温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年10月15日

温泉シリーズ第4弾、出版決定!


 なんだか先月出版した拙著 『あなたにも教えたい 四万温泉』 の売れ行きが好調のようです。
 で、「ぜひ次は、うちの温泉地を」 という引き合いもあり、出版部長さんは大層ごきげんの様子。

 そんなオファーを受けて、昨日は県内某町の観光協会を訪ねて来ました。

 会議が始まるのは、午後3時。
 FM群馬の 「スパングル」 のオンエアが2時過ぎですから、ちょうど移動中の車の中で、自分の出演番組を聴くことができました。

 放送中から、僕のケータイには、メールが次々と入ってきました。
 「今、聴いてま~す」 「ラジオ聴かせていただきました」「いつもより、小暮さんの声が高い!」 など、友人・知人からのものです。

 四万温泉へもラジオ出演の知らせが届いたらしく、「エフエム群馬であなたにも教えたい四万温泉の本について、なう」 みたいなツイッターが飛び交っていたようです。

 いずれにしても、みなさんの関心度が高いのには驚かさられます。
 ありがたいですね。
 いい、宣伝になりました。
 たぶん、昨日は放送後に、書店へ走ったリスナーが何人かは、いたことでしょうね。


 午後3時、ジャスト!
 某町観光協会の会議室に、10名の人間が密談に集まりました。

 出版側からは、T出版部長とKディレクターと僕。
 某町側からは、観光協会長をはじめ事務局長、理事の方々と職員です。

 これから、ここで何が始まるのかというと、早い話が “お見合い” です。
 双方が気に入れば、出版へ向けての詳しい話し合いとなります。

 緊張した空気が、漂います。
 まずは出版部長が、これまでの温泉シリーズ本の経緯と現状を説明しました。
 次に、ディレクターより、取材方法や出版後の営業戦略等の説明がありました。
 最後は、著者より僕があいさつしました。

 質疑応答に入り、最初はスムーズに進行したと思った会議が、突然、暗礁に乗り上げてしまいました。
 物理的な問題が、生じたのです。
 それは、某町が抱える温泉宿の数です。

 その数、87軒(協会加盟宿)。

 すべてを網羅した本を作ろうとすれば、到底、1冊では収まりません。
 『あなたにも教えたい 四万温泉』 が全37軒ですから、倍以上の宿を取材して回ることになります。

 “著者がセレクトする” という案もありますが、できるものなら網羅してこそ、本の価値があるというもの。
 某町側も、「できれば全宿掲載を・・・」 という意向です。

 「分厚い本にして、2,000円で売りますか?」
 「いやぁ、それじゃ、買わないでしょう」
 「まさか、上・下巻にして出すわけにもいかないですし」

 えっ、なに?
 今、なんと、おっしゃいました?
 上・下2巻だぁ~~ッ!

 マジっすか!?

 あれよあれよのうちに、話が進んでいきます。

 おいおい、そりぁ~、かまわないけどさ、決まったとなればやりますけどね。
 でも、『群馬の小さな温泉』 が、36軒。
 『ぐんまの源泉一軒宿』 が、50軒ですよ。
 で、次回が87軒だぁ~!?

 “湯あたり御免” の超ハードな温泉行脚となりそうですぞ。
 これぞ、温泉ライターの真骨頂ってか!
 温泉に、浸かって砕けろ!


 気が付いたら、すっかり話がまとまっていて、あちらこちらで 「よろしくお願いいたします」 の声が飛び交っていました。


 そのまま一行は、K温泉T館へ場所を移し、早くも“お見合い”成立の祝杯を上げることになりました。

 「カンパーイ!」
 「おめでとうございます」

 とにかく、昨晩は美酒に酔いしれました。
 でも、早くも来月から、気が遠くなるような長い長い取材旅行が始まります。

 ああ、いつかゆっくりと、プライベートで温泉に入りたーーいっ ! ! !


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あと3日間、フェア開催中! (2017-06-08 15:40)
 絶景の天空遊覧を楽しむ (2017-06-05 12:24)
 整理券をゲットせよ! (2017-05-30 10:38)
 紀伊國屋書店でフェア開催! (2017-05-26 20:12)
 最新刊 『金銀名湯 伊香保温泉』 いよいよ発売! (2017-05-11 11:27)
 松本は今日も晴れだった (2017-04-23 21:28)

この記事へのコメント
次は、みなかみでしょうか?草津温泉のお宿はもっとあるし・・・・・・・
Posted by 草津っ娘? at 2011年10月15日 23:29
草津っ娘?さんへ

草津温泉は、僕なんかの力は要らないでしょう?!
なんたって、天下の草津温泉ですから……。
Posted by 小暮 at 2011年10月16日 01:35
次回作は草津版?
なんて勝手に思ってましたら、違うんですね。

また取材始動の時期ですね!

湯あたり、二日酔い、締め切りのご無事祈ってます♡
Posted by ぴー at 2011年10月16日 10:05
ぴーさんへ

ありがとうございます。
大好きな温泉に人十倍入れるのですから、文句を言わずに頑張ります。
来年の今頃は、たぶん、温泉本の歴史を塗り替えていることでしょう!
Posted by 小暮 at 2011年10月16日 14:27
やっぱ 草○温泉???
Posted by ぴー at 2011年10月16日 16:07
ぴーさんへ

さて、どこでしょう?!
これから1年間、このブログをチェックしてくださいませ。
一番出動しているエリアが次回の温泉本になると思いますよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年10月16日 20:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉シリーズ第4弾、出版決定!
    コメント(6)