温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年10月29日

月夜野温泉 みねの湯 「つきよの館」⑦


 <“常宿” という言葉に、そこはかとない憧れがある。僕の敬愛する文人たちは、みんな温泉が好きで、滞在する宿を持っていた。いつか雑文書きから脱したら、気の置けない宿に逗留して、長編小説でも書き下ろしてみたいものである。 (中略) 常宿なんて言ったらおこがましいが、年に何度かお邪魔している、僕のお気に入りの宿である。>

 上記の文章は、かつて僕が月刊 「Deli-J」 に連載していたエッセー『源泉巡礼記』第12話(2007年11月号) で「つきよの館」を紹介した記事の冒頭部分です。

 あれからさらに4年の月日が経っていますが、「つきよの館」 は今でもよく訪ねている宿であります。
 どーしてなんでしょうかね?

 たぶん女将をはじめとして、スタッフの気さくでアットホームな姿が、心をひきつけるのかもしれませんね。
 「ただいま」 と言いたくなるような雰囲気が、いつも宿全体に充満しているんですよ。
 小さなお宿だけど、家族のように、みんなで一生懸命力を合わせている姿に、お客の方がが心を打たれてしまうんでしょうね。


 縁は異なもの不思議なもの、と言います。

 実は、僕が「つきよの館」へ通うようになって数年経った頃です。
 女将とのたわいない話の中で、思わぬ人生の接点を見つけてしまったのです。
 それは、僕の家内と女将が、若かりし頃、遊び仲間だったということ!

 結婚前のことですから20数年も前のことですが、さっそく家に帰って家内にそのことを告げると、彼女もしっかりと女将のことを覚えていました。
 そして、次に宿を訪ねたときに女将にそのこと話したときから、“Xデー” のカウントダウンが始まったのであります。

 そして昨日、ついに念願かなって、そのXデーがやってまいりました。
 「群馬県民の日」 ということもあり、学校が休みの末娘と家内を連れて、「つきよの館」 へと向かいました。

 いやいや、家族で温泉へ行くなんて、いったい何年ぶりでしょうか?
 僕にとって温泉地が仕事場になってしまった10数年前から、一度も家族とは温泉に行ってないはずです。

 ついに、僕の聖地である “仕事場” へ家族を連れて行く日が来てしまいました。
 やっぱり、なんだか、とても、照れくさいものです。
 「Xデー」というイベントがなければ、とてもじゃないが、無理です。


 ご対面~!

 いゃあ、その瞬間は、それはそれは不思議な光景でしたよ。
 女将のことを、いきなり 「○○ちゃーん」 と呼ぶ家内。
 家内のことを 「○ー○ちゃ~ん」 と呼ぶ女将。

 「変らないねぇ~!」 と互いに心にもないお世辞を言い合って、無事、旧友は再会を果たしたのであります。
 もちろん、キューピット役は、僕であります。


 部屋に通されて、末娘がいきなり 「うわぁ~、お父さんのことが書いてある」 とイヤ~な顔をしました。
 見れば、テーブルの上に置いてある館内案内書をめくっています。
 そこには、こんなことが書かれていました。

 <当館は 「ぐんまの源泉一軒宿」 に紹介されました。
   「ぐんまの源泉一軒宿」 の著者、小暮淳さんも毎年のように訪れ、窓辺の時間をゆっくり楽しんでいます>

 「お父さん、恥ずかしくないの?」
 「別に、恥ずかしいものか! これがお父さんの仕事だもの」
 「目立ちたがり、なんだから。ったく…」

 ま、そんな親娘の会話が交わされたのですが、娘は、その後、さらに “目立ちたがり” の父の実態を知ることになるのでした。

 廊下や食堂には、先日掲載された朝日新聞の記事が、掲示されています。
 またラウンジには、僕が過去に書いた雑誌の記事がカラーコピーされてイーゼルの上に展示されています。
 そして、ところどころに僕の本が置かれいます。

 極めつけは、浴室前の廊下です。
 “小暮淳さんのブログから” と題して、前回(今年の9月15日) 訪ねた日のブログの内容が、顔写真入りで丸々コピーされて掲示されていました。
 それを目にした末娘は、 「出たがりねぇ」 とひと言・・・。

 まっ、父がどんな仕事をしているのか、知る良い機会となったんじゃないでしょうかねぇ。


 昨晩は、時の経つも忘れて、女将と家内と昔なつかし話に大輪の花を咲かせました。
 思えば、家内とこんなに笑って、話し込んだのも、本当に久しぶりのことでした。

 女将と家内を再会させる “Xデー” は、実は僕ら夫婦の “Xデー” でもあったわけですね。

 女将さん、本当に本当に、ありがとうございました。
 そして、チーフの小林さんはじめ、スタッフのみなさん、大変お世話になりました。

 今度は、孫を連れて、遊びに行きますね!
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
奥さま孝行されたのですね!
時の経つのを忘れるほど語り合うなんて…いい話だ~。
思わず久しぶりにコメントしてしまいました!
Posted by ゆう at 2011年10月30日 09:11
つきよの館は、アットホームで、食事が美味しくて大好きな旅館になりました(笑)
従業員さんは、女将をはじめとして皆さん親切でお綺麗で。
お風呂に行くのに、厨房と食堂の間を通って行くので、全てが見えてしまうのも、隠し事が無いようで良い。
露天風呂が無いのも、今時の風潮に流されないのが良い。
不思議と、温泉に一緒に入っている人と長話になるのが良い。
食堂や浴室からの眺めが良い。
スモークチーズなど旅館独自のお土産があるのが良い。
暖かい食事が次々と出てくるのが良い。
予約しなくても、晩御飯だけ食べられるのは最高に良い(笑)

又、つきよの館にお邪魔します。

小暮師匠と「つきよの館」でばったり会うかもしれませんね。

それとも女将が休みの日に前橋に呼んで飲みますか(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年10月30日 17:39
ゆうさんへ

孝行だなんて、まだまだ足りませんて。
本当に、苦労をかけ通しの連れ合いですからね。
でも、「ああ、この人は、こんなに笑う人なんだ」 と改めて家内の素顔に気づかされました。
25年も一緒にいるのに…ね。


ヒロ坊さんへ

ごひいきにしていただき、ありがとうございます。
女将に代わって、お礼を申し上げます。
その女将も前橋在住ですから、充分に可能な話ですね。
前橋で「つきよの会」でも、発足しますか?
Posted by 小暮 at 2011年10月30日 18:27
小暮師匠

女将を囲んで「つきよの会」良いですねえ~

ぜひ、やろやろ~(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2011年10月30日 18:56
師匠
奥さんに「また君に恋してる」ですか?
娘さんも実は一目置いてると思いますよ、娘だから分かります。
Posted by ぴー at 2011年10月31日 08:52
ぴーさんへ

そうですね、少し恋をしたかもしれませんね。
この想いが冷めないように、時々、彼女を連れて出かけようと思います。
Posted by 小暮 at 2011年10月31日 11:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
月夜野温泉 みねの湯 「つきよの館」⑦
    コメント(6)