温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年09月06日

島人たちの唄⑫ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(中)


 2004年11月、某日未明。
 僕らを乗せた大型バスが、高崎を出発した。
 僕らとは、僕とY館長さんが入会している「K会」のメンバー20人である。

 さしずめ、13回目の渡島になる僕が、添乗員である。
 車中では、島の資料を配って、しっかり勉強会も行った。

 上信越自動車道から長野自動車道、中央自動車道へ。
 愛知県へ入ってからは名古屋高速に乗り、知多半島道路で終点を目指す。

 途中、休憩と昼食をとったので、知多半島の最南端、師崎港に着いたのは、高崎を出てから8時間後のことだった。
 ここから篠島までは、高速船でわずか15分の距離。
 指呼の間に見える篠島の姿を前に、みんな、はしゃいでいる。

 でも、僕だって同じだ。
 何度訪ねても、海を渡るこの瞬間が、いつもワクワクする。
 知った島人たちの顔が、いくつもよぎるのである。


 「小暮さん、どうも」

 高速船を降りると、篠島観光協会長でホテル「あつ美や」のご主人、荒木延一さんが出迎えてくれた。
 『島人たちの唄』 の展示会では、後援もしていただき、僕らが大変お世話になった人である。
 奥さんと一緒に、送迎車を2台用意してくれていた。

 でも、みんな、目が好奇心に満ち満ちていて、なかなか車には乗り込まない。

 「だったら歩きましょう! 宿まで案内しますよ」
 僕のひと言で、ほとんどの人が荷物だけ預けて歩き出した。

 ぞろぞろと歩く一行の前を、バイクが行きかう。
 センターラインのない道は、右車線も左車線もない。
 真ん中を堂々と、2人乗り、3人乗りの小型バイクが通り過ぎるたびに、一行は喚声を上げる。

 「本当だ、小暮さんの言ったとおりだ!」
 「さっき、4人乗りの家族を見た!」

 驚くのも無理はない。
 起伏が多く、幅の狭い島の道は、4輪車はほとんど通れない。
 だから島民の足は、もっぱらバイク。

 誰ひとりヘルメットをかぶっている者なんていない。
 ナンバープレートが付いてないバイクや軽トラだって、平気で走っている。
 島民のほとんどが無免許だ。

 僕らも初めて島に来たときは、我が目を疑った。
 ここは日本?
 東南アジアの街角にいる錯覚に陥った。
 まるでここだけが治外法権のような、島だけの不文律に夢中にならずにはいられなかったのだ。


 宿に着いた僕らは、荷物を置くと、すぐに外へ飛び出した。
 島一周の探検に行くことになったのだ。

 一行の平均年齢は、お世辞にも若いとは言いがたい。
 でも、歩くと言い張るのだから、案内をしないわけにもいくまい。
 僕だって、島一周は過去に1度しか果たしていない。

 2時間はかかるぞ、音を上げるなよ!

 <つづく>  


同じカテゴリー(島人たちの唄)の記事
 島人たちの唄⑬ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(下) (2011-09-08 14:07)
 島人たちの唄⑪ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(上) (2011-09-05 17:29)
 島人たちの唄⑩ 「小女子とクラゲと島の春」 (2011-03-01 09:54)
 島人たちの唄⑨ 「カオスの片隅で」 (2011-01-21 13:36)
 島人たちの唄⑧ 「坂道と少女」 (2010-12-08 10:53)
 島人たちの唄⑦ 「夕暮れの井戸端会議」 (2010-11-20 11:53)

この記事へのコメント
プログラムを使って、アクセスアップをした不正に対して、きっちり説明して、責任を果たすべきなんじゃないですか。
Posted by gungun at 2011年09月06日 19:26
gungunさまへ

どういうことですか?
あのー直接お話される機会とかなかったのですか?
関係ないのにすみません。
Posted by 草津っ娘? at 2011年09月06日 23:40
gungunさんへ

????……


草津っ娘?さんへ

すべての判断は、グンブロさんにゆだねましょう。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年09月07日 01:04
インターネットって便利だけれど怖いですね。気をつけなくては。
Posted by 草津っ娘? at 2011年09月07日 01:09
トラフィック エクスチェンジのことかなぁ??

でも そんなの使ってないし・・・・・・・・(??)
Posted by momotaka at 2011年09月07日 06:58
ブログへのコメントではなく、コメントへのコメントですね!今回


では、、、
このシリーズは、
まとまったらきっと、ファンには堪らない文章だと思う。(終わり)
Posted by ぴー at 2011年09月07日 09:54
草津っ娘?さん、momotakaさんへ

グンブロさんより連絡あり。
不正アクセスの件は、終息に向かっているとのことです。
お騒がせしました。


ぴーさんへ

ありがとうございます。
友人カメラマンへの追悼の意を込めて、フォト&エッセー集を世に出したいと考えています。
Posted by 小暮 at 2011年09月07日 13:07
この度はお騒がせ致しました。

管理人の関口です。
この度いわれのない中傷コメントにてご迷惑をお掛け致しております。

また随時詳細についてはグンブロからのお知らせにて発表させて頂きたいと思います。
Posted by グンブロ管理人です at 2011年09月13日 10:27
関口さんへ

ご丁寧に、ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年09月13日 22:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
島人たちの唄⑫ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(中)
    コメント(9)