温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年11月10日

里山の季節がやってきた!


 今朝、一番で、朗報が入ってきました。

 今年の1月に出版した拙著 『ぐんまの里山 てくてく歩き』(上毛新聞社刊) が、発売10ヶ月にして増刷されることになりました(ヤッター! 印税が入るぞっ)。

 これも、ひとえに本を買ってくださった読者様方のおかげであります。
 ありがとうございます。

 以前にブログでも書きましたが、某書店の売り上げランキングのベスト10入りしたのが発売から3ヶ月後の4月だったという、他の僕の本と比べると動きが遅いスタートだったので心配していたのですよ。

 ま、温泉本と違い、登山本は、一般読者が食いつきにくいというのもありますが。
 業界では、登山本は、何年もかけて、ゆっくり売る類いの本らしいのです。
 でも、増刷です!
 ですから、この手の本にしては、異例に売れているということになるらしいんですね。

 「ここに来て、急に売れ出しました」
 と、担当編集者さん。

 考えてみれば、1月の発売以来、初めて迎える “ハイシーズン” なのですよ。
 真夏なんて、暑過ぎて標高1,000メートル以下の低山なんて、歩けませんからね。

 秋から冬、まさにこれからが、里山の季節です!

 カサコソと落ち葉を踏みしめながら歩く、尾根道。
 視界の開けた山頂から眺める、里の風景。
 下山後に浴びる温泉と飲み干す、生ビール!

 う~っ、たまりません!


 では、ここで、まだご購入されていないブログ読者のために、ざっと本のご紹介をしましょう。

 まず、正式な書名は、『電車とバスで行く ぐんまの里山 てくてく歩き』 と申します。
 なぜ車じゃないの?
 そこが、ミソなのであります。
 群馬の車社会を逆手にとっているのです。

 酒ですよ、酒!

 車で移動したら、下山後に酒が飲めないじゃないですか!
 だから、すべて公共交通機関で、移動しているのです。

 そんな不便なぁ~、面倒くさいって?
 そーですよ、車で登山口までサーっと行けば、半日で帰ってきてしまうコースを、朝早くからジックリと手間と時間をかけて丸々1日がかりで小さな里山を登って下りるんです。

 で、当然ですが、僕が書いた本ですから、すべてのコースに温泉入浴を付けました。

 汗かいて、温泉に入って、酒飲んで、ほろ酔い気分でバスや電車に揺られながら帰るんです。
 楽しいですよ~!

 どーですか?
 行ってみたくなりましたか?

 ハイ、そう思った人は、本屋さんへ直行しましょうね。
 ただいま、秋の行楽シーズンを迎えて、どこの書店でも特設コーナーを設けて販売しています。
 たぶん、平積みされていると思いますので、お探しください。

 見つからなかったら、必ず、店員さんに聞きましょうね。
 「『電車とバスで行く ぐんまの里山 てくてく歩き』 は、どこですか?」 って。

 えっ、タイトルが長過ぎるって?
 ごんめんなさーい。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
里山の季節がやってきた!
    コメント(0)