きます〜♪
Posted by momotaka at 2011年08月27日 07:28
この頃、長く生きてると、主人が一番いいやーと思ってるオバさんです(笑)働いて稼いでくるし!


若い頃は、もっと早出会ってれば…的な人もいましたけど♡
Posted by ぴー at 2011年08月27日 09:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
時 の しおり
    コメント(8)