温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年10月19日

心の湯治に出かけよう!


 昨日は、月に1回のNHK-FMラジオ 「群馬は温泉パラダイス」 の生放送日でした。
 早いもので、もう7回目の放送になります。

 7回目ともなると、僕も一世ちゃん(キャスターの金井一世さん) も息が合って、番組の進行も慣れてきます。
 いつもは、放送前の打ち合わせを2階ロビーの応接間でやっていたのですが、昨日はそのままスタジオで行いました。

 ミキサーさんの背中にあるテーブルで、お茶とお菓子でミーディングです。

 事前に僕が送っておいたレジュメ(内容の概略) を基に、簡単な話の流れを打ち合わせします。
 「ここまで、いいですかね?」
 「はい、一夜湯治事件って、面白いですね」
 「じゃあ、この辺を膨らましましょうか。適当に、ここで突っ込んでください」

 なーんて具合に、話し合います。

 18:00
 一世ちゃんが、ガラスの向こうのスタジオへ、ひと足先に入ります。

 オープニング曲が流れ、キャスターのあいさつの後、最初のリクエスト曲が流れると、僕の出番です。
 分厚いドアを開けて、スタジオの中へ。

 「よろしくお願いします」
 「よろしくお願いします」
 と声を掛け合うと、一世ちゃんは、いつものように僕の目の前の時計に、ペタンと付箋紙を貼ります。

 “18:30”
 と書かれています。
 話のまとめに入る時刻です。

 リクエスト曲が流れている間は、たわいのない雑談をしています。
 「アナウンサーのHさんて、俳優の黒田アーサーに似ているよね」 と僕。
 「えっ、それ誰ですか?」 と一世ちゃん。

 そんな話から、一世ちゃんは誰に似てるかっていう話になって、
 僕が 「AKB系だよね」 って言ったとたん!

 「って、ブログに書いてありましたよね~」
 だって!

 あ~ら、見てたのねーーー!
 やっぱ、読んでました!?
 こりぁ~、お恥ずかしい~~!
 いきなり、赤面してしまいましたよ。

 と、いうことで、年甲斐もなく、あわてふためいたまま、オンエア開始!


 今回のテーマは、「湯治場と観光温泉」 です。

 湯治とは、読んで字のごとく、“お湯で治す” ことです。
 その昔、現代のように医学が発達していなかった頃の民間治療の1つだったわけです。
 江戸時代は、人口の9割が農漁村部に暮らしていましたから、農閑期や漁と漁の合間に、長期の湯治に行けたわけです。

 でも今は、その逆で9割近くがサラリーマン家庭ですから、長期の湯治は不可能になってしまいました。
 ま、現代ではすでに “湯治” という言葉自体が死語になりつつありますが……。

 で、僕は、番組の中で 「心の湯治」 を提唱しました。

 体の病気は、医学の進歩により、病院へ行く人が多くなりましたが、心の病気は増える一方です。
 自殺者が、年間3万人を突破している国って、異常だと思いませんか?

 その昔、昭和の高度成長期に “交通戦争” という言葉が、ニュースで飛び交ったことがありました。
 交通事故の死者が、年間1万人を超えたからです。
 これはもう、“戦争” だったのですよ。

 その後、道路の整備と自動車の性能アップ、交通マナーとルールの徹底により、現代では年間の死者は1万人以下へと減少しています。


 どうして、自殺者が3万人を超えているのに、世の中は騒がないのでしょうかね?

 僕は、現代病である「うつ病」などの心の病の治療に、温泉が適しているのではないかと、考えています。

 現代人こそ、心の湯治へ出かけてほしいものです。


 ※次回の 「群馬は温泉パラダイス」 は、11月15日(火) です。
   「温泉の入浴マナー」 をテーマにお話します。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)

この記事へのコメント
なんかこう、秋なのに、逆に一人で温泉に行きたい気分です。

Q.秋に一人温泉の似合う温泉はどこですか???
 今回は実名でお願いします
Posted by ぴー at 2011年10月20日 08:50
やはり バレバレでしたか
で告白は もう済みましたか?



自殺ですか……
根拠は無いですが 年末あたりから 二倍になりそうですね
(;・∀・)
と 言うより 戦争が始まっても おかしくない
国際状況


心の湯治…良い 言葉で
無駄なサービスが 多く料金高いから 無理そうですね
医療控除にならないとヾ(>Д<)
Posted by momotaka at 2011年10月20日 14:34
やはり バレバレでしたか
で告白は もう済みましたか?



自殺ですか……
根拠は無いですが 年末あたりから 二倍になりそうですね
(;・∀・)
と 言うより 戦争が始まっても おかしくない
国際状況


心の湯治…良い 言葉で
無駄なサービスが 多く料金高いから 無理そうですね
医療控除にならないとヾ(>Д<)
Posted by momotaka at 2011年10月20日 14:34
ぴーさんへ

ひとり温泉ですか?

今日行ってきた霧積温泉「金湯館」も、1人で連泊している常連客がいましたよ。3日目といいました。
他に、1人客が多い宿のは……
四万温泉「長静館」は、ビジネスマンが仕事を持ち込んだり、文筆業の人がこもって執筆作業をしています。
川古温泉「浜屋旅館」は、1人湯治客が多いですよ。1日8時間入浴し、1週間滞在している老人と会いました。


momotakaさんへ

告白ですと?
滅相もない!
歳の差を考えてくださいよ、約30歳ですよ……
あっ、最近、芸能界では流行ってますね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2011年10月20日 22:00
Σ(・∀・;) 小暮様らしからぬ 発言で


老けた心を 持たない人ですが 年齢の壁は……有る様子
Posted by momotaka at 2011年10月21日 14:59
ありがとうございました

行く気になると何処でも平気で行ってしまうタイプなんですが、参考物件が見つかるのもまた、一献です。
Posted by ぴー at 2011年10月22日 13:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心の湯治に出かけよう!
    コメント(6)