温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年10月24日

自称、○○の恐怖


 “自称、フリーライターの男(49) 実母(76)を殴り殺す”


 ショッキングなニュースが飛び込んできました。
 なんて、親不孝な息子なんだろう!ってか?
 ちぎゃいますよ。

 「自称」です、自称!

 僕ら、フリーランスで仕事をしている者たちにとって、何よりコワイ言葉なんです。

 「ねえ、ねえ、俺たちさ、なんか事件や事故起こしたり、事件や事故に巻き込まれたりしたらさ、新聞やテレビのニュースになんて名前が出るんだろーなぁ…」
 酒なんか飲んでると、時々、話題にのぼるテーマです。

 みんな自信を持って、堂々と仕事をしています。
 絵やイラストを描いている人は 「画家」「イラストレーター」 と名乗っています。
 雑誌などの商業デザインをしている人は 「グラフィックデザイナー」 です。
 ホームページなどのデザインをしている人は 「ウェブデザイナー」 です。
 写真を撮って生業にしている人は、「カメラマン」 とか 「フォトグラファー」 とか 「写真家」 などと名乗っています。

 中には、ただ 「ディレクター」 とか 「クリエーター」 なんていう名刺を持っている人もいます。

 この人たちは、新聞やテレビで報道された場合、職業の頭に “自称” と付いてしまうのでしょうか?
 “自由業”と書かれるのも、さみしいものです。

 かつて、「自遊業」 という名刺を持った人とお会いしたことがありましたが、きっとこの人は、報道で正しく表記されることは、ないでしょうね。
 昔、僕は、市の広報紙に肩書きを 「主夫」 と書いて寄稿したことがあったのですが、掲載紙を見たら “無職” となっていました。
 (世間なんて、そんなものです)

 で、現在僕は、雑誌や新聞に、エッセーやコラムを連載しています。
 この場合は、“自称” は付きません。
 ちゃんと、「フリーライター」 だったり、「温泉ライター」 と表記してくれています
 (新聞社、雑誌社のみなさん、ありがとうございます)。


 では、どんな場合に、“自称” が職業の頭に付いてしまうのでしょうか?

 さっそく僕は、知人の新聞記者に、問い合わせてみました。
 すると、彼の言うことには・・・

 「裏が取れないものは、“自称” とするしかない」
 とのことでした。

 勤め人は 「会社員」 です。
 無職でも、結婚していれば 「主婦」 です。
 ちゃんと店舗を構えて商売をしていれば、「自営業」です。

 建築家や医者や弁護士などは、フリーでやっていても資格や免許の必要がありますから、その筋に問い合わせれば、すぐに “モグリ” や “ニセ” が判明するわけです。

 要は、我々、資格のいらない、誰でもその日から名乗れる職業が、対象となるわけですね。
 それも、よーく回りを見渡すと、“カタカナ” の職業が多いのに気づきます。


 ああ、だんだん怖くなってきましたよ。
 いったい僕は、事件を起こしたら、ナンテ報道されるのでしょうかね?

 なに? ためしに事件を起こしてみろだとっ!
 そんな勇気は、ありませんって・・・。


 ここで2句

 「フリーライター、仕事がなけりゃ、フリーター」
 「ライター殺すに刃物はいらぬ、ひと言 “自称” と呼べばいい」

 お粗末でした。チャンチャン!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

この記事へのコメント
小暮さま、私が今朝、職場で話題にした事例です。
私は今、旅館客室清掃、足つぼ屋、登録ヘルパー、今月だけの訪問調査員。もしも事件に巻き込まれたら?客室清掃の仲間たちは「主婦Aさん」じゃない?「いやいや足つぼ屋かホテルパート勤務じゃない?」などなど・・・・・
そして事件を起こしたら「訪問ヘルパーの女」となるよね?
事件の内容よりも世間的にインパクトがある職業が、一人歩きするよね?との見解。小暮さま、くれぐれもパパラッチにお気をつけくださいませ。
愛人発覚!?などなど・・・・・・・
そのような心配はなさそうでしょうか?
Posted by 草津っ娘? at 2011年10月24日 19:30
(「・・) カタカナね
バブルの時に 大発生しましたね

下積み無く独立出来たりして

日本人はアメリカ人に 成りきれない。 と言う事でしょう

d(^-^)
心配しなくても 平気ですよ これから 企業の倒産が 増加して

自称○○が大半に なりますから

自分は 主夫になる予定かも orz
Posted by momotaka at 2011年10月25日 17:28
草津っ娘?さんへ

「事件の内容よりも世間的にインパクトがある職業」 か……。
それに容姿も加味されますよね。

“美人訪問ヘルパー” とか!


momotakaさんへ

ぜひ “主夫” 頑張って、世間からの認知を目指してください。
僕は25年間、主夫をやりましたが、世間から肩書きはもらえませんでした。
今年からは、家内が主婦をやっております。
Posted by 小暮 at 2011年10月25日 17:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自称、○○の恐怖
    コメント(3)