温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年10月26日

湯の小屋温泉 「洞元荘」②


 鬼の霍乱(かくらん) か!?
 突然の発熱に本人唖然!

 いゃ~、10数年ぶりに熱を出しました。
 日曜日頃から体がダルイ、体の節々が痛いとは、思っていたのですよ。
 でも、フリーランスは休んでなんか、いられませんって。

 ところが、ついにダウン!
 体温を測ると37.6度。

 どーしよう・・・

 取材ならば、なんとか言い訳をして、取材日の変更を申し出るのだが、講座となると変更がきかない。
 受講する身ならばともかく、僕は講師である。
 行くしかない。

 と、いうことで、ダルイ体を叩き起こし、風邪薬と栄養ドリンク剤を飲み干して、
 いざ、湯の小屋温泉へ!

 前橋駅を出発したバスは、関越自動車道を北へと走ります。
 もうろうとした頭で、車内の先頭へ立ち、マイクを握り締めて、あいさつをする僕・・・。
 この日を心待ちにしていた受講生らに、体調不良であることを悟られぬよう、なんとか講師としての役目を果たしました。


 NHK文化センターのこの講座は、今月から秋の追加講座となり、キャンセル待ちで入ってきた4名の新受講生が加わりました。
 「先生の本を持ってきたんですけど、サインしていただけますか?」
 と新受講生の1人から声をかけられ、気分は少しずつ上昇気流に乗りつつあります。

 寒風の中、八木沢ダムサイトの上に立ち、奥利根湖を見学。
 昭和42年のダム完成以前に、この湖の下に、湯の花温泉という群馬県最北端の温泉地があったことを説明。

 バスは引き返し、現在の群馬県最北の温泉地、湯の小屋温泉へ。


 「洞元荘」を訪れるのは、これで3回目。
 拙著 『群馬の小さな温泉』 の取材以来ですから、1年半ぶりとなります。
 今回も、船越英一郎似の福地支配人が、満面の笑みで出迎えてくださいました。

 「先生、温泉入って、汗かいて、酒飲めば、熱なんて下がっちまうよ!」
 「そーだよ、さあ、行こう行こう!」
 年配の男性受講生らに、せき立てられながら、とりあえずは内風呂へ。

 源泉の温度が70度以上あるため、多少加水をしているようですが、それでもやや熱めです。
 ツルンとしたアルカリ性の湯が、よく肌にまとわり付いてきます。
 「ああ、いい湯だね先生」
 「極楽、極楽」
 「月に一度のこの講座が、楽しみでね。自分へのご褒美なんですよ」
 そんな受講生たちの言葉を聞けば、熱なんていっぺんに吹っ飛んじゃいますよ!

 午後は休憩の後、名物の混浴大露天風呂へ。

 さすがに女性陣は入ってきませんでしたが、男連中はここでも自由奔放に振る舞います。
 「はい、先生にも、おすそ分けね」
 と言って、Nさんが湯舟に浮かべた桶を、ツツツーっと僕の方へ押してよこしました。

 これぞ洞元荘名物 「升酒」 です!

 桶の中には、冷酒の入った竹筒と、升が2つ。
 「ほら先生、これをやれば、熱なんか下がって、元気快復よ!」

 キュ~ッとやれば、カーッと腹の底から元気の源が湧いて来るようです。

 「うまいねっ」 と僕。
 「景色はいいし、温泉に浸かりながら飲めば、2級酒だって大吟醸酒に化けちまう。ウワッハハッ」 と豪快に笑うNさん。

 見渡す限り山々は、錦の衣をまとっています。
 全山紅葉の絶景を肴に、プカリプカリと漂いながら、美酒に酔いしれました。


 その甲斐あってか、夕方、前橋へ着く頃には体調は完全に快復!
 逆に絶好調となってしまい、昨晩は、そのまま夜の街へ消えてしまいましたとさ。

 あれあれ、まったく懲りない “温泉先生” であります。
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)

この記事へのコメント
その後、熱は上がっていませんか?

普通の風邪であれば、温泉+お酒=特効薬でも
体の節々が痛いのはインフルエンザかも?

お大事になさって下さい。
Posted by masa at 2011年10月26日 23:42
masaさんへ

ありがとうございます。
おかげさまで、なんだか絶好調ですよ!
今日も朝から通常に仕事をこなし、先ほどまでハイボールと冷酒にて、通常どおりの晩酌をしました。
Posted by 小暮 at 2011年10月27日 01:19
奇遇ですね
私も日曜に、38度の熱を出してました(鬼の撹乱とも言われます)
風邪はほとんどひかないタイプなんですが、ストレス・疲れかなと思ってます。次の日から通常業務を ケロッと、バンバン
弱い 振り してると、家族が家事を可哀そうがってしてくれます(笑)

師匠の場合は、アルコール消毒が功を奏すですか?
Posted by ぴー at 2011年10月27日 09:25
ぴーさんへ

“百薬の長” とは、よく言ったものです。
酒は、万病に効くんですね。
飲酒療法で、完治いたしました。
Posted by 小暮 at 2011年10月28日 01:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯の小屋温泉 「洞元荘」②
    コメント(4)