温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年09月18日

長生きするとイイコトがある


 「お祝いなんかすると、ポックリ死んじゃうぞ~」
 なんて、よく他人からは言われますが、
 「ボケが軽いうちに、本人も喜ぶだろうから、今年の秋にやっちゃおうよ」
 と実兄に言われて、
 「じぁあ、喜寿(77歳の祝い)のときと同じ寿司屋でいいよね」
 と僕が予約を入れました。

 僕の父は、大正13年生まれ。
 満で87歳です。
 で、前述の理由から、昨晩、かぞえで米寿(88歳の祝い)の祝賀会を行いました。

 正月以来です、一族が全員集合したのは……

 東京で暮らす実兄一家、兄と義姉と姪の3人。
 我が家からは、僕と家内と長女、長男、次女、1歳の孫(長女の息子)。
 そして、母(御年84歳) と主役の父。
 総勢11人です。

 今回も娘婿は仕事の都合で欠席でした。
 彼と酒を酌み交わすのを楽しみにしていたんですけどね。
 残念です。

 その代わり、人生初のサプライズがありました!

 座敷に着いて、まずは飲み物の注文です。
 車の運転を控えている者、それと未成年以外は、お祝いの席ですから全員生ビールを注文しました。
 で、ふと、僕の隣を見ると、大学生の長男が困ったような表情をしています。
 「あれ、お前20歳になったんだっけ?」

 確か、まだのはずです。   

 「オヤジの祝いだって、かぞえなんだから、お前も今日だけはかぞえで20歳だ。飲め!」
 実兄のひと言で、即決。
 息子の前にも、生ビールのジョッキが運ばれました。

 なぜか、僕は一人で緊張していました。
 だって、こんな大切な瞬間が、いとも簡単に、こんな場で訪れるなんて、心の準備ができていません。

 息子を持つ父親なら、誰でもこの気持ち、分かってくれますよね?

 いわゆる、父親の “夢” の1つなんですよ。
 息子といつか、酒を酌み交わすっていうのは……。

 思えば20年前。
 当時、僕が編集していた雑誌の「編集後記」に、彼が生まれた日のことを記しました。

 “これから長い人生、よろしくな! 今からお父さんは、君と酒を飲む日が来るのを首を長~くして待っています”
 なーんて。


 「米寿のお祝い、おめでとうございます。では、カンパーイ!」
 実兄の発声で、宴が始まりました。


 「カンパイ!」
 僕は、そっと隣の息子へジョッキを掲げました。

 カキーン ……

 これが僕にとっての歴史的瞬間でした。

 「お前、飲んだことあるのか?」
 「うん、バイトの送別会とか」

 2人の会話を聞いていた長女が、
 「私なんか、高校生の時から飲んでたからね。今だから言っちゃうけど、ヘヘッ」

 おいおい、なにが、へへッだ!
 それはそれで、困ったものだ。

 待てよ、俺はどうだった?
 娘のことが言えるのか?
 いや、言えないぞ!

 高校の校舎の屋上で、休み時間にタバコを吸ってたし、
 放課後、喫茶店にウィスキーを持ち込んで、店員の目を盗んで、仲間とコークハイを作って飲んでたっけ。


 でも、これで儀式は済んだ。

 息子には僕のような、のん兵衛にはなってほしくはないけれど、そこそこは飲める男であってほしい。
 そして次の20年後は、孫と酒を交わせるように、健康で長生きをしなくてはなりませんな。


 「長生きをすると、イイコトがあるな~。なぁ、ばあちゃんよ」

 そう、つぶやいたオヤジの笑顔が、一族全員に光を当ててくれました。
 

 オヤジ、次は卒寿(90歳の祝い)だぞ!
 長生きしてくれよな。
 また、イイコトがあるよ!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 蚊のいない夏 (2018-07-20 17:46)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)

この記事へのコメント
親は、いつか子供と一緒にお酒を飲みたいと思っているものですね。
一人娘も後1年するとお酒が飲める歳になります。
その時には、美味しい日本酒で、うんちくをいっぱい話しながら飲みたいと思っているのですが、どうなることやら。
こちらが思っているほど、子供は感じてないと思います。(自分の場合もそうだったから)
Posted by ヒロ坊 at 2011年09月18日 18:01
ヒロ坊さんへ

そーでしたか!
子供が、どう感じているかなんて、どーでもいいんですよ。
我が子と、酒を飲めた喜びを素直に享受すればいいんです。
娘さんの結婚も、楽しみですな。
娘婿と飲む酒は、これまた格別ですぞっ!
実の息子と違って、イヤな顔せずに、うんちくを聞いてくれますからね(笑)。
Posted by 小暮 at 2011年09月19日 01:13
耳が痛い(+_<)

イロイロな要因で 基本酒は 飲まない方でして

新潟の栃尾又や貝掛に 行くと 飲めないのは 損なのか? と思いますが

ヾ(>Д<) 無理なのです
Posted by momotaka at 2011年09月19日 12:29
 お父上様、米寿のお祝いおめでとうございます。

 そうですかぁ~、実はワタクシも、この春長男が進学しまして~
順法精神が旺盛なもので、これまで酒など飲ませた事は無かったのですが~、愚息が夏休みに帰郷した際、ラーメン屋でビールで初乾杯となりました。しっかりフライングですが…(ボルトなら失格だ~)
 先日は…、私が上京した際、神田で待ち合わせ、昼飯ながらビール。その後、京成立石で、もつ焼き屋でビール&梅割り焼酎、立ち食いすし屋で小瓶エビス、串焼き屋でハイボールと、はしご酒体験も…。
そこそこには飲めるようで…。 それにしても愚息よ、すし屋の第一オーダーが鯖って…あなたも酒飲みねっ! と言う感じでした。

 ちょっと、くすぐったかったですけどね。
Posted by kuri at 2011年09月19日 17:37
momotakaさんへ

それは身体的なのか、味覚的なのか?
身体的なら、仕方ありませんな。
味覚的なら、晩年に酒が飲めるようになった知人もおりますが……。
くれぐれも無理は、なさらないように。


kuriさんへ

ありがとうございます。
我が一族は長寿の家系のようで、父の兄は御年94歳ですが、元気に家庭菜園を楽しんでおります。
Posted by 小暮 at 2011年09月20日 01:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
長生きするとイイコトがある
    コメント(5)