温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年10月11日

TAKATAI ランキング3位!


 上毛新聞社が発行している生活情報誌 「TAKATAI (タカタイ)」って、ご存知ですか?

 毎週金曜日に62,100部発行されている高崎の生活情報誌です。
 「タカタイ」 とは、“高崎タイムス” の略のようです。
 高崎市在住で、上毛新聞を購読している方は、ご存知かと思います。

 タブロイド判、全12ページ、オールカラーのフリーペーパーです。


 僕とタカタイの付き合いは 、とっても古いんです。
 実は、2000年の2月から同紙に 「熟語パズル」 を連載しています。

 そう言うと、「えっ、あれ、小暮さんだったの!」 と驚かれる人が多いんですよね。
 今も、このブログを呼んで驚いた人が、いるんじゃないですか?
 はい、本名で書いていませんからね。屋号です。

 (出題・スタジオJ)
 と記載されています。

 で、その連載も、今年で12年目になりました。

 二字熟語パズルと四字熟語パズルを隔週で交互に連載しているのですが、現在までに掲載されたパズルの数は……
 なななんと!
 すでに、600題を超えています。

 一時、まとめて出版する話もあったのですが、あまりにも膨大な数のパズルの量なので、話はいつしか頓挫してしまいました。


 で、今日、出題者のもとへ、先週発行(10月7日号) のタカタイが郵便で届きました。

 毎回、僕は掲載されたパズルを切り抜いて、ファイルしているので、どれどれ、と、ページをめくって探していました。
 すると!
 パズルの隣ページにも、自分の名前を発見!

 本の売り上げランキングを発表する 「BOOK」 のコーナーです。
 煥乎堂群馬町店(9月19日~25日調べ) の 「一般書籍TOP5」 の第3位に、拙著 『あなたにも教えたい 四万温泉』 が、早くもランクインされているじゃ、あ~りませんか!

 「おおぉーっ」 と一人で、ほくそ笑んでしまいましたよ。

 と、言うのも、今回は前著2冊と異なり、特定の温泉地のみを書いた本ですから、一般読者からの支持は受けないだろうと、勝手に判断していたものですから。
 うれしい誤算です。

 吉報は、分かち合うもの。
 さっそく、ディレクターと出版元へ連絡をいれましたよ。

 すぐにメールの返信がありました。
 「出版部長も喜んでいます」
 とのこと。

 次は、目指せ!本店ランキング入り!

 (欲とは恐ろしいものです。最初は期待していなかったのにね)
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 目指せ、重版出来! (2018-08-11 12:12)
 8月8日は何の日? (2018-08-08 12:01)
 先行販売のお知らせ (2018-07-28 12:11)
 無事、下山しました! (2018-07-13 20:07)
 書籍化決定!! (2018-07-07 11:33)
 はじめての会議 (2018-06-30 12:29)

この記事へのコメント
まずはランクインお祝い申し上げます

四万は単独でも魅力のある温泉場ですからね
絵になるというか、本にしても映えますね


HPで気がついていましたが、川原湯の笹湯が閉館(上毛)
ここ数日気落ちしております。
Posted by ぴー at 2011年10月12日 09:37
ぴーさんへ

ありがとうございます。

笹湯閉館のニュースは、今日、各紙一斉に報じていますね。
とても残念です。
いずれ王湯も聖天様露天風呂も、代替地へ移転してしまうのかと思うと、思い出がめぐります。
高田屋さんも柏屋さんも休業してしまっている今、とんと川原湯から足が遠のいてしまいました。
Posted by 小暮 at 2011年10月12日 10:25
売れ行き好調で何よりですd(^-^)

まだまだ これからですよ
川原湯温泉かぁ(^-^;
政治家の金儲けの為に 破壊された温泉ですね

群馬が持つ文化が一つ無くなりました

政治家には 呆れるだけです
Posted by momotaka at 2011年10月12日 15:12
momotakaさんへ

ありがとうございます。
実は、川原湯温泉は拙著 『群馬の小さな温泉』 に載せるはずだった温泉地です。
誠に、残念なことです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年10月12日 21:12
え!そーですか…
残念 でも心に刻んでますから
Posted by ぴー at 2011年10月13日 09:44
目指せ!本店ランキング入り!に向かって着々と準備を進めています。

まずは、読者推薦コーナーに取り上げてもらうように、推薦文を書きました。



『こんな温泉本を待っていました。

全国の温泉旅館を紹介する温泉本(中にはホームページを参考にして、いかにも行って来たかのように書いてある本もある)は数多くあれど、一つの温泉地の全ての旅館(37軒)に泊まって、書き上げた本は、今までに見た事が無かった。

広く浅くではなく、狭く深い本である。

ましてや著者は、前橋在住で、群馬県の温泉地を紹介しているのであるから、群馬県人としては必読の一冊である。』

という内容です。

採用されるといいなあ~、採用されないようなら、コネを使うか(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年10月17日 14:12
ヒロ坊さんへ

ただただ感謝!
ありがとうございます。

先日、煥乎堂本店へ行ったら、拙著の 「群馬の小さな温泉」 と 「ぐんまの里山 てくてく歩き」 に、読者推薦帯が付いていました。
もしかして、あれもヒロ坊さんですか?
さらに 「ぐんまの源泉一軒宿」 は、情報誌ヴィアンのおすすめ本コーナーに展示されています。

たくさんの方々のご厚意により、小暮は生かされているのだと実感!
感謝を申し上げます。
Posted by 小暮 at 2011年10月17日 14:40
小暮師匠

今回初めて推薦文を書いたので、他の本の推薦文は、違う人ですね。

地域限定温泉本の第2弾が出る時も、推薦文を書かせてもらいますよ(まだ出来てもいない本の推薦を書くってそんな安請け合いしちゃっていいのかな~、推薦コーナーもその時まであるかどうかもわからないのに)
Posted by ヒロ坊 at 2011年10月17日 15:42
ヒロ坊さんへ

ありがとうございます。
ヒロ坊さんの、そのお言葉を励みに、日々精進しながら温泉行脚を続けさせていただきます。
合掌!(感謝)
Posted by 小暮 at 2011年10月18日 01:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
TAKATAI ランキング3位!
    コメント(9)